FXで負けている人も確定申告は行いましょう

2013年の確定申告が始まっていますね。

やり方については、普通に税務署に聞くのが一番早いので、
ここで書くのは割愛して、その他注意点とかを書きます。

確定申告は負けてる人も行う

去年勝ってた人は、当たり前に確定申告すると思いますが、
問題なのが、負けてた人。

私は負けてるから、納税の必要はないから、
確定申告しなくていいや。ではありません。

というのは、2012年は負けてても、
2013年は勝つかもしれないですよね?

2012年に、負けの分を申告しておくことで、
2013年、もし勝ったら、勝ち負けを相殺できます。

逆に言うと、2012年の負けを申告しておかないと、
2013年に勝った場合、相殺できないということです。

例えば、2012年に100万負け、2013年は100万勝った。

この場合、2012年に、負けを申告しておくことで相殺できれば、
プラスマイナス0で、納税の必要はなくなりますが(申告は必要)、

2012年に、負けを申告しておかなかったら、
2013年の100万勝った分に対して、納税することになります。

ちなみに、損失を繰り越せるのは、最長で3年間です。

経費にできるもの

大前提として、「FXで利益を上げる為に使ったお金」
は、全部経費になります。

法律で、コレ、コレ、コレ、が経費ですよ、
と決められているわけではありません。

なので、とりあえず、税務署を納得させられる理由を、
自分で説明できれば、経費にしてOKです。

参考程度に、下記があると思います。

・商材購入費
・ネット通信費
・VPS等のサーバー費
・セミナー代(交通費等を含む)
・パソコン、プリンタ等の機材

パソコン、ネット通信費等については、
FXのためだけに使っているのであれば100%にしていいと思いますが、
FXに使っている割合が2割とかだと、経費も2割にしておく必要があります。

FXの課税期間は?

2012年の課税期間は、2012年1月1日~12月31日までとなりますが、
FXの場合、この期間の損益を、約定日で計算するのか、
受け渡し日で計算するのか、については、はっきり決まっていなくて、
管轄している市町村で変わってくるようです。

なので、管轄している市町村の税務署に聞いた方がいいかもしれません。

相談したいなら

何か相談したいことがあった場合、
税務署に聞くと、基本的なことは教えてくれますが、
基本的に向こうは、税金を払ってもらう側なので、
払う側に有利なアドバイスは、しないと思います。

税務署は、いかに多く払わせるか。
自分達は、いかに節税するか、なので、
もう目的が違うわけです。

よって、必要であれば、税理士に相談するのもアリかもしれません。

ボリュームにもよりますが、
だいたい書類提出~申告書作成までで
5万円~ が一般的のようです。

自分の場合、ネットで「地域名+税理士」で検索し、
3万円でやってくれるところを見つけました。

あと、ほとんどが、相談&書類作成セットで5万円~とかでしたが、
相談のみ5千円くらいでいいですよ、ってとこもありました。

いろいろ検索して、いい税理士を見つけておくと、
今後のためにもいいかもしれません。

自分の場合、FX以外にも収入があったので、
複雑になったので相談しましたが、
FXだけだと、そんなに難しくないので、
税務署に聞くだけでも、できると思います。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ