TURBO FX レビュー

どんな商材?

ロジック(トレード手法)が用意され、
ロジックに従い、機械的にトレードする商材です。

ただ、販売ページに、下記記述があります↓

一応、「シグナルのみの無裁量トレードで勝てる」というコンセプトのようですが、
さらに裁量を追加して、勝率を上げる、みたいな商材です。

インジケーターのインストール、トレードの仕方から、
裁量判断まで、全て会員サイトで学ぶかたちになります。

勝てるか?は、検証してみないとわからない

毎回つっこんでいるところですが、
販売ページに、実績として、トレード結果が公開されていますが、
単発でのトレード結果をまとめたものであり、
これだと、「うまくいったところのみ」を掲載している可能性があり、
トータルで勝てているのか?がわかりません。

3ヶ月分のバックテストの結果も公開されていますが、
チャートが完成した後から行うバックテストなら、
カーブフィッティングで、どうにでもなります。

例えば、トレンドフォロー系ロジックなら、過去チャートを見て、
トレンドが出ていた通貨ペア、タイミングに絞って検証すれば、
勝つに決まっています。

そうではなく、先が見えないチャートで、
いかにレンジでの負けを回避し、トータルで勝てるか?が重要です。

バックテストではなく、実際の運用実績がほしいです。

関野さん、斉藤学さんは、ある期間の約定履歴を動画で公開されています。
佐野さんは、複数の保有ポジションを動画で公開されています。
バイネ申さんのトレードアイランドでの成績の公開も、明確な実績だと思います。
このような、信頼性の高い、明確な実績がほしいところです。

よって、勝てるかは、検証してみないと不明、といえると思います。

初級偏/中級偏/上級偏について

■初級偏
ロジックでのエントリータイミングが来た場合、
ポップアップ&アラートで知らせてくれ、
チャート上にも、エントリー/決済が矢印で表示されます。

これにより、再現性の高い検証が可能なので、
検証する側からすると、ありがたい商材です。

トレードスタイルとしては、短期決済のスキャルピングで、
時間足は、1分足と5分足を使います。

初級偏では、5分足と1分足の両者を使って(複数時間足で)
トレードするのではなく、
5分足のみを使ったトレードと、1分足のみを使ったトレードです。

■中級偏
中級偏では、マルチタイムフレーム(複数時間足)のトレードで、
5分足を使う場合、1時間足のトレンドの方向へのみエントリーし、
1分足を使う場合、1時間足と5分足のトレンドの方向のみエントリーします。

■上級偏
ロジックの内容や、各種パラメータについて解説され、
これにより、相場に応じて、自分で最適化できるようになることを目指します。

また、初級/中級偏では、使わなかったパラメータも追加し、
さらに制度の高いトレードを目指します。

ロジックについて

ロジックについて、問題ない範囲で公開します。

まず、エントリーについてですが、
基本的にはトレンドフォローです。
よって、トレンド相場で勝てるのは当たり前なので、
レンジ相場でいかに負けを減らせるか?が課題です。

中級偏では、長期と短期のマルチタイムフレーム分析を行い、
長期と短期のトレンドの方向が一致した時に、
エントリーする手法である、と書いていましたが、
一応ロジック単体の中にも、長期MAと短期MAの方向を見て、
方向が一致していることが、そっちの方向へサインを出す条件の1つです。

ちなみに、MAは2種類使ってあり、
使い方としては、MAの方向へ順張りです。

また、トレンドフォローの場合、値動きの勢いが強いことが好機となるため、
値動きの強さを判断するインジも、条件の1つになっています。

あと、リスク/リワードも加味されており、
ストップに対し、リミットが大きいことも、条件の一つです。

次に、ストップについては、ZigZagで波を描き、
直近高値/安値に設定します。

裁量の面から考慮しても、ある程度、的確なストップになると思います。
たまに、おかしな波を描く時もありますが。。。

利益確定については、商材内に下記解説があります↓

指定時間まではリミットを狙いつつ、リミットに到達せずに値動きが止まったり、反転する値動きを見せた場合は薄利でも利益確定します。1つのトレードの利幅を優先するのではなく、リミットを狙いつつも負けない事を優先し、薄利でも早めにコツコツ利益確定していくと言う考えを基にしています。

このコンセプトで、冒頭のインジにて、
利益確定ロジックが組まれています。

個人的に、これはけっこう好印象です。

FXでは、大きく勝つよりも、
とにかく負けないことの方が、重要であると考えています。
理由は、「負けると、ストレスがかかるから」です。

なので、50pipsとるよりも、より確実に5pipsだけでいいから、ほしいです。

直近でも、似たようなことを話していました。
http://fx検証.jp/sonota/tamura/#comment-2547
http://fx検証.jp/sonota/tamura/#comment-2573

恋スキャFXの海沼さんも、動画内で同じことを言われています。
パリス昼豚の5万円FXでも、同じことが書かれています。

ロジックだけ見てると、けっこうよく考えられている感じはします。
これまでのサイン系商材に比べると、検証するモチベーションは断然高いです。

これまでのサイン系商材って、勝てないことをわかった上で、
やっている感じだったので(笑)

検証について

■通貨ペア
豪ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、ドル円
の5つの通貨ペアで取引可能ですが、
「ドル円を推奨しています」とのコメントがあるため、
検証はドル円の通過ペアで行います。

■取引時間帯
「特に15時から19時及び22時半から翌2時が一番のお勧めタイム」
とのコメントがあるため、上記時間帯で検証を行います。

ちなみにMT4はPepperstoneを使うため、
MT4上の表記としては、「8時~12時及び15時半から19時」となります。

■時間足
1分足と5分足でトレード可能ですが、
「5分足は、1分足よりもトレードチャンスは少いが、
 利益はやや大きくなり、勝率も高い傾向があります。」
との記載があるため、勝率を優先して5分足で検証します。

とりあえず、来週からしばらく検証してみて、
安定して勝てる、あるいは問い合わせ/コメント等を見て、
需要がありそうと判断すれば、ある程度長い期間検証します。

安定して勝てた場合、おすすめ商材に置きます。
検証中は、イマイチにおいて置きます。

あと、当サイトからの購入特典は、ありません。

販売ページへ⇒TURBO FX~3ステップ・トレードシステム