オシレーター系テクニカルを使わずに、過熱感をどうやって察知するのか

管理人様は、オシレーター系指標は使っていらっしゃらないようですが、過熱感が高まっているような状況をどのように察知されておられますでしょうか?

という質問があったので、回答記事を書いておきます。

これは、けっこう個人的な主観が入っているので、
あくまで参考程度にお願いします。

まず、オシレーター系を使わない理由は、
インジケーターで勝てない理由
で書いていますので、そちらを参考にされてください。

完結にいうと、大多数が使っていないからです。

で、上記質問ですが、「加熱感が高まっている状況」というのは、
わかりやすく上昇中で考えると、
「上げすぎだから、そろそろ反転するかな?」と考えている状況だと思います。

で、この反転を引き起こしているのは、
既に買いポジションを持っている人達の、利益確定の売りと、
逆張り組の、新規の売りエントリーによるものです。

であれば、上記の売りをいれてくる人達は、
何を持って「上げすぎ」と判断しているのか?を考える必要があります。

もちろん、RSIが70に来たから買われすぎだろう、
と判断する人もいるでしょう。

しかし、トレーダー100人のうち、100人がRSIを使っているわけではありません。
ざっくり、使っているのは2~3割程度ではないでしょうか。

現に、自分の専業仲間では、10人のうち、
RSIを使っている人は、1人もいません。

RSIを使っている2割のトレーダーが、買われすぎと判断しても、
残りの多数派が、買われすぎではないと判断し、買えば、
FXが多数決の原理で動いている以上、レートは上がるわけです。

では、逆に、大多数が判断の材料にしているのは何か?
それが、チャート自体です。

100人中、100人が表示しているはずです。

では、チャート自体で、どうやって過熱感を察知するのか?

結論から言うと、ラインと波です。

それまでの波と比較して、直近がどうなのか?を見ています。

例えば、それまでの1波が100pipsもあって、
直近の波が70pipsなら、まだ過熱感はありませんが、
それまでの1波が50pipsしかなくて、
直近の波が70pipsであれば、行き過ぎているな、と思いますよね。

他にも、自分は、補助的にボリバンも使っていますが、
今回は多数派、少数派の観点で解説しており、
この観点でいくと、みんながみんなボリバンを使っているわけではないので、
今回はボリバンは除きます。

具体例で解説します。
チャートはドル円の4時間足↓クリックで拡大

ピンクのポイントが、加熱していると判断しているところです。

その根拠ですが、
A点:①波と等倍+サポートライン到達
B点:①、②波と等倍+サポートライン到達
C点:①、②、③波と等倍+レジスタンスライン到達(ちょっと行き過ぎ)
D点:④波と等倍+レジスタンスライン到達
E点:①、②、③波と等倍サポートライン到達(ちょっと行き過ぎ)
F点:①、②、③、⑤波と等倍+サポートライン到達(一旦の戻しは想定外)

これは、後から見たチャートで、
そこで反転しているから言っているのではありません。

恋スキャFX特典のトレード動画では、
それを根拠にしたエントリーもしていますし、
その際の利確ポイントとしても、反転ポイントを事前に解説しています。
ラインも事前に引いています。

あと、その次の質問ですが↓

波形が3~5回程出現したら、もうエントリーは見送ると言われる方もいますし、それ以外の方法もあるかと思います。また、井手氏のようにオシレーター系指標の併用の方もおられます。何がどう良いのやら、なかなか分かりません

まず、上記理由から、自分はオシレーター系は一切使っていません。

あと、波形が何波続くのか?ですが、
これは、その上位足を見ないと判断できません。

例えば、上記チャートの、
4時間足の①波、②波、③波、④波・・・の集合体が、日足の1波ですよね。

であれば、同じようにして、
その日足の1波が、どこまで行くのか?を見ればいいわけです。

チャートはドル円の日足↓クリックで拡大

赤のポイントが、①波と等倍+サポートライン到達です。

つまり、これで4時間足の下落の波は、
一旦は終了する可能性が高い、と判断できるということです。

いつも言っていますが、
単一時間足だけ見て目的地を判断することはできません。

4時間足の下落の波が、
3波で終わるのか?5波で終わるのか?7波で終わるのか?の判断も、
日足を見ないとわかりません。

PS.
桜塚やっくんが交通事故で亡くなられたみたいですね。
yahooニュースを見てびっくりしました。。。