12月3日、証券会社GFTが、「リテール部門(小口顧客)の業務を停止する」
とのアナウンスをしてきたようです。

それに伴い、チャートソフトDealBook360も使えなくなったようですね。

DealBook360は、佐野さん愛用のチャートソフトであったため、
かなりショックを受けられているようでした。

なので、今週のマエストロFXのトレーニング動画は、お休みでした。

チャートソフトというと、ほとんどの方がMT4を使っているようですが、
佐野さんいわく、「MT4は動きがカクカクするから使いにくい」とのことです。

次、佐野さんが、どのチャートソフトを使うのか?
ちょっと注目しちゃったりしています。

ちなみに、自分は、MT5を使っています。

なぜMT4ではないのか?については、特に理由はないのですが、
FXを始めた当時、MT4、MT5、各証券会社が提供しているチャートなど、
いろいろ使って、比べていたところ、
MT4は、MT5に比べて、明らかに重かったんです。

後からわかったことなんですが、
MT4が重いのではなく、
FXDDのデモ口座のサーバーが弱い、ということだったのですが。

ちなみに、今でもFXDDのデモ口座のMT4は、
他と比べると、明らかに重く、よくダウンします。
なので、今お使いの方は、変えられた方がいいです。

MT4とMT5の違いについては、

MT5のメリットとしては、時間足が多い、ということが上げられます。

1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、6分足、12分足、20分足、
30分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、6時間足、
8時間足、12時間足、日足、週足、月足、があります。

MT4にない、2時間足、8時間足は、たまに見ています。

逆に、デメリットとしては、MT4に比べると、
使っているユーザーが少ないので、
インディケーターが少ないです。

まぁでも、自分は使っているインジといえば、
ボリバンと移動平均線くらいなので、問題なしです。