FXテクニカルアドバンス レビュー

商材名:FXテクニカルアドバンス
URL:http://zonestyle.co.jp/lp/fxta/

井手慶之さんの裁量商材です。

今回は、商材は買っていないので、レターを見た上でのレビューです。

井手慶之さんというと、以前に井手式7daysFXという商材を販売されていました。

上記商材は、基礎は学べるが、実践例が少なすぎであるため、
これだけで勝てるようになるのは難しい、とレビューしていたと思います。

FXテクニカルアドバンスは、レターを見る限りでは、実践メインの商材のようです。

個人的に、商材でFXを習得しようと思えば、
教科書+実践例のセットが必要だと思っています。

教科書だけあっても、実践例がないと習得できないし、
実践例だけあっても、基礎がわかっていないと実践のしようがありません。

つまり、教科書で基礎を学んだ上で、実践する、
実践して不明点があれば、サポートで解決し、習得していくものです。

なので、井手さんの商材は、井手式7daysFXは実践例が欠けているし、
FXテクニカルアドバンスは教科書が欠けているしで、
どちらか一方が欠けてしまっているなぁという印象です。

ただ、FXテクニカルアドバンスの方は、中身を確認していないので、
もしかしたら、リアルタイム分析、相場解説動画等で、
基礎の解説もあるのかもしれません。

ただ、もし、それがあったとしても、基礎は基礎として、例えば
①波の描き方→②その波を使ってダウの判断の仕方→③ラインの引き方、
みたいな感じで、順を追って教科書を別途作ってくれた方が、
習得はしやすいのではないかと思います。

頻度が不明なので、判断ができない

・スカイプ面談
・リアルタイム分析セミナー
・今日の記事
・相場解説動画

この商材のコンテンツとしては、上記が上げられていますが、
このうち、頻度が書いてあるのは、スカイプ面談のみです。

レターを見る限りでは、基礎内容をまとめた教科書はないようなので、
上記実践コンテンツ内で、基礎まで解説しようと思えば、
かなりの頻度で実施してくれないと、習得は難しいと思います。

相場解説動画や、今日の記事が、毎日配布されるのであれば、
月額1万5千円でも、購入してみる価値はあると思います。

一方で、これらが、もし週に1回程度の頻度なら、
自分は、まず買わないと思います。

スカイプ面談についても、毎日面談してくれるのであれば、
20万~30万円とかでも払う価値があると思いますが、
今回のように、月に1回という頻度では、たとえ1万5千円であっても高いです。

つまり、「頻度」で雲泥の差があるわけです。

そして、その頻度の記載がレター内にないため、
このレターでは、買いか?を判断することはできないと思います。

内容は良さそう

トレード手法としては、
複数時間足で、ダウ、ライン、フィボ、オシレーター系テクニカル
を使ってのトレードです。

レターにあるサンプルです↓

複数時間足を見ての王道の裁量トレードで、
内容としては、いいと思います。

欲を言えば、個人的には、オシレーター系はいらないので、
移送平均線とボリバンがほしかったです。

フィボを使った特殊なトレード手法は存在しない

昨日、下記のようなコメントをいただいたのですが↓

(購入前の)お分かりになる範囲で結構ですので、検証していただければ幸いです。こちらもフィボナッチを使用するようですので、FXリベンジャーズとのからみで興味津々です。

まず、「フィボナッチを使った特殊な手法」みたいなものは、存在しません。

もし、存在していたとしても、FXが、多数決の原理で動いている以上、
大多数が知らない時点で、優位性は低いといえます。

高値安値を結んで、未来を予測する、みたいな手法もありますが、
それは少数派の手法である時点で、優位性が低いです。

よって、フィボナッチについて言えるのは、
フィボナッチに対する個人的な考え方で書いた通り、
「戻しの「候補」を出してくれるツール」ということのみであり、
それ以上のことは何もありません。

よって、フィボナッチを使った手法を求めて商材を買う、
というのは、賢い選択とは言えません。

井手式7daysFXでもフィボの解説はありますが、
○○%戻しのポイントで、下位時間軸に落とし込んだり、
○○%戻しのポイントで、他テクニカルの根拠も合わせて判断したりで、
やはり戻しの「候補」を見る以外の使い方はありません。

今回も内容は、おそらく同じだと思います。

それ以上のものは存在しないですし、
もし仮にあったとしても、使えないと思います。