上位足のラインを下位足に自動コピーするインジ

上位足のラインを下位足に自動コピーするインジの紹介です。

事の発端は、下記記事のコメントでのやり取りからです↓
波はテクニカル分析の基本中の基本

一応引用しておきます↓

yasu より:
メタトレーダーでUSDJPYの5分足、15分足、1時間足、4時間足を表示しておりますが、たとえば、4時間足のラインをひいたらほかの表示しているチャートに同時に反映する事ができるインディケーター等はないのでしょうか?

管理人より:
単純に、ラインのコピー&ペーストであれば、http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20091202/1259687215 このサイトの「00-Scr-ObjectCopier_COPY4/PASTE4.mq4 」で可能です。ただ、自分は使っていません。理由は、自分は波をトレンドラインで描いているので、これもコピーしてしまう点と、あとコピー&ペーストを繰り返すと、ラインが2重、3重、4重となり、消すのに苦労するからです。ちなみに、コピー&ペーストではなく、自動反映ということでしたら、上記サイトの冒頭のやり方で可能です。ただ、これも現在使っていません。理由は、日足に引いたラインを4時間足には自動反映できるが、そのラインを1時間足には反映できない、つまり、自動反映できるのが1枚のみだったからだと思います。

すけぞー より:
メタトレーダーのライン自動コピーの件ですが、メタトレーダー5のインジならありますよ。自分は特殊なインジは使わないのでMT4ではなく、上位足から下位足にラインの自動コピーができるMT5をつかっています。インジは有料で3,000円だったかな?有料だったのでリンクはのせませんが、一度使って慣れるともうMT4には戻れません(笑)

他にも、問合せから情報をいただき、
現時点で、2つの商材が存在しているようですので、
それぞれの特徴をまとめておきます。

①【MT5 裁量トレード支援インジ⑤】 アラート付き ライン自動COPYインジ
URL:http://www.dlmarket.jp/products/detail/212621

②MT5用インジケータ【ラインオートコピー】
URL:http://www.dlmarket.jp/products/detail/214013

両者のメリット/デメリット

①と②の基本的な機能
・どちらとも、使うのはMT5
・上位足で引いたラインを、下位足に自動コピーできる(複数チャート可能)

①と②の違うところ
・①は、ラインの移動や削除が、上位足でしかできないが、
 ②は、上位足、下位足問わず、双方向で移動や削除が可能
・①は、引いたラインを全て下位足へコピーするが、
 ②は、コピーするorしないの選択が可能
・①は、ラインにタッチでアラートを出すことが可能だが、
 ②は、アラートを出す機能はない
・①は、線の色がプロパティで変わらなくなり、
 設定登録インジInitializeに設定した色で固定されるが、
 ②は、プロパティで通常通り変更可能
・動画を見る限りでは、①は、若干動作が重そうだが、
 ②は、サクサク動いていそう

①のメリットとしては、標準機能でラインタッチで、
アラートを出す機能がある、という点だと思います。
後述しますが、②にラインタッチでアラート機能をつけようと思えば、
別料金になります。

その他は、②の方が、優れていそうです。

また、①の方は、設定登録インジInitializeという概念が加わるため、
これが、ちょっと面倒な印象です。
できるだけ、新しいことは学びたくありません。

参考までに、自分は、どっちを選んだか?

自分は波も、トレンドラインで描くため、これもコピーされてしまうと、
下位足に、上位足の波もコピーされてしまい、見にくくなってしまうので、
コピーするorしないの選択ができないのなら、
もう自動コピーツールは、使わない、という選択になります。
よって、その時点で①を使うことはありません。

※波を描かない人は、この限りではなく、①を選ぶという選択肢もあると思います。

ちなみに、②の販売ページには、コピーするorしないの選択が可能
という説明はありません。自分で問い合わせました。

動画を撮ってもらいました↓

②のデメリットとして、ラインタッチでアラートを出す機能がありません。

現状、ラインタッチでアラートを出す、マジカルタッチを使っているのですが、
ライントレードをやっている自分にとって、これは、とてもありがたいツールで、
これを導入し、チャートを監視する時間が、かなり少なくなったので、
マジカルタッチを消してまで、自動コピーインジを入れたい、とは思いません。
(自動コピーインジは、MT5なので、マジカルタッチは使えなくなる)

で、このことを販売者に言ったところ、
過去にラインタッチでアラートを出すインジを作っていたので、
それを販売してもいい、という回答がありました。

そのインジが↓です
③MT5インジケーター ラインブレイクでアラート
URL:http://appli64.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

ただ、これも、マジカルタッチに比べると、使い勝手が悪いです。

というのは、ラインに上限/下限の概念があり、
上限ラインは、レートが下側からタッチでしかアラートを出さず、
下限ラインは、レートが上側からタッチでしかアラートを出しません。

つまり、レジスタンスがサポートに切り替わっての再上昇みたいなパターンの場合、
まずレジスタンスに、上側ラインを引いておき、
その後、レジスタンスを上抜けた⇒サポートとして使う場合、
下側ラインに変更しなければいけません。

マジカルタッチは、上限/下限の概念はなく、
引いたラインにタッチでアラートを出すため、
この変更の手間はありません。

で、販売者に、なぜ上限/下限の概念をつけたのか?無意味では?
と尋ねたところ、「かなり昔に作ったので」という回答でした。
で、できそうであれば、上限/下限の概念を無しにした改良バージョンを、
購入者の方には、無料配布するかもしれない、ということでした。

ただ、若干使い勝手が悪いだけであって、
上位足のラインが自動コピーされるというメリットを考えると、
乗り換える価値があると判断したので、自分は②+③という選択をしました。

—————————–※11月18日更新———————————

③MT5インジケーター ラインブレイクでアラートの改良版が完成したそうです。
購入者には無料で配布されるようです。

上限/下限の概念がなくなり、
引いたラインにタッチでアラート&メール送信ができます。

使い勝手としては、マジカルタッチと比較した場合、
マジカルタッチが、
1.ツールバーの水平線をクリック
2.アラートを出したレートにラインを移動させる
3.ラインの名前を、MT○に変更する
という手間に対し、

③MT5インジケーター ラインブレイクでアラートの方は、
1.チャート左上の「Alert」ボタンをクリック
2.アラートを出したレートにラインを移動させる
という手間なので、マジカルタッチの3の動作がない分、
若干後者の方が使い勝手がいいです。

PS.
TAMURA式・1分足トレード法ですが、
「要望が多ければ、後々購入してみます。」
と記載していましたが、購入はしないことにしました。

レビュー/検証を期待されていた方、すみません。

また、実際に購入され、情報をくださった方、
ありがとうございました。