カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク レビュー

倍加テクとは?

簡単にいうと、レンジブレイク手法ですね。

ヘッド&ショルダーは、ネックラインを割れると、
ヘッドからネック間だけ動きやすい、というのは有名ですが、
この商材は、これをレンジでもやるみたいです。

方向性はいいかも?

レンジブレイクを狙う場合、大事なのが、上位足の相場環境です。

これは、↓ここでも書いています。
レンジブレイクは初心者は狙うべきでない その2

要は、上位足で、そっちの方向にブレイクしやすい状態なのか?
ということです。

これがわかっていなくて、1つの時間足だけみて、
直近のレンジ帯をブレイクしたからといって、そっちエントリーしても、
勝つ時もあれば負ける時もあり、安定しません。


カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テクのレターを見てみると、
その内容が書かれていたので、方向性はいいかもしれません。

もう、8割以上は上位足の相場環境

個人的に、レンジブレイクを狙う場合、
上位足の環境認識が8割だと思っています。

なので、レターにあるような、

・レンジブレイクのだましが分かる!ローソク足の見方・使い方
・たった2つの条件でトレンドブレイクを見抜く!倍加法の奥義とは
・池辺流トレンドラインの引き方とは?

↑こういった、裏技的な、小手先テクニックは存在しません。

なので、上に上げた、上位足の相場環境の認識の仕方のコンテンツが、
どれだけいいか?に期待したいところです。

類似商材との比較

マエストロFXとの比較

マエストロFXのトレーニング動画にも、
レンジブレイク狙いのトレード動画は、たくさんありますし、
上位足の環境の解説も豊富です。

レンジブレイク手法は、小手先のテクニックなどはなく、
上位足の環境認識が8割です。

ここを考えると、カリスマ主婦のPDF80ページのコンテンツで、
何十時間もあるトレーニング動画を超えることは難しいと思います。

あと、レンジブレイクを狙う場合、
レンジ上下のラインを、強固なラインとして、
大勢のトレーダーが、共通認識しておく必要があります。

5分足とかの短い時間足では、
見ているトレーダーが少ないので、意識されにくいため、
最低でも1時間足以上で、やった方がいいです。

ただ、1時間足のレンジって、そんなに頻繁に存在しないです。
さっくり、多くても週に数回程度だと思うので、
この手法しかなければ、エントリーチャンスはかなり少ないです。

なので、レンジブレイクに特化して学ばないで、
マエストロFXで、もう裁量全部学んだ方がいいです。

FXB-Manualとの比較

似たようなレンジブレイク商材として、FXB-Manualがありますが、
これは、上位足の環境認識としては、
上か下方向に、移動平均線がパーフェクトオーダーになっているか?
しか見ないので、ちょっと根拠が甘いです。

詳細はこちら↓
FXB-Manualで勝てない理由

これと比較すると、カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テクの方が、
レターにも、上位足の環境認識が大事、と書いてあるので、
期待できるかもしれません。

教材名:カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク
URL:http://yukikov.jp/baikaho/

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ