複数時間足を使っての目線の切り替え方

前回の記事で、恋スキャFXの特典動画サンプルをアップしましたが、
それについて質問がきていたのでシェアしておきます。

質問の内容は、目線の切り替え方はわかったけど、
各時間足で、目線が異なる時に、売っていいのか、
買っていいのかわからない、という内容。

やっぱり、複数時間足を使おうとすると、みんな、ここでつまづきます。

で、こういう日の相場の時は、
マエストロ、恋スキャ共に、サポート依頼がいつもの倍くらいきますw

ただこれ、一概に、こうすればいいですよ、っては言えません。

というのは、日足×4時間足×1時間足×5分足とかで、
もうパターンなんて無限大にあるので、
継続学習して慣れるしかないと思います。

ただ、あえて言うなら、例えば、日足、4時間足は上だけど、
1時間足は下の時にどうするのか?

これは、短期的に4時間足の押し目までを狙って売り、
4時間足の押し目に到達したら、長期に乗り換えて買う、
というトレードになります。

で、今日ユーロドルでこのパターンが出たので、紹介しておきます。
こういうのをたくさんこなすと、わかるようになってくると思います。

まず1時間足↓クリックで拡大

ダウ理論で考えると、3点目で安値を切り上げ、
直近高値(2点目)を上抜けた時点で上昇トレンド発生です。
それが、黄色の矢印のとこ。

同時に、最安値の手前の山も上抜けたので、
やっぱりピンクを上抜けた時点で、買い目線に切り替えます。

ここまでわかれば、あとはどこで買うか?を考えるだけです。

上昇動意が強ければ、ピンクのレジスタンスがサポートに切り替わって再上昇。

上昇動意が弱ければ、3点目の赤ラインから再上昇するかもしれません。

赤ラインも下抜ければ、高値更新するわ、安値更新するわで、
わけがわからないチャートになるので、様子見です。

実際、どこで再上昇するかわからないので、
ラインを引いて反応を見るわけですが、
今回は青線のレジスタンスがサポートに切り替わって再上昇していきましたね。

ユーロドル15分足↓クリックで拡大

なので、黄色矢印では買えていたと思います。

で、一番大事なのが、その上位足の状態です。

そもそもが、このあたりで反転しそうなのか?ってことです。

今回の場合は、4時間足のレジスタンスがサポートに
切り替わって再上昇でした。

ユーロドル4時間足↓クリックで拡大

これがあるから、黄色矢印で買えるんですよね。

これがなくて、1時間足だけみてトレンド転換したから買い、
ってやっても、勝率はそんなに高くないと思います。

前回記事の恋スキャFX特典トレード動画サンプル、一応張っておきます↓

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ