トレンドハンターFX eラーニング・スクール 24~26週目

トレンドハンターFXのバックエンド商材
eラーニング・スクールの、その後の状況です。

以前の記事で、23週目のコンテンツまでレビューしていましたが、
その後、24週目25、週目、26週目と更新されてるので、レビューします。

24週目:ピラミッディング徹底検証

収録時間:33分

ポンドドルの4時間足を使い、
どこでピラミッティングでエントリーできるのか?の解説です。

これも、前回のレビュー同様、
単一時間足のみを使ったエントリー判断の解説なので、質は低いです。

具体的には、4時間足だけ見て、
下降トレンドからレンジに移行したポイントで、
「このレンジを下抜けたら売りエントリーし、
レンジを上抜けたら買いエントリーです。」
という解説がありますが、これだけでは根拠が弱すぎます。

その上位足を見て、そもそも反転しやすいポイントで、
下降トレンドがレンジに移行したのか?

それとも、上位足では、まだ下落余地があり、
下降トレンド後のレンジは、一旦の休憩にすぎないのか?
ここを見極めるのが、一番大事です。

この判断なしに、4時間足だけ見て、
レンジを上抜けたら買い、下抜けたら売り、では、根拠が弱すぎます。

後から見たチャートで、「ここで買いエントリーで勝ってますね」
と解説するのは、とても簡単です。初心者でもできます。

しかし、実際のトレードでは、
未来が見えない状態でエントリーしなければなりません。

そもそも、上昇トレンドが継続するか?もわからないし、
もし仮に継続するとしても、どこまで押すか?もわかりません。

過去のチャートで勝つ事と、実際のトレードで勝つ事は、
難易度として雲泥の差があり、
実際のトレードで、未来が見えない状態で判断し勝つことは、とても難しいです。

よって、執行時間足だけ見て勝てるようなことはなく、
執行時間足はもちろん、その上位足まで見て、
トレンドの方向、ライン、ボラティリティ、
動意の強さを見極めた上での押しの深さの判断などができないと、
とても難しい実際のトレードでは勝てるようになりません。

25週目:ピラミッディングを学ぶことのメリット

収録時間:32分

「なぜ、短期足でのトレード技術よりも先に、
 ピラミッティング技術を習得すべきか?」の解説です。

短期足でのトレードというのは、
15分足、5分足を執行時間足としたトレードで、
日足、4時間足、1時間足、15分足と、分析する時間足が増えるため、
トレハンFXでは、上級者テクニックとされています。

確かに、短期トレードよりも、ピラミッティングの方が先、
というのは、アリかもしれませんね。ここは自分は問題視していません。

問題なのは、複数時間足でのトレードよりも、ピラミッティングが先である点です。

というのは、複数時間足での分析ができないと、
ピラミッティングを含めたエントリー判断はできないからです。

前回も書いていましたが、
単一時間足のみでピラミッティングの解説をされても、
エントリー判断は参考にならないので、
純粋に、資金管理法など、ピラミッティングの手法のみを学ぶことになります。

一方で、もし先に、複数時間足でのエントリー判断のコンテンツがあり、
その後のピラミッティング手法の解説動画内でも、その上位足の解説があれば、
ピラミッティング手法に加え、エントリー判断も勉強になります。
一石二鳥で、後者の方が効率がいいのは明確です。

26週目:より効率的にピラミッディングを活用しよう

収録時間:33分

前半は、直近2回の動画の復習、
後半は、日足、4時間足を使って、
どこで通常エントリー、ピラミッティングができるのか?の解説です。

まだ2つの時間足の組み合わせなので、エントリーの根拠は弱いですが、
とりあえず、時間足が1つ追加されただけでも大きな進展でしょう。

この動画は、ちょっと満足しました。

この動画を見るまでは、もう解約しようと思っていて、
販売者に、今月で解約するには、いつまでに申請すればいいか?
まで確認していたのですが、この動画で、やっと希望が見えてきたので、
もうしばらく継続してみようと思います。

首の皮一枚でつながった感じですね^^;

トレンドハンターFX レビュー記事へ

eラーニング・スクール レビュー記事へ

トレンドハンターFX カテゴリー一覧へ