マナブ式FX完全マスタープログラムのコツ

いま、マナブ式FX完全マスタープログラム
実践者2人の方とやりとりしているのですが、
これ けっこう相場状況に合わせて、使い分けが必要で
初心者の方がやると、難しいようです。



販売ページには、上記のように書いてますが、
そう簡単には いかないようです。

ちなみに、音と色でエントリーポイントがわかる、というのは、
マナブ式の手法のエントリー条件が揃った時にサインを出すんじゃなくて、
単にTHVシステムで、Trixがクロスした時とかに、音が出るだけですからね。

THVシステムは、無料でダウンロードできるので、
この商材を買わなくても、このサインはわかります。

こんな誰でも無料でダウンロードできるシステムのサインに従って勝てるなら、
みんなやるでしょうし、みんな億万長者ですね。

で、具体的にどのようなとこで悩んでいるのか?というと、
手法が暴露できないので、ざっくりになりますが、下記内容になります。

①マルチタイムフレーム分析
この商材は、エントリーの際、複数時間足の状況を確認します。
これが一番難しいようですね。

5分足ではいけるけど、15分足では微妙。30分足はいけるかな~
みたいな感じで、判断が難しい場合があります。

②coralの方向に従うか?
一応手法的には、coralの向きにエントリーするようになっていますが、
ケースステディとして、coralの向きに従わない方がいい状況もあり、
この使い分けが難しいようです。

チャート

例えば上記8月29日の検証結果のように、
手法的には、白丸印のところで買いでエントリーするところを、
相場の圧力が強いと、売りで逆張りします。

こんな感じで、けっこう裁量判断が必要なので、
もし購入するなら、サインツールとしてではなく、
裁量を補助するツールとして購入した方がいいです。

勝ちやすいポイントと負けやすいポイント

マナブ式は暴露できないので、
それ以外で自分が気をつけているところを紹介します。

ボリンジャーバンド&サポート/レジスタンスラインから切り替えしてきて、
マナブ式の条件が揃ったポイントは、かなり勝率が高いです。

例えば、先週の豪ドル/米ドルの8月30日22時15分のポイント。

チャートは豪ドル/米ドルの5分足です↓クリックで拡大

白ラインのところで、マナブ式のエントリー条件が整っていますが、
ここで上位足の30分足を見てみます。

チャートは豪ドル/米ドルの30分足です↓クリックで拡大

30分足を見ると、黄色ラインが、直近のサポートラインが
レジスタンスラインに切り替わり、
ここから反発下降していることがわかります。

さらに、ボリンジャーバンド+3σも効いています。

このように、マナブ式の条件に加えて、
ボリンジャーバンドや、各種ラインも効いている時だけ、
自分はエントリーするようにしています。

ただ、これによりエントリーチャンスは、かなり減ります。

それでも、他にロジックを持っているため、
マナブ式は2~3日に1回エントリーできれば十分です。

勝率の高いポイントではエントリーせず、
勝率の最も高いポイントでロットを上げてエントリーした方がいいです。

ちなみにスカイプサポートでは、このようなアドバイスをしています。

次に負けポイントの解説です。

この手法は、押し目買いを狙う手法ですが、
徐々に押し目をつけながら上げるパターンならいいのですが、
押し目がなく、勢い強く、一気に上げた後にマナブ式の条件が揃った場合、
もうそこは、勢いが沈静化してしまっているので、負けやすいです。

例えば先週のユーロドル8月31日23時25分の矢印のポイントです。

チャートはユーロドル5分足です↓クリックで拡大

勢いのある相場だと、恋スキャFXの高速スキャルみたいなロジックで、
黄色丸のところで順張りする方が絶対いいです。

前にも言いましたが、個人的にこのエントリーが一番勝率が高く、
かなりロットを上げてエントリーしています。

マナブ式FX完全マスタープログラムのレビューはこちら↓
マナブ式FX完全マスタープログラム レビュー記事へ

今週のFXお得情報

ブログランキングの「サイト紹介文」のところに記載しています↓

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ