激スキャFX 検証 2013年4月26日

激スキャFXの4月26日の検証結果です。

トレンドフォローに有利な、日本時間20~23時だけサインが発生する
サラリーマン向けバージョンでの検証結果です。



1回目売り
2013.04.26 20:27:51 EURUSD M1 1.29949 SellEntrySign
2013.04.26 20:29:30 EURUSD M1 1.30029 SellCloseSign
⇒-8pips

2回目売り
2013.04.26 20:58:51 EURUSD M1 1.30003 SellEntrySign
2013.04.26 21:00:34 EURUSD M1 1.29971 SellCloseSign
⇒+3.2pips

3回目買い
2013.04.26 21:16:51 EURUSD M1 1.30058 BuyEntrySign
2013.04.26 21:27:06 EURUSD M1 1.30108 BuyCloseSign
⇒+5.0pips

4回目買い
2013.04.26 21:28:51 EURUSD M1 1.30122 BuyEntrySign
2013.04.26 21:29:09 EURUSD M1 1.30139 BuyCloseSign
⇒+1.7pips

5回目買い
2013.04.26 21:41:51 EURUSD M1 1.30322 BuyEntrySign
2013.04.26 21:47:27 EURUSD M1 1.30242 BuyCloseSign
⇒-8pips

6回目売り
2013.04.26 21:49:51 EURUSD M1 1.30203 SellEntrySign
2013.04.26 22:01:56 EURUSD M1 1.30170 SellCloseSign
⇒+3.3pips

合計-2.8pips

ここからスプレッド分の3.6pips(0.6pips×6回)を引くと-6.4pips

検証開始からの合計+10.9

今回はイマイチでした。

サインを見ていると、大きく動意が出た瞬間に、
そっちの方向へサインを出している感じがします。

その場合、高値を買い、安値を売るわけなので、
単純に動意が継続すれば勝てるけど、トレンドが転換すれば負けます。

では、どうやれば、トレンド継続しやすいのか?転換しやすいのか?
を判断することができるのか?

100%当てることはできないまでも、確率的に判断したければ、
上位足の方向と、チャートポイントを見る以外に判断する方法はありません。

上位足の方向的に、上なのか?下なのか?

上位足と同じ方向の方が、トレンド継続しやすいです。

あと、エントリーしようとしている先に、
上位足も含めて、レジサポ等のチャートポイントがないか?

チャートポイントがあれば、反転しやすいです。

これらの判断なしに、
もし、短期足だけを見て、動意を追うロジックなのであれば、
安定して勝つことは不可能だと思います。

激スキャFX レビュー記事へ

激スキャFX カテゴリー一覧へ

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ