今年の初めあたりに
トレードしない時は、しっかりしない。という、
かなり大事な記事を書きましたが、
もう大分前で、埋もれちゃっているので、
この辺りで、もう一発記事にしておきます。

ドル円ですが、先週後半に、とうとう100円突破してきました。
よって、明確に方向感があり、積極的にトレードする相場です。

恋スキャFXの特典動画でも、トレードを収録していましたが、
もう買いまくりで、けっこう利益が出ています。

この記事を書いている現在も、80pipsの含み益があります。

では、どこから方向感がわからなくなって、
どこから、また方向感が出たのか?を、
2つの時間足(長期が赤波で、短期が黄色波)で解説してみます。

チャートはドル円の4時間足↓クリックで拡大

まず①からスタート。
①は、その上位足で、そもそも反転しそうなポイント、
というのがわかっていれば、上だと思えるはずです。

それがわかっていなければ、
上だと認識できるのは、直近高値を上抜けた②からですね。

その後、週足高値+100円の③から反転し、
短期(黄色波)の安値を下抜けた④の時点で、
短期(黄色波)の上昇トレンドが終了したため、一旦買いは終了ですが、
長期(赤波)は、まだ上昇トレンド中なので、上目線は継続中です。

その後、長期の押し目⑤のしっかりしたところで止められたため、
買い目線は継続中です。

ここを下抜けられると、長期(赤波)の上目線が、
若干怪しくなっていたところでした。

トレードとしては、ここはV字で戻したため、
買うのは難しかったと思います。

買うなら、スクイーズ後にブレイクした⑥あたりですね。
ここのトレードは、恋スキャFX特典動画でも収録していますが、
長期と短期の目線が同じになったポイントで、
かなり勝率が高く、大きな利益が狙えるポイントだったと思います。

その後、週足高値+100円+前回高値の⑦から反転し、
短期(黄色波)の安値を下抜けた⑧の時点で、
短期(黄色波)の上昇トレンドが終了し、
ここで長期(赤波)も、方向がわからなくなっています。

ダウ理論でいうと、長期(赤波)は、
⑤を下抜けるまでは、まだ上昇トレンド継続中です。

しかし、上昇動意が強ければ、⑤から押し目買いが入り、
前回高値③を上抜けていくはずです。

しかし、そこを上抜けることができずに、
二度突きして、反転下降してきてしまったため、
長期(赤波)での方向感は、なくなっています。

トレードとしては、
週足高値+100円+前回高値の強固なポイントで抑えられ、
スクイーズ後、バンドも拡大してきているので、
⑧あたりでの短期的な売りは、けっこう簡単だったと思います。

その後、前回高値を上抜けた⑨から、長期(赤波)が、
再度上になったので、積極的に買っていっています。

つまり、方向感がなく、休むべき相場は、
水色丸のゾーンでした。

自分は、エントリー執行時間足は、5分足~30分足でやってて、
ストップは、だいたい10~20pipsと、けっこうタイトです。

おそらく、似たような感じの方が多いのではないでしょうか?

この「ストップをタイトにする」というやり方は、
大量のロットを入れられるため、
利益率を上げようと思えば、必須のやり方です。

ただし、大きなデメリットもあります。

それが、「買っても売っても負ける時がある」です。

で、この「買っても売っても負ける」を減らす、唯一の方法が、
「方向感がある時だけ、トレードすること」です。

やっぱり、方向感がなければ、
けっこう上下に振られるんですよね。

上下に振られると、ストップをタイトにしていた場合、
買っても売っても損切りになります。

ストップをタイトにして、ロットをたくさん入れれば、
確かに勝つ時は、大きく勝てます。

ただ、これを方向感がない時にやっちゃうと、
負けを量産することになります。

確率的にいうと、トレードは上がるか下がるかなので、
適当にトレードしていても、50%の確率で勝てるわけです。

でも、なぜか5連敗、10連敗する時がありませんか?

自分は、昔ありました。

それは、これが原因です。

執行時間足、上位足で、方向感があるか?は、
利大を目指すのはもちろん、負けトレードを減らすという意味でも、
最重要の要素だと思います。