恋スキャの特典動画ですが、基礎講座をやってほしいという要望があったので、
今週以降、4~5回程度トレード動画はお休みして、基礎をやります。

とりあえず、考えているのは、
・波の描き方
・引いた波で、上昇トレンド/下降トレンドの判断の仕方
・ラインの引き方
・単一時間足の考え方
あたりになると思います。

複数時間足については、基礎講座として解説することはできないので、
毎週のトレード動画で勉強されてください。

自分は今、いろいろな商材にサポート特典をつけていますが、
そこで何か質問された場合、自分が答えを出す時に考えることは、
「大多数がどう考えているか?」です。

もう、どの質問に対しても、上記を考えることで答えを出します。

FXは、売りより買いが多ければ、レートは上がり、
買いより売りが多ければ、レートは下がるので、
大多数の思考=正解となります。

よって、大多数が使っている判断材料(ライン、ダウ、ボリバン等)を使って、
大多数が、どう見ているか?を考えるわけです。

現状、大多数は、ライン、ダウ、ボリバン等で判断していますが、
もし、今後、大多数が、例えば、THVシステムを使って、
トリックスとかで判断するようになれば、自分もこれを使います。

まぁ、ラインやダウが使われなくなるというのは考えにくいですが、
とりあえず、考え方としては、そういうことです。

現状は、大多数は、ライン、ダウ、ボリバン等で判断しており、
THVシステムとかを使って判断しているのは、ごく少数です。

FXは、多数決の原理で動いているので、
少数派の手法を使えば、使うほど不利になります。

よって、マナブ式の斉藤学さんは、
数少ない、実績を動画で公開している販売者さんですが、
THVシステムを使うということで、個人的に手法としてイマイチだと思うので、
おすすめ商材には、おいていません。

同じ思考で、例えばトレンド状態を把握しようと思えば、
大多数は、ダウ(高値安値の切り上げ、切り下げ)、
移動平均線の角度、ブルベア領域等で判断しており、
ADXの傾きとかでは、判断していません。

もし、大多数が、ADXを使ってトレンドを判断するのであれば、
自分もADXを使って判断しますが、
現状は、そうではないため、前者で判断すべきで、
インジケータを使ったトレードは、いつかは卒業すべきです。

あと、よく「FXは、テクニカル分析だけで勝つことはできない、
世界の経済情勢がわからないと勝てない」という人がいますが、

では、ダウ理論、レジスタンスライン、サポートライン、
という定義を、どれくらいの人が知っているでしょうか?

おそらく、投資をやっている人なら、知らない人はいないでしょう。

ということは、大多数がそれらを使い、エントリーや利食いをする以上、
相場はそれによって動くわけで、「使える」ということです。

と、前置きが長くなりましたが、波の描き方についても、
「どの波で見るのが正解ですか?」みたいな質問が多いのですが、
これも例外なく、「大多数が見ている波」が正解となります。

で、だいたい、「どの波で見るのが正解ですか?」と質問されるところは、
方向感がなく、上下にこちゃこちゃしたところです。

例えば、下記チャートの赤丸部のようなポイントです。

チャートはドル円の日足↓クリックで拡大

こういう方向感がないところは、高値、安値が複数点存在し、
みんなが高値、安値を共通認識しにくいです。

あなたが、どの波で見ていいかわからない、ということは、
その他大勢も、どの波で見ていいかわからず、
みんなが同じ波を、共通認識しにくくなります。

共通認識ができないのであれば、そこに優位性は存在しません。

レンジでは、そもそも波の概念が薄くなり、
意識されるのは、波というよりも、レンジ上限とレンジ下限になるため、
あまり波は、意識しなくてもいいと思います。



一方で、方向感がある青丸部のようなポイントは、
吐出した高値、安値が存在し、
上下に波を打ちながら、上昇/下降していくため、
みんなが同じ波を共通認識することができます。

共通認識できれば、テクニカル分析として機能するため、
こういうポイントでは、しっかりと波を描いて、
ダウ理論で上昇トレンド/下降トレンドを把握したり、
ラインを引いたりして、大多数の思考を読み解き、
大多数が買いを入れるところで、自分も買えれば、勝てるわけです。

ということで、個人的には、波を描くというのは、
そんなには難しくはないと思っています。

波を引くのに迷うようなポイントは、
そもそも的に、引かなければいいだけの話です。

動画については、この記事を元に、今から作成するので、
もうしばらくお待ちください。
たぶん日曜日中にはアップできると思います。

マエストロの方にも、アップしておきます。