独自ロジックで検証中です。

独自ロジック詳細はこちら↓
鉄板マスタートレンド サインツールを本格的に作りました

まずはユーロドルの15分足↓クリックで拡大
チャート

白線内がトレードする時間帯の16時~翌3時です。

エントリーなしです。

続いてドル円の15分足↓クリックで拡大
チャート

21時15分に79.251にて売り、
23時45分に79.251にて決済し、±0

ずっともっていれば爆益だったのに、
ちょっと上げたところで決済させられてしまい、
±0に終わってしまいました。

決済ポイントについて、「移動平均線を上抜けたら決済」
としていますが、これはちょっとあいまいなので、
「逆側の、内側のラインに触れたら決済」に変更します。

続いてポンドドルの15分足↓クリックで拡大
チャート

23時30分に1.57952にて買い、
1時45分に1.57897にて決済し、-5.5pips

これもユーロドルと同じパターンで、
ちょっと落ちてきた時に刈られて、
爆益を取りこぼしました。

最後に豪ドル米ドルの15分足↓クリックで拡大
チャート


19時に1.0440にて売り、
19時15分に1.0445にて決済し、-5pips

②19時45分に1.04409にて売り
22時45分に1.04396にて決済し、+1.3pips

計-9.2pips

今回、鉄板、独自ロジックの弱点が見えました。

チャート

白丸部のように、下降トレンドの最中に、
一旦、突発的に上げられると、そこで決済させられ、
その後は、もう「トレンドの幅」の安全装置が効いて、
エントリーができなくなります。

そして、その状態のままトレンドが出ると、取りこぼします。

このロジックは、損小利大で、コツコツ負けてドカンと取る手法なので、
ドカンと取る方を取りこぼしてしまうと、
コツコツ負けるだけになってしまうので、
今回のような取りこぼしが頻発すると、ちょっと厳しいかもしれません。

一撃必殺!鉄板マスタートレンドのレビューはこちら↓
一撃必殺!鉄板マスタートレンド レビュー記事へ

今週のFXお得情報

↓ブログランキングの「サイト紹介文」のところに記載しています