執行時間足の選び方

執行時間足とは、エントリー、ストップ等、トレードを行う時間足のことです。

で、よく、「執行時間足をどの時間足にしていいか、わからない」
という質問をいただくのですが、

基本的には、その3~4個上の時間足を見れていれば、
執行時間足は、どれでもいいです。

つまり、
日足、4時間足、1時間足を背景とし、5分足を執行時間足とするのでもいいし、
週足、日足、4時間足を背景とし、1時間足を執行時間足とするのでもいいし、
月足、週足、日足を背景とし、4時間足を執行時間足とするのでもいいです。

単純に、執行時間足が長くなれば、ストップ/リミットが大きくなり、
保有時間が長くなる、というだけの話です。

という大前提はあるのですが、
時として時間足の選択が勝敗を分ける時があります。

チャートは先週のユーロドルの1時間足↓クリックで拡大

青線は、4時間足レベルの最高値の手前の谷で、
ここで何度も支持された後の下抜けであるため、
下降動意は、かなり強い状態です。

チャートはユーロドルの5分足↓クリックで拡大

5分足では、バンドが閉じてきているので、下降動意はイマイチですが、
4時間足、1時間足のバンドは拡大しており、
各時間足の分析結果を統合して判断した結果、下降動意は、かなり強いと判断でき、
5分足の赤の縦線、横線がクロスしたポイントで、
一度戻っての再下降で、戻りが売れたと思います。

今回のポイントで売れたのは、「下降動意が強い」と判断できたからです。

もし、「下降動意が、まぁまぁ」であれば、
黄色の波のような、1時間足レベルの戻りが入り、
5分足で戻り売りしていたら、損失になっています。

チャートはユーロドルの1時間足↓クリックで拡大

チャートはユーロドルの5分足↓クリックで拡大

つまり、「下降動意がまぁまぁ」なのであれば、
執行時間足は、5分足ではなく、1時間足を選択すべきだった、ということです。

ちなみに、該当のポイントは、トレード動画を撮っていましたが、
5分足の赤の縦線、横線がクロスしたポイントで売りエントリーはしたものの、
2pipsくらいで早々に利食っています。

というのは、確かにテクニカル分析的には、
週足レンジ上限からの転換、
4時間足最高値の手前の谷で何度も支持されたラインの突破ということで、
下降動意は、かなり強いと判断できますが、
時間帯が夕方であり、何かの材料で4時間足の最高値の手前の谷を
突破したわけではなかったため、
下降動意がかなり強い、という根拠が、完璧でなかったからです。

結果的に、今回は、「下降動意がかなり強い」で、
5分足レベルの戻りで再下降していきました。

自分は、1時間足レベルの戻りを懸念していたので、大きく取れていないわけですが、
とにかく負けないことを考えると、
思っているより、多少深い戻りを想定しておいていいと思います。

深い戻しだと想定しておいて、浅い戻しで再下降していけば、
単にエントリーチャンスを逃すだけで、損失にはなりませんが、
浅い戻しで売って、もし深い戻しだった場合は、損失となるからです。

なので、極論、動意の強さの判断ができなければ、
毎回、深い押しを想定し、レンジ上限くらいまで戻ってきたところで売る、
というトレードしか、できないと思います。

これでもいいのですが、深い押し=動意が弱いので、ある程度上下にふらつくため、
レンジ上限を上抜かれて、損切りしたら上髭になって再下降していった、
みたいなパターンも多いため、
できれば、動意の強さを見極められるようになり、
下降動意が強い時に、サポレジ転換あたりで、
ある程度安値を売る方が、勝ちやすいです。

このように、動意の強さに応じて、
おおよその再下降タイミングを予測する、というのは、かなり大事です。

だいたい負けている人は、この判断ができずに、
下降動意がまぁまぁの状態なのに、
突っ込んで安値を売って、戻りでやられます。

特に、待てないと、この傾向が多いです。

FXは、波さえ描ければ、
上昇トレンド中なら買うし、下降トレンド中なら売るので、
売りか?買いか?は、ある程度機械的に判断可能です。

判断が難しいのは、売るタイミングであり、
タイミングは、下降動意の強さで判断します。

よって、「トレーダー=動意の強さを見極める仕事」
といっても、過言ではないと思います。