ぱっと見テクニカル 勝てない

「今まで試したものは、全部だめだった。
 ○○でも勝てない、○○でも勝てない、○○でも勝てない」

今日、上記のような問い合わせを頂きました。

で、その中に「ぱっと見テクニカル」ってのがあったんですね。

ぱっと見テクニカルというのは、FXプライムが提供しているツールです。

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、
現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、
「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測します。

URL:http://insight.fxprime.co.jp/tool/pattomi/

で、これで勝てるか?ですが、
勝つ時もあれば、負ける時もある。
これで勝ち続けることは、不可能です。

確かに、チャートは、同じパターンが存在するものもあります。

でも、それは根拠があって形成されたチャートパターン
に限っての話です。

例えば、今日紹介したヘッド&ショルダー。

これは、それまでは2つ目までの山までは、高値を切り上げてきたけど、
3つ目の山では、高値を更新できなかった。

ということは、上昇の勢いが弱くなってきている。

それなら、ネックラインを割ったら下降トレンドに移行してもおかしくない、
という根拠の元になりたっているわけです。

こういう、理屈に基づいて形成されるパターンというのは、
ある程度は再現性があります。

でも、ぱっと見テクニカルのチャートパターンって、
こういう理屈はないですよね。

単に、過去と同じパターンが、たまたま出たってだけです。

それじゃ、その後同じ動きをするって保障はありません。

だって過去の状況と、背景が全く違いますよね。

時間帯が違えば、トレードしてる人達も違うし、
何よりファンダメンタルズ的な状況も全く違ってます。

それなのに、同じ動きをするわけがないです。

ましてや一致した過去のチャートパターンは、たった1つだけなんですよ。

N=1です(笑)

たった1回の確認だけで、再現性がとれるわけがないです。

もし仮に、背景が全く同じで(ありえないですが)
さらに過去に同じパターンが100回あって、
そのうち90回が同じパターンになってる、っていうのなら、
再現性があるっていうのも、まだわかります。

でも、今回の場合、確認した数は、たった1です。

そもそも常識的に考えて、これ証券会社が提供しているツールですよね。

トレーダーが儲かると、証券会社の利益は減ります。
逆に、トレーダーが損すると、証券会社は儲かるわけです。

こういうのが成り立ってるのに、
証券会社側が、勝てるツールを提供するわけがないです。

トレーダーに勝たれると、自分達の利益が減りますよね。

こんな初心者だましのツールには、ひっかからないようにしましょう。。。

17 Responses to “ぱっと見テクニカル 勝てない”

  1. 通りすがり says:

    > トレーダーが儲かると、証券会社の利益は減ります。
    > 逆に、トレーダーが損すると、証券会社は儲かるわけです

    ↑、本気で言っているんですか?
    証券会社は売買手数料で利益を上げているんですよ?
    トレーダーが儲けようが、損しようが関係ありません。

  2. 管理人 says:

    売買手数料で儲けているのは事実だとは思いますが、証券会社の中には、トレーダーの注文をインターバンクに流さず、トレーダー同士の売買を相殺し、手数料以上を稼ごうとしたり、顧客の注文を飲んだりする証券会社もあると聞いています。もちろん、100%インターバンクに流す優良証券会社もあると思います。

    とは言いましても、真実は証券会社にしかわかりませんので、ここで議論すること自体が無意味なことだとは思いますが、自分の周りのトレーダー(トレード歴数十年以上の人も含む)は、上記のように言っている人が多いので、自分もそのように考えています。

  3. すー says:

    >自分の周りのトレーダー(トレード歴数十年以上の人も含む)は、上記のように言っている人が多いので、自分もそのように考えています。

    証拠が無いので何とも言えないですが、
    私の周りの勝てているトレーダーも口々にそう言いますね。。
    管理人さんに一票。

    あと、「通りすがり」というハンドルネームは昔から好きになれません。
    たいてい不快なコメントを残しますし。
    どうでもいい話ですが^^;

  4. 管理人 says:

    すーさん

    ちなみに、上記のことを言い出すと、安定して勝てる裁量を身につけても、儲かりすぎれば消されるのなら、裁量を習得する意味はないのでは?という意見をもらうのですが、そこはクリック365の存在があることと、まだネットでFXができるようになったのが、ほんの10年ちょっと前なので、今後法規制が進めば、上記のようなことはやりにくくなる、つまり事態は悪化することはなく、良い方に進んでいくのではないかと思っています。

  5. to says:

    日本では、別途手数料をとるところは少ないですよね。
    手数料を別途とらず、インターバンクやECNでもあり得ない異常なスプレッド固定のところのディーラーでは、それ以外で売上を上げないといけないですよね。

    バイナリオプションほど露骨ではないでしょうが。

    事実、摘発されているディーラー多いでしょう。

    saxobank やducascopy あたりは最大建玉もかなり大きいし、グレーな話を聞かないので、やってなさそうな感じはしますが。

  6. 管理人 says:

    toさん

    情報ありがとうございます。saxobank、ducascopyはいいんですね。参考になります^^

  7. 価値あるレビュー says:

    >↑、本気で言っているんですか?
    > 証券会社は売買手数料で利益を上げているんですよ?
    >トレーダーが儲けようが、損しようが関係ありません。

    無知すぎて失笑してしまった・・・
    だったら今年上半期に大量に行われた口座凍結、スキャ規制はどう説明するのかと。トレーダーがいくら儲けてもFX業者になんら不都合がないのなら口座凍結なんかしませんよね。

    自分もその凍結を食らった一人ですが、大量の凍結やスキャ規制でそのへんの業者のグレーな部分が少し明るみになった気がしますね。

    今は凍結がないNDD業者でのんびり取引してます。

  8. 管理人 says:

    価値あるレビューさん

    なるほど、勉強になります。凍結された理由は、儲けすぎorスキャのどちらが原因だったんでしょうか?差支えなければ教えてください^^;あとNDD業者は、どこを使われているかも、よかったら教えてください^^;

    スキャルピング規制は、今自分もちょっと考えていて、まだポジション量がしょぼいので、保有時間は全く気にしていませんが、今後ロットを上げていけば、執行時間足を15分足~30分足あたりにして、ある程度の時間は保有するスタイルに移行しようかと思っています。ただ、どれくらい保有していればOKなのか?がわからないので、難しいところなんですが。

  9. ロッテン says:

    > 証券会社は売買手数料で利益を上げているんですよ?
    > トレーダーが儲けようが、損しようが関係ありません。

    かなり大ざっぱに言うとFXの業者にはインターバンクに手動で(ある程度纏まってから等)流すところと、
    自動で流すところがあります。

    自動で流すところは手数料で利益を上げる事が出来ます。
    手動なところは一時的にしろ一旦客の注文をのんでいます。

    ですので手動の業者から見たらスキャルピングをされるとインターバンクに流すのが間に合いません。
    客の利益=会社の損失になります。
    ですのでスキャルを嫌う業者が多いようです。

    手数料で利益を上げている会社があるのは確かですが全てではありません。

  10. 管理人 says:

    ロッテンさん

    なるほど、勉強になります。ということは、インターバンクに流すだけの時間を保有していればいいわけですね。

    これまで自分のトレード仲間や証券会社等に聞いても、スキャルをやっていいか?について、明確な回答は得られなかったのですが、やっぱりできればやめておいた方がいいみたいですね。

  11. 価値あるレビュー says:

    凍結された理由ですが両方です。今年の上半期だけで5000万以上稼いだので^^;
    主にポジションを持ってから1分以内の決済が多く、数秒で決済というのも多かったです。とある業者では枚数を上げた途端に警告がきましたので、大きい枚数での数秒単位のスキャはかなり嫌われるようです。○○なんかが1ショットあたりの上限を100枚にしたのがいい証拠ですね。凍結を受けたのは○○、○○,○○です。○○は警告が来てから取引を辞めたのでセーフでした。
    NDDは複数持ってましてメインがC-NEXで、予備が外為ファイネストです。C-NEXは時々レートが消えて取引不能になったりすることがあるので、いつでも両建てできるようにと^^;

    スキャに関してですが、ポジションを2~3分以上持ってれば凍結を食らう事はほぼないと思います。凍結対象の多くは1分以内の決済、それと大きい枚数です。特に指標時なんかに数秒での決済を繰り返すと目をつけられやすいみたいです。

  12. 管理人 says:

    5000万ですか、すごいですね^^;なるほど、2~3分であればOKなんですね。数秒で決済ということは、1分足とかでトレードされてるんでしょうか?自分は1分足はランダムウォークにしか見えないので、これで勝つのはかなり難しいと思ってたのですが、勝ってる方もいるんですね。「ポジションを2~3分以上持ってれば凍結を食らう事はほぼない」ということで、ちょっと安心しました^^とても参考になりました、ありがとうございました。
    ※○○の部分はマイナスイメージになりそうなので加工させていただきました

  13. ろんろん says:

    こんにちは☆ 横から失礼します~。

    ●価値あるレビュー様
    上半期だけで5000万ですか!!(@o@;)
    すごいですね~!!

    ●管理人様
    そういえば、クロスリテイリングさんから1分足ロジックの教材が発売されるそうです。
    (ご存知でしたらすみません)
    『TAMURA式・1分足ロジック』
    ttp://cross-retailing.com/tamura/4davrws.php?id=4davrws

    とろい自分には無理だろうな~と思いつつもちょっと気になっています。(笑)

  14. 管理人 says:

    ろんろんさん

    やっぱFXは夢がありますね^^

    TAMURA式は、5万円以内であれば買ってレビューしようと思います。

  15. ろんろん says:

    こんにちは。管理人様。
    ご返信ありがとうございます。

    >TAMURA式は、5万円以内であれば買ってレビューしようと思います。

    楽しみにしてます♪ (^o^)

  16. A says:

    管理人様

    便乗質問で、申し訳ありません。
    いつも教材の検証等の有益な情報を発信していただき、ありがとうございます。

    さて、本日午後からTAMURA式FX・1分足ロジック:One Minute’s FXが発売されましたが、不明なところが数点ありますので、併せて検証していただければ幸いです。

    ・トレード時間は夕方~午前2時に適しているということですが、ボラティリティーが大きいところを狙っているのは分かるのですが、その環境下で、トレンド順張りを狙うものなのでしょうか? あるいは、レンジ逆張り、さらには両方を狙うものなのでしょうか?
    ・GBPUSD・EURUSDが好ましい通貨ペアということですが、他に適している通貨ペアがありそうでしょうか?
    ・1通貨ペアを取引する際、上位足チャートを全く確認せずに勝率8割が出せそうでしょうか?
    ・高勝率確保のためにも通貨の相関性の観点から複数通貨を監視すべき・しなければならない場合、とある1通貨ペアを取引する際で、かつ、上位足チャートも確認する・すべきであれば、チャートは最低何面必要になりそうでしょうか?
    ・損切りポイントの置き方は? 最大ドローダウンpips数は?
    ・ポジション保有時間数は?
    ・(日本の)証券会社は顧客の超短時間のトレードを嫌がっているそうですが、当ロジックによるトレードを行った場合、口座凍結されるおそれは大きいのでしょうか?
    ・以上を勘案した場合、お奨めの証券会社は?

    以上、御多忙のところ多項目で申し訳ありませんが、可能な範囲で結構ですので、教材を冷静に分析されている管理人様のレビューをよろしくお願い申し上げます。

  17. 管理人 says:

    Aさん

    TAMURA式FXですが、アフィリエイトが開始されたタイミングで、知人のリンクから購入し、レビュー予定です。限定300人ということですが、おそらく追加募集されるのではないかと思っております。あくまで個人的な予想ですので、購入されるかの判断は自己責任でお願いします。

    商材についてのご質問は、自分は購入していないのでわかりません。

    >証券会社は顧客の超短時間のトレードを嫌がっているそうですが、当ロジックによるトレードを行った場合、口座凍結されるおそれは大きいのでしょうか?
    あくまで「個人的な考え」ですが、大きい枚数でスキャルを行い、さらに利益を出した場合、凍結される可能性が高いと思います。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ