鉄板マスタートレンド サインツールを本格的に作りました

土曜日、日曜日ほぼ丸二日がかりで、
鉄板マスタートレンドのサインツールを作成しました。

通貨ペアの監視を1つのチャートでできるようにした

鉄板マスタートレンドは、1時間足、30分足、15分足でチャートを出して、
監視する必要がありますが、自分のサインツールを使うと、
15分足に組み込むだけで、1時間足、30分足の条件も考慮してサインを出します。

これにより、1通貨ペア1チャートで監視ができるため、
複数通貨ペアの監視が簡単にできます。

そもそもサインが少ないロジックに、
独自ロジックは、さらにエントリーポイントを激選するため(記事下部参照)
複数通貨ペアを監視し、エントリーチャンスを増やしました。

ビッグトレンド基準をMA基準にした

エントリー時の安全装置の条件と、決済の条件を、
教材のビッグトレンド(HMA)基準から、
21期間移動平均線基準に変更しました。

これは、ビッグトレンドは、レートへの追従がちょっと遅いため、
ここを基準にしてしまうと、無駄なエントリーサインを出すからです。
損失を出した例は、過去検証記事をご確認ください。

また、決済の基準を移動平均線基準にした理由は、
このラインがチャートポイントとして機能しやすいからです。

上昇トレンド/下降トレンド発生中に、
このラインで反発上昇/下降するパターン、かなり多いですよね。

ということは、このラインを抜けると、
トレンドが終わる可能性が高い、ということです。

安全装置の条件を通貨ペアで最適化

安全装置の条件の数値を、各通貨ペアで最適化しました。
これは通貨ペアでボラティリティが違うので、当たり前ですね。
教材のように、すべて同じ値でいく方がおかしいです。

さらに、この条件は、今後使っていく中で、さらに最適化していきます。
よって、パラメータを変更するだけで、簡単に適用できるようにしました↓

チャート

↑チャートは直近のユーロドル15分足です。クリックで拡大
 赤矢印は、売りサインです。

エントリーする時間帯を絞り込み

エントリーする時間帯を16時~翌3時までに絞りました。
これは、この区間がトレンドが発生しやすいからです。

買いエントリーはしない

下降トレンドは、一気に下げやすいですが、
上昇トレンドは、上下しながらゆっくりと上げていきます。
これだと損切りを多発するため、買いエントリーは行いません。

これにより、エントリーチャンスは、かなり減ります。
この対策として、複数通貨ペアを監視してエントリー回数を上げたかったため、
1通貨をチャート1つで監視できるようにしました。

サインツールでは一応買いサインも出すようにしていますが、
自分は買いでは入らない方がいいと思います。

このサインツールを、当ブログからの購入特典として配布します。

特典の受け取り方は、こちらをご確認ください↓
当サイトからの購入特典について

一撃必殺!鉄板マスタートレンドのレビューはこちら↓
一撃必殺!鉄板マスタートレンド レビュー記事へ

4 Responses to “鉄板マスタートレンド サインツールを本格的に作りました”

  1. たけと says:

    こんにちは。

    質問なのですが、鉄板マスタートレンドはもう
    購入しているのですが、サインツールだけ売っていただくことはできませんか?

  2. 管理人 says:

    お世話になります。

    問い合わせより、ご連絡お願いします。

  3. コンドウ says:

    私も購入済みなので、よかったら私もサインツール購入を詳しく知りたいです。

    よろしくお願い致します。

  4. 管理人 says:

    お世話になります。

    問い合わせより、ご連絡お願いします。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ