一撃必殺!鉄板マスタートレンド 検証 2012年7月20日

7月20日 ユーロドルの検証結果です。

昨日検証を終了する、と記事を書きましたが、
その後、うまくトレンドを取れていたため、紹介します。

これまで検証してきて、
レンジではほとんどサインを出さなかったわけですが、
20日に発生した下降トレンドはサインを出し、70pipsを獲得していました。

ということで、これは使えると判断し、
右サイドバーの「勝てる商材ベスト3」の2位に、
この商材をエントリーしました。

また、レビュー記事も、かなり訂正変更しています。

ただ、やはり乖離については、ビッグトレンドではなく、
移動平均線からの乖離を見るべきだと思いますので、
自分は、この独自の手法で進めていきます。

移動平均線からの乖離を表示させるインジケーターについては、
当サイト購入特典として、配布します。

チャートはユーロドルの左が1時間足、右が30分足です。
↓クリックで拡大
チャート

1時間足では、6時~10時59分の間で、3本のライン及びビッグトレンドラインが
水色なので買い条件が揃っています。

16時~24時の間で、3本のライン及びビッグトレンドラインが
紫色なので売り条件が揃っています。

次に、上記区間の30分足を見ていくと、
6時~10時29分での間で、3本のライン及びビッグトレンドラインが
水色なので買い条件が揃っています。

18時~24時の間で3本のライン及びビッグトレンドラインが
紫色なので売り条件が揃っています。

よって、この間で、15分足で買いポイントを探していきます。

チャートはユーロドルの15分足です。
↓クリックで拡大
チャート

6時~9時59分の間で、3本のライン及びビッグトレンドラインが
水色で、買い条件が揃っていますが、
この区間は、トレンドの幅が広く、
安全装置の条件が揃わないため、エントリーはなしです。

続いて19時15分以降で、3本のライン及びビッグトレンドラインが
紫色なので売り条件が揃っています。

19時45分に123.323で売り、※①ポイント
20時15分に123.405で損切りし、-8.2pips

20時30分に123.277で売り、※②ポイント
4時45分に122.521で決済し、+75.7pips

損切りも意外と少なく、
今回は一度しか出しませんでした。

ただ、チャートを見ても、明らかにビッグトレンドラインよりも、
移動平均線の上下を推移しているので、
これを基準にした方がいいと思います。

また、エントリーポイントについて、
レジスタンスライン、サポートライン、
ボリンジャーバンドの開き、
移動平均線の開きを見ることで、
さらに勝率の高いトレードができます。

当サイトからの購入特典としてスカイプサポートをつけますので、
このあたりをメインにアドバイスさせていただきたいと思います。

一撃必殺!鉄板マスタートレンドのレビューはこちら↓
一撃必殺!鉄板マスタートレンド レビュー記事へ

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ