勝つためには「圧倒的な作業量」が必須

昨日、トレンドハンターFXのレビューをするために、
再度会員サイトの動画を見てました。

その中で、「マインド講座」のところで、関野さんの言葉に、
「FXでお金を稼いで、車を買うとか、
 FXでお金を稼いで、家を建てるみたいに、
 目標を明確にすることで、モチベーションを上げましょう」
という事が言われていました。

これ、動画を見た時は、「有料コンテンツとして、どうなのかな?」
と思ったので、レビュー記事では、

自分がほしいもの(家とか車)を上げて、
それを手に入れる為に必要なお金を算出し、
FXで稼いで、それを手に入れることを目標に頑張る、
他には、資金管理を徹底して守ろう、とか。
あまり参考になりませんでした。

と書いていたのですが、
有料レベルの希少価値のある内容、
無料レベルの希少価値のない内容、を抜きにして考えると、
おそらく、FXで勝つために、一番重要な要素になると思います。

というのは、FXで勝つためには
圧倒的な作業量 が必要だからです。

FX以外の副業としては、
せどり、オークション転売、アフィリエイト等があると思いますが、
これらは、ある程度の知識があれば、ある程度は稼げます。

実際いまサポートしている方に、
旬なキーワード(今だと矢口真里さんの離婚騒動とか)
をテーマにしたブログに広告(アドセンス)を張り、
実践初月から10万円程度稼げている人がいます。

しかし、FXは、これらとは違います。

ある程度わかっても、稼げません。

100%わかって、やっとトータルで利益が出る程度です。

よって、圧倒的な作業量が必要となるわけです。

そして、この圧倒的な作業量をやるモチベーションとして、
何か目標を持ちましょう、ということです。

例えば、自分の場合。

自分は、FXをやる前は、半導体工場で、
半導体を作る装置の評価を行っていました。

こんな感じです↓

ある日、半導体の装置のメンテナンスで装置が解放されていました。

装置が解放されるのは、1年に1回あるかないか。

まだ新人だった自分にとって、装置の中身が見れるというのは、
めったにない、勉強になる機会でした。

で、クリーンルームで観察していると、上司から電話がかかってきました。

「お前、何で残業してるんだ!!!!」

この上司は、かなり気分屋で、すぐに「カッ」となって怒る人で、
一番下だった自分は、いつも理不尽に怒られていました。

この頃は残業規制もあったので、上司としては早く帰らせたかったのでしょう。

とは言っても、残業が絶対ダメというわけではなく、
装置解放の希少さを考えると、残業させて装置の勉強をさせる、
というのが得策であることは、誰の目から見ても明らかでした。

この状況で、上記の電話。
「この人は、新人の成長よりも、自分の身が大事なんだな」と思いました。

ただ「カッ」となりやすいだけじゃなく、思考レベルで腐っている。

この人の下にいたのでは、いつまでたってもらちが明かないと思い、
その電話を受けた時に退職を決意しました。

日頃の上司のストレスから、胃痛、腹痛、下痢、嘔吐を繰り返していたので、
これを理由に、会社を休職し、会社に頼らなくても生活できる方法を探しました。

その頃は、もう対人恐怖症になっていたので、
再就職するという選択肢は、ありませんでした。

そして、これが自分のモチベーションでした。

寝る時と、ごはんを食べる時以外は、パソコンの前にいたと思います。

それから、FXで、ある程度稼げるようになるまでに、
半年くらいかかったと思います。

FX以外にも、いろいろ手を出したし、
FXでも、サインツールの検証等で、無駄な時間を使っていたので、
裁量を勉強した、実質的な時間としては、半分くらいだと思います。

よって、1日10時間×3ヶ月で、合計900時間です。

他の方の体験談を聞いていても、
ある程度わかるまでに、だいたい1000時間が妥当なところです。

あなたは、いま、1日何時間勉強していますか?

2~3時間の人がほとんどではないでしょうか?

それだと、ある程度わかるようになるまでに、1年以上かかると思います。

ただ、この場合、昨日やった内容を思い出すにも時間はかかるので、
短期集中でやった場合に比べ、効率が落ちるため、
もっとかかると思います。

以上を考えると、サラリーマンの方で、
1日何時間も残業がある人は、FXには手を出すべきではありません。

嫌みで言っているわけではなく、物理的に不可能なんです。

情報商材のレターに書いてある、「FXは誰もが簡単に稼げる」
ということは、一切ありません。

それは、商材屋が、商材を売るために書いているんです。

なので、時間がない方は、FXには手を出すべきではありません。

お金を減らすだけで終わります。

あと、ある程度時間のとれる、主婦の方。

これまでサポートした経験上、圧倒的な作業量をこなせるだけの
モチベーションをもっている方が少ないです。

主婦の方って、家事、育児をされていれば、
旦那さんが働かれている限り、自分が生活できなくなる、
ということはありません。

この安心感があるため、時間はあるけど、モチベーションがなく、
圧倒的な作業量をやれない方が多いです。

実際、車がほしいとか、家がほしいレベルでは、
「圧倒的な作業量」をやるモチベーションとしては、
ちょっと足りないかなと思います。

自分みたいに、「お金を稼がないと生活できない」
くらい、追い込まれればいいんですけどね。

だから今の仕事をやめましょう、と言っているわけではありません。

誰もが稼げるわけではないので、
会社をやめるのは、かなりのリスクがあると思います。

ということで、具体的な解決法は提示できていませんが、
とりあえず、FXは、それほど厳しい、
ということは、わかっていただけたかと思います。

あとは、まぁ 途中でやめなければいいんですよ。

1日2時間でも、1~2年でできるようになります。

それくらい難しいことをやっているんだ、と認識し、
全然わからないからといって、途中でやめないことです。

6 Responses to “勝つためには「圧倒的な作業量」が必須”

  1. ゆう says:

    いつもありがとうございます。

    これまでのどんなレビューよりも、今回が一番参考になった気がします。

    また、「何でいつもこのような緻密に検証ができるのだろう」という疑問も少しなくなりました。

    私は例の「ぱぱっと稼げる」がうたい文句の商材がFXの入口だったので、自分の手法の使い方‘だけ’が悪いのだと思っていた節がありました。

    今後とも宜しくお願いいたします。

  2. 管理人 says:

    ゆうさん

    >今回が一番参考になった気がします。
    そうですか^^よかったです。

    「かかっと稼げる」は、ありえないと思います。ある程度のインプットと、膨大な時間をかけてのアウトプット、検証作業が必要です。

  3. 1 says:

    とてつもない苦労をされたのですね。
    管理人さんは今トレーダー歴はどれくらいですか?
    月にどれくらい稼げるのですか?

    差し支えなければ教えてください。

  4. 管理人 says:

    1日に何時間やるか?で全く変わってきますので、参考にはならないとは思いますが、日数でいうと1年半くらいになると思います^^
    いくら稼げるか?については、個人情報になりますので、ご想像におまかせします。でもまだ10枚~20枚くらいでトレードしてるので、けっこうしょぼいですよ^^;

  5. 橋本 says:

    管理人さんは、FXで勝てるようになったその過程、経過はどのようなものでしたでしょうか。
    海沼光城さんは、ブログの中で、それは、自転車が補助輪なしで乗れるような感じだといわれていました。
    管理人さんは、どのようでしたでしょうか。差支えない範囲でお聞きしたいと思います。

  6. 管理人 says:

    橋本様

    かなり難しい質問ですね^^;個人的にも、海沼さんの言われる「自転車に補助輪なしで乗れる」のもわかりますし、車の運転とかでも、最初はぎこちないですが、ずっとやっていれば、できるようになると思います。何事においても、やはり「慣れ」は大事だと思います。FXも同じく、膨大な時間をかけてチャートの動きを見ていれば、ここで買いが入るかな、とか、利食いが入るかな、とかわかるようになります。もちろん、基礎的な内容が頭に入っている上での話です。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ