マナブ式FX完全マスタープログラムってどうなの?
っていろいろな人に聞かれるので、自分なりの見解を書いて見ます。

実際に購入しているわけではありません。
販売ページ、ネット上の情報を参考にしていますので、
間違っていることもあるかもしれません。

あくまでも、参考程度に、ということでお願いします。

※その後、購入してみました。
詳細はレビューページを見てみてください↓
マナブ式FX完全マスタープログラム レビュー

販売ページから得られる情報

マナブ式FX完全マスタープログラム販売ページはこちら↓
http://manabu-shiki.com/manabufx/it/

まず、販売者の斉藤学さんという方は、
トレード実績については、他商材の販売者よりは、信頼性があります。
一番不正がしにくい動画で、トレード履歴が公開されているからです。

ただ、他口座で両建てしたりと、実績はいくらでも作れます。

現状、あまり動画で履歴をだしている販売者はいないので、
あくまでも他商材の販売者と比較すると、実績についての信頼度は高いです。

手法については、海外で有名な「THVシステム」というシステムを使うようです。

このシステムは、無料でも取得できますが、
これに販売者が考えた独自の手法を追加して、トレードしていくようです。

エントリーは無裁量で、システムが教えてくれる、と書いてありますが、
「もちろんこれは裁量トレードですので、買ってその日にというのは無理ですが」
とも書いてあって、矛盾していますね。

決済については、数種類用意されているようなので、
もしかしたら、ここに裁量が入ってくるのかもしれません。

ネット上のサイトから得られる情報

以下、ネット上のサイトからの情報になるので、
間違っていることもあるかもしれません。

参考程度にお願いします。

結論からいうと、おそらく、雲、オシレーター系、移動平均線等の、
様々なテクニカルを複合し、エントリーを判断する手法です。

まず、雲については、一目均衡表にかなり似ています。
若干範囲が狭いですが、これはパラメータでかなり似た表示ができます。

チャート

他インジのと組み合わせで判断するのだと思いますが、
雲を上抜けたら買い、下抜けたら売りエントリーが1つの条件のようです。

あと、coralが上昇しているか、下降しているか
&レートがcoralの上か下か?で売り買いの判断をするようです。

チャート

↑チャートの薄いラインがcoralです。

coralは、移動平均線にかなり近い動きをします。

coralが上昇か下降かで色が変化し、
上昇で且つレートがcoralの上なら買い、
下降で且つレートがcoralの下なら売り、ですね。
ほとんど移動平均線の使い方と同じです。

ちなみに、上昇/下降で移動平均線の色が変わるインジケーターは、
「MA in Color」というインジが、無料でネット上に落ちています。

あと、TRIXというオシレーター系も見るようですね。
たぶん短期線と長期線のクロスでエントリーサインを出す感じだと思います。

おそらく、これらの条件を複合して売買サインを出すものと思います。

ちなみに、これらの情報はYoutube上にPDFが暴露されていました^^;

これで本当に勝てるのか?

これについては、残念ながら使って検証してみないと何ともいえません。

ということで、あまり当てにならなかったかもしれませんが、
手法は、軽く暴露しましたので参考にしてみてください。

ちなみに、自分がこれを買うか?と聞かれると、買いません。

理由は、THVシステムは新しいものの、
肝心のロジックについては、既存のインジケータで、
かなり近い表示をさせることができ、
使い方もほとんど同じだと思うので、目新しいものは、あまりなく、
既に似た商材をもっているからです。

教材名:マナブ式FX完全マスタープログラム
URL:http://manabu-shiki.com/manabufx/it/

今週のFXお得情報

ブログランキングの「サイト紹介文」のところに記載しています↓