一撃必殺!鉄板マスタートレンド 検証 2012年8月17日

8日17日 ユーロドルとドル円の検証結果です。

まずはユーロドルから。

チャートはユーロドルの15分足です。クリックで拡大↓
チャート

青い四角の範囲は、1時間足で矢印色が揃っている範囲
赤い四角の範囲は、30分足で矢印色が揃っている範囲です。

よって、この重複範囲で15分足でエントリーポイントを探すことになりますが、
この区間では「トレンドの幅」の安全装置が働き、エントリーはなしでした。

黄色丸のポイントで、エントリーできそうでしたが、
ギリギリ条件が揃いませんでした。

午前は上昇、午後は下降トレンドが出ていましたが、
こんな感じで、ころころ方向が変わると、
1時間足の矢印が切り替わるのに1時間待たないといけないので、
15足ではなかなか入れないですね。

まぁ、方向が安定していないということなので、
無理して入る必要もないかもしれませんが。

ちなみに午後の下降は、恋スキャFXの高速スキャルで
売りで入ってみたのですが、久しぶりの損切りとなってしまいました↓
チャート

続いてドル円

チャートはドル円の15分足です。クリックで拡大↓
チャート

①3時00分に79.319501にて買い、
 3時15分に79.294551て決済し、-2pips

②10時45分に79.348987にて買い、
 13時00分に79.347475にて決済し、±0pips

①15時15分に79.421569にて買い、
 15時45分に79.365621にて決済し、-5.5pips

①16時00分に79.413252にて買い、
 16時45分に79.366377にて決済し、-4.6pips

⑤17時15分に79.431398にて買い、
 17時30分に79.383766にて決済し、-4.7pips

⑥17時45分に79.426106にて買い、
 19時45分に79.412496にて決済し、-1.3pips

⑦22時45分に79.472981にて買い、
 翌3時45分に79.522882にて決済し、+5pips

計-13pips

このような、トレンドが出そうで出ないパターンが、
一番このロジックが苦手とするチャートで、
これが続くと損切りを多発します。

もう、これはしょうがないですね。
このように、こつこつ負けて、
一度の大きなトレンドで取り返すのが順張りなので。

ちなみに自分は独自のルールでやっていて、-5.6pipsでした。
単にエントリーする時間帯を絞っているだけですが^^;

一撃必殺!鉄板マスタートレンドのレビューはこちら↓
一撃必殺!鉄板マスタートレンド レビュー記事へ

今週のFXお得情報

ブログランキングの「サイト紹介文」のところに記載しています↓

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ