FXリベンジャーズの「ブレイクアウトからのトレンドフォロー手法」について

前回のFXリベンジャーズのレビュー記事で、

これで勝てそうか?ですが、
基本的には、高値抜けで買い、安値抜けで売る順張り手法なので、
もし、仮に単一時間足のみを使ってのトレードであった場合、
トレンド相場では勝てると思いますが、レンジ相場では負け、
トータルで利益が出るか?については、相場次第、
つまりギャンブルと変わらないと思います。

一方で、移動平均線、ボリンジャーバンドを複数時間足で使い、
執行時間足はもちろん、背景的にも、トレンドが出ている相場、
もしくはこれからトレンドが出そうな相場のみエントリーするのであれば、
エントリー/決済タイミングに、この手法を使うことで、
トータルで勝つことも可能だと思います。

と書いていましたが、ここをもう少し詳しく解説してみます。

今回は、自分は商材は買っていないので、詳しい手法はわからないので、
レターに書いてある、

FXリベンジでお伝えする手法は、『ブレイクアウト(高値、安値更新)』からの『トレンドフォロー(順張り』にてエントリーする手法です。

というコメントのみを抽出し、
ブレイクアウトからのトレンドフォローが、どういう手法なのか?を解説します。

ドル円の4時間足↓クリックで拡大

ドル円の1時間足↓クリックで拡大

直近のドル円の4時間足と1時間足ですが、
4時間足で下降トレンド中のポイントで、
1時間足で、ブレイクで売れそうなポイントを
①~⑤まで抽出しています。

前半の①と②の青の縦線部では、大きく勝てていますが、
後半の③、④、⑤の赤の縦線部は、負けています。

で、1時間足だけ見ると、前半の勝ちポイントと後半の負けポイントで、
チャート的に、明確な違いはありませんが、
ここで4時間足を見ると、明確な違いがあります。

青の縦線と赤の縦線は、1時間足で引いたものを、そのまま残したものですが、
青の縦線のポイントは、誰がどう見ても下降トレンド中で、
移動平均線が右肩下がりで、下降動意が強い状態です。
下降動意が強ければ、安値を売ることができるため、
ブレイクで売って勝てる相場と言えます。

一方で、赤の縦線のポイントは、
白の波で見ると、A点を下抜けた時点で、下降トレンドが再開していますが、
黄色の波で見ると、B点を上抜けた時点で、下降トレンドを崩した後に
落ちてきている状態で、目線的には上です。
さらに、移動平均線も、若干の右肩下がりで、バンドも閉じてきているため、
下降動意は、かなり弱まってきていると判断できます。
下降動意が弱ければ、ある程度上下に振りながら下げるため、
ブレイクで売った場合、戻りで負けます。
ブレイクで売るのではなく、ある程度の戻りを待って売る相場です。

つまり、いつも言っているように、
執行時間足はもちろん、その上位足も含めて、動意の強さを見極め、
動意の強さに応じて、エントリーポイントを決める必要があるということです。

動意の強さの見極めは、移動平均線の傾きだけでの判断でもいいとは思いますが、
できれば、上昇トレンド/下降トレンドも判断材料に加えるべきです。

というのは、上昇トレンド中であれば、買いが入りやすく、
下降トレンド中であれば売りが入りやすいため、
今後の動意の強さに影響してくるからです。

今回の場合、4時間足のB点を上抜け、下降トレンドを一旦崩したか?は、
その後のチャートに大きく影響を与えていると思います。

4時間足の下降トレンドを一旦崩したため、
黄色の波で見ている人が買い目線に切り替え、買いを入れてきたため、
現在、方向感がない相場になっていると思います。

さらに、4時間足の下降トレンドが止まったところも、
前々回の最高値の手前の谷+N計算値でぴったりです(C点)。
つまり、下落目標を達成した後のトレンド転換ということです。

まとめると、FXは、上昇トレンド中なら買うし、
下降トレンド中なら売るので、エントリーの方向は明確です。

ただし、下降トレンド中に売るといっても、
動意が弱い時に安値を売れば、戻りで負けるし、
動意が強い時に高値で待っていても、おいて行かれるため、
動意の強さに応じて、エントリータイミングを計る必要があり、
ここの判断が難しいわけです。

この動意の強さを見極めるには、
移動平均線の傾き、バンドの拡大縮小、ダウ理論(ライントレード)、
この3つを、複数時間足で判断する必要があります。

そして、FXリベンジャーズのレターを見ると、
「使うのは移動平均線、ボリンジャーバンド、フィボナッチだけ」と書いてあるため、
自分が考える、必要最低限の3つのうちの1つであるライントレードが抜けているため、
ラインなしで動意の強さの見極めが正しくできるのか?を懸念しています。

複数時間足については、レター内には、
日足、4時間足、1時間足、15分足を出してあるので、
一応解説はあるのではないかと思いますが、明確にはわかりません。

もし、単一時間足の解説しかなければ、今回、1時間足だけ見ても、
勝ちポイントと負けポイントの違いがわからなかったように、
単一時間足だけ見ても、動意の強さの判断はできないため、その時点で撃沈です。

10 Responses to “FXリベンジャーズの「ブレイクアウトからのトレンドフォロー手法」について”

  1. A says:

    いつも有益な情報を発信していただき、参考にいたしております。

    FXリベンジャーズを購入していないので憶測の域を超えないのですが、(1)フィボナッチの38.2%、50%、61.2%といった主要なラインを利用してのレジサポ転換は効きそうですがいかがでしょうか? 
    ただし、チャートのどこからどこまでにフィボナッチを引くかは人によってバラバラですので、どの程度機能するのかどうか分かりません。フィボナッチのそれらの線と、単純にチャートを見て引いた水平線が重なれば強いとは思いますが。

    (2)FXリベンジャーズでのマルチタイムフレーム分析は、販促ページからどの程度読み取れますでしょうか? 私には単に写真が1枚掲示されたとしか受け取れず、この点は不安です。

  2. 管理人 says:

    Aさん

    (1)フィボナッチの38.2%、50%、61.2%といった主要なラインを利用してのレジサポ転換は効きそうですがいかがでしょうか?ただし、チャートのどこからどこまでにフィボナッチを引くかは人によってバラバラですので、どの程度機能するのかどうか分かりません。フィボナッチのそれらの線と、単純にチャートを見て引いた水平線が重なれば強いとは思いますが。
    ⇒自分もフィボの主要ラインがレジサポと重なっていれば、根拠が少し強くなるかな?くらいで、補助的に考えています。補助的に考える理由は、上記でおっしゃられている通りです。

    (2)FXリベンジャーズでのマルチタイムフレーム分析は、販促ページからどの程度読み取れますでしょうか? 私には単に写真が1枚掲示されたとしか受け取れず、この点は不安です。
    ⇒自分も根拠は、その写真一枚です。ただ、複数時間足の解説がないのに、わざわざ日足、4時間足、1時間足、15分足と記載するかな?と思ったのですが、どうなんでしょうかね。販売者に問い合わせられてみて、複数時間足まで網羅されているようであれば、買いを検討されるのもアリかもしれません。

  3. A says:

    管理人 様

    即答いただき、ありがとうございました。

    > 自分も根拠は、その写真一枚です。ただ、複数時間足の解説がないのに、わざわざ日足、4時間足、1時間足、15分足と記載するかな?と思ったのですが、どうなんでしょうかね。

    やはり、そうですか。
    何も無いのにわざわざ写真を掲載するのも、後で問題が生じるので、普通はしないですよね。かといって、販促ページではマルチタイム分析を意識するような文面も見当たらなかったし…。
    販売者に尋ねるしかないようですね。

    トレードで安定的に稼げていない者としては、人柱になるのは痛し痒しですね (^_^;

    トレードで成果を上げられ、なおかつ商材を冷静に分析されている管理人様には感服します。

    今回は、ありがとうございました。

  4. 管理人 says:

    Aさん

    そうですね、販売者に聞かれるのが一番早いかもしれません。

  5. HNakamura says:

    ラインの引き方は動画ですごく細かく丁寧に楽しそうに解説していました。

    上位時間足のラインと下位時間足のラインが重なるとか….

    ラインの引き方が動画のメインのようです。

    高値と安値の見つけ方で

    たくさんのラインが引かれていき、

    私はまだ初心者なので頭がクラクラしましたが、

    じっくり何度も動画を見れば分かるのではないかと感じていま

    す。

    また、ラインを引くのが楽しくなるような動画でした。

    前半の動画の画面は字幕で後半の動画は根崎さんが動画を止めながら説明してくれています。

    「FIBは高値と安値の2点を取ってサポート・レジスタンスを見つけていましたが、
    PAチャートのHSIは高値、安値が分かればそこをワンクリックするだけで自動的にラインが引かれて、未来のサポート・レジスタンスを視覚化してくれます。」
    らしいです。

    PAチャートは毎月25,000で使用できるようですが、
    私は有料の物に依存するのはいやなので購入はしませんが、
    勉強のための有料のものは結構参加しています。

  6. 管理人 says:

    HNakamuraさん

    あれ、レターには、使うのはボリバンとMAとフィボのみって書いてあったのに、ライントレードあるんですか^^;それで毎週3回も生放送があるのであれば、普通に優良商材のような。ということでさっき買ったのでレビューします。。。

    HNakamuraさんの情報がなければ、見逃していたかもです。ありがとうございます。

  7. トシ says:

    この商材ちょっと気になりますね。

    管理人様のレビュー楽しみです。

  8. 管理人 says:

    トシさん

    今やってますが、ボリュームが多くてちょっと大変です^^;

  9. ガム says:

    こんばんは、よろしくお願いします。

    以前にサポレジブレイクのは、購入したんですが少し取りでも週では難しいですし、結果も余裕があるほど出なかったです。結果が出ればもっと噂になるはずだったんですが、結果出した人はそれを自分用に変化させたと思います。

    複数足もあると、このマニュアルは結構いいんじゃないかなと
    思います。僕は、ワンチャートで工夫した何か高確率ブレイクでも
    あれば嬉しんですが。

    僕も最近、管理人さんのおっしゃる通りにサポレジ、ライン
    ダウとかを材料にした方が固いトレードが出来るかなと思ってきました。1時間・5分足のセットでも良いかなと思ったりしても、4時間足にも入る方向の材料があるかなど確認すると有効かなと
    思ってます。

  10. 管理人 says:

    ガムさん

    ブレイクは、上位足も含めてトレンド相場でのみ入らないと勝てないと思います。この判断なしに、高値抜け、安値抜けで入った場合、トレンド相場では勝て、レンジ相場では負けるので、勝つか負けるかは相場次第だと思います。

    ワンチャートで高勝率ブレイクがあるか?ですが、「ワンチャート」とは、1つの時間足だけ見てという意味でしょうか?それでしたら、上記の「上位足も含めて」の根拠がなくなるため、高勝率は不可能だと思います。

    ライン、ダウを材料として方がいいか?ですが、基本的にトレードは、多数決の原理で動いていますので、原理原則的に考えても、大多数が使っている手法でトレードすべきだと思います。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ