FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX レビュー

どんな教材?

王道的な裁量トレードが学べる、PDF冊子教材です。
下記2部構成となっています。

入門・基礎マニュアル・・・129ページ

第1章 FXとは?(各通貨特徴、専業トレーダーと兼業トレーダーの境目、
   FXと他の投資との違い、稼ぐ目的)
第2章 テクニカル分析(移動平均線、ボリンジャーバンド、
   支持線と抵抗線、トレンドライン、テクニカル3分割)
第3章 チャートパターン分析(レンジブレイク、窓あけ他)   
第4章 ファンダメンタル分析(米雇用統計、日経平均、NYダウ)
第5章 メンタル(メンタルが弱い人の損きり、心弱い人の利益確定対策)
第6章 資金管理(2%ルール、複利とは)

実践マニュアル・・・212ページ

第1章 レベルの測り方 今あなたはどのレベル?
第2章 テクニカル(トレンドライン、移動平均線、EMAの
   基本的な使い方、ボリンジャーバンド、バンドウォーク、
   スローストキャスティクス、ほか)
第3章 テクニカルエッジ(新高値、新安値の信頼性、
   V字パターン、窓、テクニカルツールのポイント)
第4章 ファンダメンタル(アノマリー、経済指標、金利、介入他)
第5章 心理学(自分を知り師匠との違いを知る、
   性格がトレードに与える影響、富保有意識、
   自分の行動心理分析、恐怖、不安の力、真似する力、ほか)
第6章 資金管理(枚数と損切り幅、売買回数を減らす、ほか)
第7章 タイムエッジ(ト勝率の高い時間を探る、
   時間足をコロコロ変える、ほか)

類似教材との比較

やはりPDF教材ということで、
わかりやすさ、コンテンツボリュームという観点から、
佐野さんの動画教材、Maestro FXには、かないません。

例えば、トレンドラインの解説ひとつ比較してみても、

この教材は、実際にチャートに、トレンドラインを
引いた画像が1枚添付されているだけのワンパターンですが、

Maestro FXの方は、サポート動画を含めると、
稼動中のチャートに、何百回もトレンドラインを引いて、
その時々で、このラインをどう使うか?が解説されているわけです。

後者の方が、実際のトレードに活かせるのは、言うまでもありません。

とはいっても、一概に冊子だからダメ、ということではなく、
例えば、冊子教材のパリス昼豚の5万円FXなんかは、
動画に比べて、要点だけを短時間で学ぶことができ、
さらに復習がしやすい、というメリットもあります。

ですが、この教材については、無駄な部分も多く、
上記のような冊子のメリットもありません。

例えば、入門・基礎マニュアルの、専業トレーダーと兼業トレーダーの境目、
FXと他の投資との違い、稼ぐ目的、とか、
実践マニュアルの、レベルの測り方 今あなたはどのレベル?
自分を知り師匠との違いを知る、とか どうでもいいですよね・・・

FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX

FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX

こんなのは、数万円もする情報商材でなくても、
数百円の一般書籍でも書いている内容ですし、
そもそもFXで稼ぐにあたり、この知識自体が不要です。

よって、現時点では、裁量教材としては、下記の二択になるかと思います。
・時間はかかってもいいので、裁量を徹底的に学ぶ→Maestro FX
・短時間で要点だけを学ぶ→パリス昼豚の5万円FX

評価

PDF冊子340ページもあるが、全体の内容の8割は無駄というか、
一般書籍にも書いてあるようなレベル。
評価

商品名:FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX
URL:http://nextlevel-fx.com/nextlevelfx/indextoptop.html

“FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX レビュー” への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    竹井さん自身が知ってることや、どこかに書かれていることをたくさん書いてページ数を増やしている感じですよね。肝心の手法は当たり障りのないことをあいまいに書いているだけで、その手法も最後の方にちょこっと出てきて、チャートの後付け説明をされるだけじゃ勝てないように思えます。
    竹井さんは最近では月額制会員ビジネスの方に熱心みたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ