一撃必殺!鉄板マスタートレンド 検証 2012年8月22日

独自ロジックで検証中です。

独自ロジック詳細はこちら↓
鉄板マスタートレンド サインツールを本格的に作りました

まずはユーロドルの15分足↓クリックで拡大
チャート

白線内がトレードする時間帯の16時~翌3時です。

エントリーなしです。

続いてドル円の15分足↓クリックで拡大
チャート

21時15分に79.251にて売り、
23時45分に79.251にて決済し、±0

ずっともっていれば爆益だったのに、
ちょっと上げたところで決済させられてしまい、
±0に終わってしまいました。

決済ポイントについて、「移動平均線を上抜けたら決済」
としていますが、これはちょっとあいまいなので、
「逆側の、内側のラインに触れたら決済」に変更します。

続いてポンドドルの15分足↓クリックで拡大
チャート

23時30分に1.57952にて買い、
1時45分に1.57897にて決済し、-5.5pips

これもユーロドルと同じパターンで、
ちょっと落ちてきた時に刈られて、
爆益を取りこぼしました。

最後に豪ドル米ドルの15分足↓クリックで拡大
チャート


19時に1.0440にて売り、
19時15分に1.0445にて決済し、-5pips

②19時45分に1.04409にて売り
22時45分に1.04396にて決済し、+1.3pips

計-9.2pips

今回、鉄板、独自ロジックの弱点が見えました。

チャート

白丸部のように、下降トレンドの最中に、
一旦、突発的に上げられると、そこで決済させられ、
その後は、もう「トレンドの幅」の安全装置が効いて、
エントリーができなくなります。

そして、その状態のままトレンドが出ると、取りこぼします。

このロジックは、損小利大で、コツコツ負けてドカンと取る手法なので、
ドカンと取る方を取りこぼしてしまうと、
コツコツ負けるだけになってしまうので、
今回のような取りこぼしが頻発すると、ちょっと厳しいかもしれません。

一撃必殺!鉄板マスタートレンドのレビューはこちら↓
一撃必殺!鉄板マスタートレンド レビュー記事へ

今週のFXお得情報

↓ブログランキングの「サイト紹介文」のところに記載しています

3 Responses to “一撃必殺!鉄板マスタートレンド 検証 2012年8月22日”

  1. 名無し says:

    確かにおっしゃる通りで、損小ロジックの場合一瞬のノイズ的動きでストップ取られるケースはよくありますね。しかし通常は再度同方向へ動いたとき再エントリーすれば良いのですが、鉄板の場合再エントリーしようとした際、安全装置に引っ掛かりエントリー出来ず、大勝ちを逃すという事になることがあります。

    んー、今後の課題ですね。

  2. 管理人 says:

    確かにそうですね。

    ちょっと思ったのですが、「どれくらいのトレンドを狙うのか?」
    により、トレンドの幅のパラメータ設定にて、
    エントリーの調節ができるかもしれません。

    例えば今回のように60pipsを狙うのであれば、
    もっとトレンドの幅の条件を大きく取るべきで、
    そうすると、最後の図の損切りの後の再下降のポイントで、
    まだトレンドの終盤でない、と判断し、売りサインを出します。

    ただ、その分エントリー回数は多くなるので、
    負けは増えると思います。

    一方で、20pips前後のトレンドを狙う場合は、
    最後の図の損切りの後の再下降のポイントは、
    もうトレンドの終盤だと思うので、
    安全装置で、エントリーを回避すべきでしょう。

    このあたりのパラメータ設定を最適化しないといけないですね。
    今回のパターンが多いようだと、もっとトレンドの幅の条件を
    大きくとって検証してみます。

  3. 通りすがり says:

    自分も鉄板実践してます。
    このかたちでトレンドにのれないパターンけっこうありますよ。
    これで悔しい思いしたことがけっこうあります。

    あと、トレンドの方向が逆にトレンドが出たときも、のれないパターンがけっこうあります。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ