レンジを早期に判断する方法

今週一週間は、マエストロFX、恋スキャFXのサポートが、
今年始まって一番忙しかったです。

なので、ちょっとまいってしまって、
マエストロFXのサポートを終了します、って記事を書いたのですが、
今日一日休んだところ、まだやれるかも?とちょっと思いました。

まぁ、もう記事に公開したんで、やめますがw

しかし、それくらい忙しかったです。

で、サポートが忙しい=難しい相場の時です。

基本的に、王道の裁量手法を勉強している人は、
やっているのはトレンドフォローです。

で、トレンドフォローはレンジで負けます。
なので、先週は、負けた人が多かったと思います。

タイトルの「レンジを早期に判断する方法」ですが、
その前に、まずレンジがどのようなメカニズムで起きているのか?
を知る必要があります。

レンジは、レンジ下限では買われ、レンジ上限では売られる。

つまり、売り買いが拮抗している=戦っているわけです。

で、売りと買いの戦い=長期、中期、短期の戦いとも言えます。

先週のユーロドルの場合。

長期の週足では、レンジ下限から
押し目を買ってきます↓(矢印のイメージ)

中期の4時間足では、直近のサポートラインが
レジスタンスラインに切り替わって再下降で、
戻りを売ってきます↓(矢印のイメージ)

短期の1時間足でも、4時間足と同じ戻り売り、
また、最安値の手前の山から、早期に売ってくる人もいます↓

つまり、レンジ下限からは長期の買いが入り、
レンジ上限では中期、短期の売りが入るため、
このゾーンはもみあうことが早期に判断できます。

今回の場合、早期にレンジが認識できていれば、
①で売った場合、下髭をつければ早期に撤退すべきですし、
その後の上昇を見た後の②での売りは、ないです。

逆に、自分はこの時買い目線で、②のちょっと手前で買っています↓

その後、今度は上に抜けたので買ったら、再下降でまた負け。

で、出来上がったチャートを見て
「あーレンジだったのか」と思っても、遅いです。

で、これ、先月の記事と、ほぼ同じ現象が再現してました。

長期の押し目ポイントで、一方は「長期の押し目」の認識がなく、
まだ売り目線で、売って損切りし、

一方は、買って利確というやつです。

背景を読んでトレードする方法でも書きましたが、
やはり大きな時間足を見て、地図を持って旅をして、
目的地に着いたら降りるというのは、大事だと思います。

今回の場合、長期の押し目=買いが入ってくる
⇒よって、売りの目的地に到着している。

到着は降りるポイントであり、
旅を始める(新規で売る)ポイントではありません。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ