FX最強チャート GMMAの真実 レビュー

AMAZONの為替ジャンルで、けっこう長い期間、
ベストセラーランキングで上位をキープしている書籍です。

GMMAとは?

GMMAとは、Guppy Multiple Moving Averageの頭文字をとったもので、
直訳すると「グピィーの複合型移動平均線」(グピィーは、開発者の名前)です。

手法としては、名前の通り、複数期間の指数平滑移動平均線(EMA)
を表示させ、これらの形状からトレードを行うものです。

具体的には、複数期間のEMAというのは、下記のものを使います。

短期組:3,5,8,10,12,15期間→水色線
長期組:30,35,40,45,50,60期間→ピンク線

チャートはこんな感じ↓クリックで拡大※ユーロドル日足

                    
トレードスタイルとしてはトレンドフォローで、
今がトレンド相場なのか?を長期組のEMAの角度で判断し、
角度がついていれば、トレンド相場と判断。

短期組の流れが、トレンドの方向と同調する瞬間を
エントリータイミングとします。

さらに、おのおのの線の間隔が拡散している場合は、
トレンドが加速している状態で、エントリー良好。
線の間隔が縮小している場合は、トレンドが失速中で、
順張り手法としては、エントリーは好ましくないと判断します。

長期組のEMAの角度がない場合はレンジと判断し、
エントリーはなしとなります。

チャートでいうとこんな感じ↓クリックで拡大

初心者の方へのみ、おすすめできそう

トレンドフォロースタイルなので、
移動平均線の角度がないレンジではエントリーせず、
移動平均線の角度があるトレンド時のみ、
短期的な振幅も考慮してエントリーする、という手法で、
ある程度は再現性のあるトレードができそうです。

ただし、これは、これからFXを始める、みたいな、
初心者の方向けになると思います。

中級者、上級者については、このチャートはまず使わないでしょう。
こんなにラインがたくさんあっては、
レジスタンス、サポートライン、ボリンジャーバンドあたりが、
見にくすぎるからです。

これはいつも書いていることですが、
やはりインディケータメインのトレードでは、どうしても判断が遅れます。
インディケータは、いつかは卒業すべきです。

例えば上のチャートの場合、
ピンク線が21期間の移動平均線ですが、
これで下降トレンド後の上昇トレンドを判断しようとすると、
上昇が確認できるのは、①あたり以降になると思います。

これが、チャート自体から売り買いの勢力が判断できるようになると、
もっと早期にトレンド転換を予測することができます。

上チャートだと、②にて安値が切り上がり、
③にて高値も切り上がったため、
これでダウ理論でいうところの上昇トレンド転換です。

その後、黄色ラインにて下値が重そうなら、
このもみあいを上抜けた④あたりでロングできるわけです。

2個上のGMMA手法でのエントリーポイントを見ても、
エントリーが若干遅く、もうトレンドの終盤でエントリー
しちゃってるのがわかると思います。

トレンドの継続が長ければ、これでも十分勝てるんですけどね。。

あと、もし、これを入門者として始める場合、
ライントレードの概念が一切出てこないので、
これは別途学ぶ必要があると思います。

あと、自分はもうこの本は読まないので、
中古でよければ送料のみ払っていただければ、定形外にて発送しますので、
問い合わせよりご連絡ください。

先着1名様のみで、該当者以外の方への連絡は
割愛させて頂きますので、宜しくお願い致します。

One Response to “FX最強チャート GMMAの真実 レビュー”

  1. 管理人 says:

    先着1名様の本送付の件、終了しました。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ