今週の恋スキャFX特典のトレード動画は、
背景の読みは完璧で、事前に予想した通りに動いて、
後は戻りを売るだけだったのですが、
特に戻すことなく下落してしまい、
初めてのノートレード動画で終わってしまいました。

で、この時の自分の感情としては、
「とれなくて悔しい」ではなく、
「よく戻りを待つことができたな」と、プラスに考えます。

ブレイクでエントリーして、とれてたとしても、
ラッキーウィンなので、全然嬉しくありません。

自分達がやっているのは、ギャンブルトレードではありません。

根拠のあるトレードです。

ギャンブルトレードをやるくらいであれば、
他に、パチンコ、スロット、競馬などなどなど、
FXじゃなくても、楽しみながらできるものをやった方がいいと思います。

では、根拠のあるトレードをしようと思う場合。

チャートはドル円の5分足です↓クリックで拡大

今回のドル円で、ブレイクで例えば①で売った場合、
「根拠のある損切り」をしようと思えば、損切りは②になります。

波で考えるので、
③とか④とか、意味不明なところで損切りしている人がいたら、
それは根拠のあるトレードとは言えません。
ブレイクをやるやらない以前の問題です。

で、②で損切りした場合、70pipsのマイナスとなるわけです。

数枚でのエントリーなら、70pipsのマイナスは数万円程度なので、
少し落ち込むくらいで済むと思いますが、

これが何十枚となると、何十万円を失うことになり、
精神的に、かなりのダメージを受けます。

今FXの勉強をしている人は、
最終的には何十枚という枚数でエントリーし、
何十万と稼ぐことを目標とされていると思います。

数枚でエントリーし、月間で数万円を稼ぐことが目標なら、
別にFXでなくても、アルバイトでもやっていればいいと思います。

で、何十枚とかけてエントリーしようと思った場合、
何十pipsと損切りを出す手法では無理なんです。

一度に何十万と負ける為、精神的によろしくなく、
とても、長続きできる手法ではありません。

ということで、精神的に、そんなにストレスのかからない
トレードをやろうと思えば、損小利大が必須であり、
損小利大のトレードを行おうと思えば、
押し目買いと戻り売りでエントリーする必要があるわけです。

直近の商材で、鉄板指標マスターFXという商材がありましたが、
これはブレイクでエントリーする手法で、
やはり一度に何十pipsという損切り設定となります。

よって、枚数としては、数枚程度。
勝っても数万円、負けても数万円みたいな感じで、
関野さんみたいに何十万、何百万と稼ぐことはできないでしょうね。

PS.
そういえば、この前、
「このブログ、かなり辛口ですね~」って言われました。

別に辛口ブログというスタンスでやってるわけではないです。
商材のレベルが低いものが多いだけです。
いいものは、いい、とちゃんと評価します。

優良商材が増えてくれば、このブログも、
その辺のと同じような、絶賛ブログになると思います。

直近のサポレジにライン引いて、指標後にブレイクでエントリーとか、
「どんだけー」って感じです。。。