スカイプメンバーから、「噴上銘柄投資塾ってあるみたいですが、
どう考えてますか?」と聞かれました。

同じように、迷われている方もいらっしゃるかもしれないので、
自分が入らない理由を記事にしたいと思います。

結論から言うと、入らない理由としては、
販売者の実績が不透明という一点です。

販売ページを見てみると、
10回前後の約定履歴が画像キャプチャで公開されていますが、
やはり、画像ファイルの場合、簡単に加工ができてしまうため、
信頼性としては、かなり弱いです。

このような実績であれば、誰でも作れます。

まずは適当に売買し、運よく噴上した履歴だけを、
切って張りつければ完成です。

この販売者さんが、こうやって実績を詐称している!
と言っているわけではありません。

ただ、そうやることで、この実績を作ることも可能ということです。

さらに、その下のコメント

宮地エンジニアリングは、単元株が1000株(1000株単位でないと買えないということ)なので、例えばこの時に1000株買っていると、株価80円(急騰前)×1000株で購入代金が80,000円、決済時の株価が100円でしたので、100円×1000株で100,000円。その差額20,000円が利益になった計算になります。

もし、2000株で売買していれば、40,000円の利益、5000株で売買していれば、100,000円の利益だったわけです。

もう、「もし」の話をされると、何とでも言えてしまいます。

「もし」という仮定の話ではなく、
実際に、いくらで売買し、いくら儲かったのか?を教えてほしいです。

こういうことをレターに書いている時点で、
レベルの低さを感じてしまいます。



では、どうやれば、信頼性の高い実績となるのか?

一番簡単なのは、加工が困難な「動画」で、
約定履歴を公開することでしょうね。

動画であれば、勝った履歴のみを切って貼り付けることは
かなり難しいと思います。

そういえば、噴上銘柄投資塾の共同販売者の斉藤学さんも、
自身の商材であるマナブ式FX完全マスタープログラムにて、
「変に疑われるのは嫌なので、偽造しようの無い動画で取引履歴を撮ってみました。」
というコメントと共に、動画にて取引履歴を公開されています↓

2010年の履歴なので、ちょっと古いのがイマイチですが、
それでも、十分なトレード数で、トータルで利益を出されており、
実績としては、十分信頼できる内容だと思います。

今回も、同じ方法で実績を提示していれば、
もっと信頼性の高いレターになっていたと思います。

確かに、儲かった金額を公開する、というのは、
個人情報の観点から、難しいのもわかりますが、
20万円という高額商材をオファーしているという状況を把握していただき、
多少のリスクは、背負っていただきたいです。

購入者は、もっと大きなリスクを背負い、お金を払うわけです。



他に、信頼性の高い実績の提示方法としては、
噴上銘柄投資塾のレターに、既に提示されている、
「メールマガジンにて、噴上予告をしていた」というのも、
信頼性の高い実績として、有効だと思います。

ただ、残念なのが、掲載されているのが、「たった3回」の結果で、
それも、もう2年も前のものである、という点です。

今からでもいいので、メールマガジンにて、
噴上銘柄を予告し、ある程度再現性の得られる回数を的中できれば、
素晴らしい実績になると思います。

その場合、20万円どころか、100万円出してでも、自分は入会すると思います。



他に、斉藤学さんとの対談で噴上銘柄を予測した、という動画がありますが、


たった2人というクローズされた空間でのやり取りでは、
画像の時と同じように、適当に、何本も予想動画を作成しておき、
「うまく勝った分だけを公開する」というやり方で、いくらでも実績を作れます。

この販売者さんが、この方法で動画を撮影している、
ということを言っているのではありません。

この方法で、作ることも可能である、ということです。

大多数の前で予告してこそ、意味があるのではないでしょうか。

やっぱり、商材の成約率を考えれば、
「もし、2000株で売買していれば・・・」とか、
「もし、あたなが、本業とか別に、いつでも・・・」とか、
「対談の中でリアルタイムに噴上予測をした」とか
無駄に長いセールスレターを作るのではなく、

約定履歴等の、信頼性のある実績を動画でバーンと出し、
「私は、こういう手法でトレードしており、今回この手法を20万円で教えます」
たったこれだけで、めちゃ成約率の高いレターを作ることができます。

以上をまとめると、この実績に20万円も払うほど、
自分はお金持ちではないので、入会しないと思います。

噴上銘柄投資塾