FXリベンジャーズの「ブレイクアウトからのトレンドフォロー手法」について

前回のFXリベンジャーズのレビュー記事で、

これで勝てそうか?ですが、
基本的には、高値抜けで買い、安値抜けで売る順張り手法なので、
もし、仮に単一時間足のみを使ってのトレードであった場合、
トレンド相場では勝てると思いますが、レンジ相場では負け、
トータルで利益が出るか?については、相場次第、
つまりギャンブルと変わらないと思います。

一方で、移動平均線、ボリンジャーバンドを複数時間足で使い、
執行時間足はもちろん、背景的にも、トレンドが出ている相場、
もしくはこれからトレンドが出そうな相場のみエントリーするのであれば、
エントリー/決済タイミングに、この手法を使うことで、
トータルで勝つことも可能だと思います。

と書いていましたが、ここをもう少し詳しく解説してみます。

今回は、自分は商材は買っていないので、詳しい手法はわからないので、
レターに書いてある、

FXリベンジでお伝えする手法は、『ブレイクアウト(高値、安値更新)』からの『トレンドフォロー(順張り』にてエントリーする手法です。

というコメントのみを抽出し、
ブレイクアウトからのトレンドフォローが、どういう手法なのか?を解説します。

ドル円の4時間足↓クリックで拡大

ドル円の1時間足↓クリックで拡大

直近のドル円の4時間足と1時間足ですが、
4時間足で下降トレンド中のポイントで、
1時間足で、ブレイクで売れそうなポイントを
①~⑤まで抽出しています。

前半の①と②の青の縦線部では、大きく勝てていますが、
後半の③、④、⑤の赤の縦線部は、負けています。

で、1時間足だけ見ると、前半の勝ちポイントと後半の負けポイントで、
チャート的に、明確な違いはありませんが、
ここで4時間足を見ると、明確な違いがあります。

青の縦線と赤の縦線は、1時間足で引いたものを、そのまま残したものですが、
青の縦線のポイントは、誰がどう見ても下降トレンド中で、
移動平均線が右肩下がりで、下降動意が強い状態です。
下降動意が強ければ、安値を売ることができるため、
ブレイクで売って勝てる相場と言えます。

一方で、赤の縦線のポイントは、
白の波で見ると、A点を下抜けた時点で、下降トレンドが再開していますが、
黄色の波で見ると、B点を上抜けた時点で、下降トレンドを崩した後に
落ちてきている状態で、目線的には上です。
さらに、移動平均線も、若干の右肩下がりで、バンドも閉じてきているため、
下降動意は、かなり弱まってきていると判断できます。
下降動意が弱ければ、ある程度上下に振りながら下げるため、
ブレイクで売った場合、戻りで負けます。
ブレイクで売るのではなく、ある程度の戻りを待って売る相場です。

つまり、いつも言っているように、
執行時間足はもちろん、その上位足も含めて、動意の強さを見極め、
動意の強さに応じて、エントリーポイントを決める必要があるということです。

動意の強さの見極めは、移動平均線の傾きだけでの判断でもいいとは思いますが、
できれば、上昇トレンド/下降トレンドも判断材料に加えるべきです。

というのは、上昇トレンド中であれば、買いが入りやすく、
下降トレンド中であれば売りが入りやすいため、
今後の動意の強さに影響してくるからです。

今回の場合、4時間足のB点を上抜け、下降トレンドを一旦崩したか?は、
その後のチャートに大きく影響を与えていると思います。

4時間足の下降トレンドを一旦崩したため、
黄色の波で見ている人が買い目線に切り替え、買いを入れてきたため、
現在、方向感がない相場になっていると思います。

さらに、4時間足の下降トレンドが止まったところも、
前々回の最高値の手前の谷+N計算値でぴったりです(C点)。
つまり、下落目標を達成した後のトレンド転換ということです。

まとめると、FXは、上昇トレンド中なら買うし、
下降トレンド中なら売るので、エントリーの方向は明確です。

ただし、下降トレンド中に売るといっても、
動意が弱い時に安値を売れば、戻りで負けるし、
動意が強い時に高値で待っていても、おいて行かれるため、
動意の強さに応じて、エントリータイミングを計る必要があり、
ここの判断が難しいわけです。

この動意の強さを見極めるには、
移動平均線の傾き、バンドの拡大縮小、ダウ理論(ライントレード)、
この3つを、複数時間足で判断する必要があります。

そして、FXリベンジャーズのレターを見ると、
「使うのは移動平均線、ボリンジャーバンド、フィボナッチだけ」と書いてあるため、
自分が考える、必要最低限の3つのうちの1つであるライントレードが抜けているため、
ラインなしで動意の強さの見極めが正しくできるのか?を懸念しています。

複数時間足については、レター内には、
日足、4時間足、1時間足、15分足を出してあるので、
一応解説はあるのではないかと思いますが、明確にはわかりません。

もし、単一時間足の解説しかなければ、今回、1時間足だけ見ても、
勝ちポイントと負けポイントの違いがわからなかったように、
単一時間足だけ見ても、動意の強さの判断はできないため、その時点で撃沈です。