トレンドラインの引き方

ゴールデンスパイダーFX使ってる人多いですね。。。

もう、けっこう長いことFX部門でのインフォトップ売上1位なので、
おそらく、かなり売れているんだと思います。

今日もマエストロFXの購入者のサポートをしていて、
チャートを出してもらうと、ゴールデンスパイダーFXが現れたので、
「これ使わないでラインは自分で引いてください」っていいました。

販売ページには、上記のように書いてありますが。。。

まず、ラインすら自分で引けないで勝てるわけがありません。

ましてや、自分で引けなくても、インディケータが引いてくれるから、
そのラインを使えば勝てる、とか、ありえません。

というのは、ラインを引くことが重要なのではなく、
そのラインを使って、どうトレードするか?の方が重要だからです。

で、トレンドラインを引くのは、そんなに難しくないです。

下記、自分の引き方を書いておきますので、
是非自分で引けるように、勉強してみてください。

まず、トレンドラインは、その名の通り、
上昇トレンドか、下降トレンド時に引くラインです。

ということは、上昇トレンドか、下降トレンドが確認できた時に、
引く必要があります。

つまり、上昇トレンドの場合は、高値、安値が切りあがった段階で引き、
下降トレンドの場合は、高値、安値が切り下がった段階で引きます。

チャートでいうと、
まず①にて高値をつけ、②にて安値をつけます。
次に③にて、高値の切り下げが確認でき、
その後②を下抜け、安値の切り下げが確認できた時点で、
ダウ理論でいう下降トレンドの完成なので、
これで黄色ラインの下降トレンドラインが引けます。

プロパティにて、「右に延長」のチェックを外すと、
線が途中で止まるので、線だらけになる場合は、これで見やすくしてください。

使い方としては、今回の場合は、
売りエントリーラインとして使いますが、
これだけだと根拠が弱いので、
あくまで売りエントリーの根拠の1つという認識です。

次に、黄色のトレンドラインを選択している状態で、
コントロールキーを押しながら黄色のトレンドラインをドラッグすると、
平行なラインを追加できるので、これを直近安値に合わせます。
これがチャネルラインです。

使い方としては、今回の場合は、
売りエントリー後の利益確定目標ライン、
または、逆張りの買いエントリーの根拠の1つとなります。

同じようにして全部引くと、こんな感じになると思います。

ちなみに、上がゴールデンスパイダーFXに引かせたラインです。

直近のトレンドラインは、一応引けていますが、
線が何本もあって、かなり見にくいです。

あと、チャネルラインは、一切引かないんですよね^^;

2 Responses to “トレンドラインの引き方”

  1. KEN says:

    ゴールデンスパイダーは かなりお粗末な内容ですよね。

    あれ詐欺罪適応されないのかな。

  2. 管理人 says:

    KEN様

    されてもおかしくないと思いますw

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ