単一時間足のライントレードは、ある程度機械的に実践可能

FXライントレードマスタースクールのレビュー記事でも書いていたのですが、
個人的には、単一時間足のライントレードについては、
ある程度機械的に実践できると思っていて、
これだけを習得するために商材を買うのは、
ちょっともったいないかなぁと思います。

難しいのは、各時間足での分析結果を統合してトレードプランを立てることであり、
この解説がない商材に、10万円も出す必要はないと思います。

ということで、ドル円の4時間足で、
単一時間足のライントレードを機械的にやる方法を解説します。

まず、カスタムインジケータから、ZigZagを適用させ、
パラメータを全て「4」にします。↓クリックで拡大

今回は、機械的にやる方法なのでZigZagを使いますが、
できれば波を描くにも、裁量判断で描けるようになった方がいいです。



すると、この波で考えて、
・そこを上抜けると上昇トレンドが確定するライン(青線)
・そこを下抜けると上昇トレンドが崩れるライン(水色線)
・そこを下抜けると下降トレンドが確定するライン(赤線)
・そこを上抜けると下降トレンドが崩れるライン(ピンク線)

が引けます↓クリックで拡大

よく、ライントレードというと、「売り買いの攻防が起こる場所」と言われ、
どこで攻防が起こるのか?難しいなぁと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
この攻防が起こる所は、だいたい上記4つのポイントです。

よって、「売り買いの攻防が起こる場所」さえも、
ある程度機械的に判断できるということです。



次に、山と谷が、同じような縦軸に存在していれば、意識されるため、
ここにもラインを引いていきます。

山-山、谷-谷の組み合わせはもちろん、
山-谷、谷-山の組み合わせでも、同じ縦軸に存在していれば、ラインを引きます。

とりあえず転換点が近ければ、引けるという事です。

このやり方で引いたラインが白線です↓

良く見ると、最初のやり方で引いた、青、水色、赤、ピンクのラインと、
白の線が重合しているラインがあるのがわかると思います。

このポイントは、意識されるべくところで、複数回反転した最重要ラインです。

ラインの引くのは、以上で終了です。



続いて使い方ですが、今回は順張りのエントリーのみ解説します。

まず、バンドが拡大している時の、
ある程度高値を買い、安値を売るエントリー。

レジスタンスラインを上抜け、同じラインまで押した時の買い↓

サポートラインを下抜け、同じラインまで戻した時の売り↓



次に、バンドがずん胴の時の、
レンジ下限、レンジ上限に引きつけてのエントリー。

ちなみに、バンドがずん胴であれば、動意が弱いため、
前者のように、高値を買い、安値を売ることはできません。

上昇トレンドが崩れるラインに引きつけての買い↓

下降トレンドが崩れるラインに引きつけての売り↓



以上、単一時間足のラインの引き方と使い方でした。

注意点として、これだけでリアルトレードはしないことです。
これだけでトレードしても、おそらく負けまくります。

個人的には、トレードは背景8割だと思っていて、
例えば、「そもそも背景的に反転しやすい場所で、下降トレンドを崩した」
みたいなのが大事です。



参考までに、4時間足の
「バンドが拡大している時の、ある程度高値を買うエントリー」
「レジスタンスラインを上抜け、同じラインまで押した時の買い」
の部分の、15分足を見てみます。

4時間足↓クリックで拡大

15分足↓クリックで拡大

単一時間足の考え方としては、
・バンドが水平のずん胴のレンジであれば、レンジ下限からの買い、
・バンドが上下に開いている時の高値買い、なので、

まず、前者の考え方で、
4時間足で、そもそも反転しやすいポイント(白ライン)でWボトムを作り、
その少し下には、15分足で見ても上昇トレンドが崩れるライン(水色)
を背にしている。※黄色太波で見た場合

よって、4時間足で、そもそも反転しやすいポイントで、
15分足の下降トレンドがレンジになったということで、
リスク選好ぎみに①でレンジ下限から買うか、

後者の考え方で、
4時間足で、そもそも反転しやすいポイントでレンジになった後、
15分足の下降トレンドを崩し、上昇トレンド転換後の②での買いです。
バンドが上下に開いているので、ある程度高値を買うことができます。

こんな感じで、基本的には、単一時間足でやることを、3~4回やるだけですが、
これが難しいので、ここを教えてくれる商材を、買うなら買った方がいいと思います。