DAYベースではなく、月間トータルで勝ちを狙う(再記)

昨日の記事で、

ただ、普段自分がトレードしている、ユーロドル、ドル円、ユーロ円が、
日足レベルで、上昇を達成しちゃった感があり、
さらに、もう12月も中旬になったので、ちょうどいい機会かなと思って、
今年のトレードは、これで終了にしました。

って書いていましたが、


チャートはユーロ円の30分足ですが、
案の定、方向感がない、わかりにくい相場になりましたね。


チャートは、ユーロ円の日足ですが、
12月15日現在、3月中旬から4月上旬にかけて、
もみあっていたところ(赤丸)に達しています。

ここは、けっこう強いレジスタンスとして意識されるはずだし、
あと、12月11日あたりから、特に押し目も作らずに上げてきているので、
このゾーンを上抜けるにしても、一旦は押しが入ってもおかしくない、
という思考で、売る人もいると思います。

一方で、ここまで上げた実績があるので、
押し目買いする人もいるでしょう。

ということは、売り買い両方入ってくるので、
上下するのは、ある程度予測できます。

で、こういう日は、やっぱり、「勝てないんですけど」ってチャットが、
普段の5倍くらい入ります。

数日前の上げ相場では、しーーーーん としています。

なので、もうそういうことなんですよ。

わかりにくい相場は、やらなければいいだけのことです。

待つのも相場で、今日みたいなチャートをトレードするより、
日足高値を目指している過程の上昇トレンドでトレードして、
今日みたいな相場は、休んでおけばいいのです。

月間トータルで、勝ちを狙っていきましょう。

これを意識するだけでも、全然変わってくると思うんですけどね。。

6 Responses to “DAYベースではなく、月間トータルで勝ちを狙う(再記)”

  1. ぽりのすけ says:

    昨日はありがとうございました。
    ほんと…そのとおりですね。
    毎回あとになって「あー、無駄なことを!」と思うのですが、つい手を出してしまって猛反省することが数回あります。
    相場環境をちゃんと把握できないときは、数回であげた利益を守るためにさっとPC落とせるようにもならないと…と痛感しました。
    またよろしくお願いします。

  2. 管理人 says:

    ぽりのすけ様

    そうですね、昨日みたいな相場も狙うのは、安定して勝てるようになってからでいいと思いますよ。

    それでも、やっぱり数日前の上げ相場よりは、勝率は下がると思いますので、ポジション量を調整してやると、月間トータルでもっと安定すると思います。

  3. ゆう says:

    いつもありがとうございます。

    「休むのも相場」についてなのですが、相場が読めない期間が続くと、専業トレーダーの方々は不安にならないのでしょうか?

    くだらない質問で恐縮なのですが、今までそのようなことは無かったのでしょうか。

  4. 管理人 says:

    ゆう様

    これまで、自分がやってき過程では、
    一か月間まるまる、やりにくい相場が続いたことはなかったです。

    やりにくい=方向感がないレンジ状態になると思いますが、
    相場はトレンドとレンジを繰り返すので、
    レンジが続けば続くほどチャンスと思うようにしていて、
    その後大きなトレンドが出ることが多いので、
    レンジの区間は無理してトレードせず、トレンドが出るまで待ちます。

    あと、資金が少ない場合、
    待って待って、トレンドが出た時に勝っても数千円にしかならない、
    みたいになるので、無理してレンジの区間もトレードしがちになりますが、
    これだと逆に資金を減らします。

    なので、トレンドが出た時だけ、大きなロット数を入れてがっつり稼いで、
    これでレンジの区間も補えうようにした方がいいです。

    となると、専業の場合、ある程度の資金量も必要かと思います。

  5. たか says:

    はじめまして。いつも参考にさせていただいております。ということはレンジはトレードしていないのでしょうか?

  6. 管理人 says:

    たか様

    レンジの場合、その上位足にて方向感があったりして、何かしらの戦略が立てられていれば、ブレイク期待で、例えば買いの場合は、レンジ下限から買い上げることはあります。しかし、今回みたいに、日足でレジスタンス上限に達していて、どっちにいくか読めない場合、1時間足のレンジをトレードすることはありません。ただ、ある程度サポレジラインが揃っていれば、1時間足だけみて入ることは可能だと思います。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ