毎週土曜日、日曜日は、先週1週間のトレード履歴の反省や
検証をやっています。

参考までに5月27日~6月1日までにのエントリー回数は27回、
獲得pips数はギリギリ3ケタ、22勝5敗という結果でした。

だいたい1日のエントリー回数は5回くらいですね。
1日にチャートを見る時間は5~8時間くらいです。

やっぱり鉄板エントリーポイントのみ、激選していると、
エントリー回数はこれくらい少なくなります。

1日に20回、30回とエントリーしている人は、
明らかにポジポジ病なので、改善しましょう。

先週は、けっこうテクニカル通りにチャートが動いた感じでした。
最後の雇用統計は別として。

こういう時は、チャートを全て印刷し、部屋の壁に貼る
ということをしています。

自分の家は、トイレから廊下から、
いたるところに、このようなチャートが張りめぐらされています↓
チャート

チャート
↑こんな感じでファイルにまとめてもいいのですが、
やっぱりチャート全体を把握しようと思うと、
細かい時間足で印刷して、それをつなげた方が把握しやすいんですよね。

つなげたら、ファイルには入らないので、
いつの間にか壁に貼りまくるようになっていました。

あと重要なことが、チャートを印刷しても、ただ壁に張るだけではダメで、
これに自分がエントリー、決済したポイントを書き込んだり、
「ここはレジスタンスがサポートに切り替わったライン」
みたいな裁量を書き込まないと意味がありません。

裁量がわからない人は、Maestro FXがおすすめです。

このチャートを日常生活で毎日見ていれば、
裁量トレードが体に染み付いてきますよ^^