このブログでは、勝てない内は、
大きい時間足で方向感のない相場は、やらなければいい、
高値安値を切り上げたり、切り下げたりしてて、
トレンドが出ている時だけ、入ればいい、
ということを書いてきました。

で、いまドル円で、入るべき相場がきています。

難しい相場で待つことができていたとしても、
こういう相場で入れないと、FXをやっている意味はありません。

エントリーするのが怖い病になっているかもしれません。

チャートはドル円の4時間足です

先週の難しい相場を抜け出し、
上昇トレンドが再開しているのがわかると思います。

この認識ができていれば、
あとは適当に押し目買いしていれば勝てます。

恋スキャFXのレンジ対応ロジックでも、
入れそうなポイントは、けっこうあったと思います。

チャートはドル円の15分足です

ただ、どこまででも買っていけばいい、というわけではなく、
上位足のチャートポイントでは、注意する必要があります。

例えば、4時間足で先週もみあった赤線のところって、
週足を見ると、今年3月あたりの高値だったんですよね。

チャートはドル円の週足です

こういう上位足のチャートポイントで、
実際にWトップとかつけて、上値が重い感じが出てきたら、
また様子見に入っていいと思います。

上位足のチャートポイントにきたから様子見、
では、ちょっと早すぎると思います。

実際に、そのあたりで、重そうな感じが出たら
でいいと思います。

それまでは、積極的に買いで狙っていくべきです。