【関野式】恋スキャフリートレード~関野典良パッケージvol.2~

恋スキャFXを購入後、追加でオファーされる、
リアルタイムメルマガ(月額4980円)の
2013年1月~5月分のメールと動画
+特典動画が3本追加されパッケージ化された商材です。

具体的には、
・2013年1月24日~5月1日までのメルマガバックナンバー全67通
・動画講座 全14回 収録時間6時間52分
・特典動画 3本 収録時間 40分
という内容です。

価格は19800円です。

リアルタイムメルマガだと月額4980円×5ヶ月=24900円なので、
パッケージの方が、お得だと思います。

サポートの関係で、
9月6日(金)25時59分までの限定公開ととのことですが、
これは、いつもの販売手法だと思います。

関野さんのメルマガパッケージは、他にも過去に下記2つが出ています↓
【vol.4】関野典良パッケージ・・・19800円
【vol.6】Wトップトレーダーパッケージ・・・19800円

目次&レビュー

メルマガバックナンバーについては、
日足、4時間足等の背景がないので、根拠が弱いため、
レビューは割愛し、動画のみについてレビューします。

これを見ると、短期足のみを見てのトレードでも、
簡単に勝てているように思いますが、
これは、後から見たチャートでエントリーポイントを解説しているからです。

後から見たチャートでなら、誰でも勝てます。

実際は、そう簡単に勝てるわけではないので、
デイトレードをやるにしても、日足、4時間足等の背景分析は必須です。

■2013年1月30日配信
関野さんがトレーダーとして伝えたいこと
収録時間:5分

今後、どのような動画を撮っていきたいか?について、
FX-Jin氏、関野さんが、雑談みたいな感じで話している動画です。

とくに勉強になるようなことはないので、スキップでいいと思います。

■2013年2月6日配信
長い時間足で値動きを読み解くポイント
収録時間:24分

高値、安値を見つけ出し、
今が上昇トレンド中なのか?下降トレンド中なのか?
を判断する方法の解説です。

マルチタイムフレーム分析についても、
さわり程度に触れられています。

■2013年2月13日配信
具体的なエントリーポイントと、損切りラインとは
収録時間:37分

ダウ理論のみを根拠に、どこでエントリーできるか?の解説です。

過去チャートを使い、単一時間足のみを使った解説です。

■2013年2月20日配信
あなたの資金を守るための【関野式】資金管理方法とは
収録時間:25分

過去チャートを使い、損切りラインを設定し、
その時のロット数の計算方法を実践して解説されています。

下記内容です↓
資金管理の方法

■2013年2月27日配信
恋スキャロジックに関野式のトレンドフォロー理論を当てはめて利益率をアップさせる
収録時間:36分

長期足で上昇トレンドの時に、
短期足に落とし込み、レンジ下限から買う(売りの場合は逆)という、
レンジ対応ロジックに背景を追加した、関野さんの手法の解説です。

ただ、「恋スキャロジックに関野式のトレンドフォロー理論を当てはめて」
と言われても、個人的には、上位足を見ることは、当たり前なので、
関野さんは、ごく普通のマルチタイムフレーム分析をされているだけであって、
何も特殊なトレードをされているわけではありません。

単一時間足しか見ないレンジ対応ロジックの方が、
根拠が弱いトレードをしているだけの話だと思います。

トレード動画ではなく、過去チャートを使っての基礎講座です。

■2013年3月6日配信
恋スキャロジックに関野式のトレンドフォロー理論を当てはめて利益率をアップさせる
収録時間:38分

引き続き、上位足を見た上で、
上位足のトレンドの方向へ、短期足にてレンジ対応ロジックを使って
エントリーする手法の解説です。

トレード動画ではなく、過去チャートを使っての基礎講座です。

■2013年3月13日配信
恋スキャロジックに関野式のトレンドフォロー理論を当てはめて利益率をアップさせる
収録時間:19分

日足、4時間足、1時間足を見た上で、15分足を執行時間足としてトレードで、
大多数が苦手としているマルチタイムフレーム分析の実践例として、
けっこう勉強になると思います。

今回は、日足、4時間足のトレンドに逆張りで、
日足、4時間足の戻し自体に乗ったトレード動画です。

■2013年3月20日配信
先週の週刊動画の解説+15分足を使って短期でトレードする関野式リアルトレード
収録時間:29分

前半の6分は、関野さんによる、3月13日の関野さんのトレードの解説です。
重複コンテンツで、何の意味があるのか?がよくわかりません。

後半は、窓埋めのみを根拠にしたトレード動画で、
個人的には、エントリーの根拠が弱いかなと感じました。
実際、今週のドル円も、窓は埋めなかったですね。

ただ、それ以前の関野さんのトレードの解説もあり、
ここは、勉強になると思います。

■2013年3月27日配信
FX-Jinも学習したい、最速で資金を増やせる関野式トレードルールとは
収録時間:28分

FX-Jin氏による、3月13日、3月20日の関野さんのトレードの解説です。

基本的には、関野さんの解説と同じで、
重複コンテンツであり、重要度は低いと思います。

■2013年4月3日配信
FX-Jinも学習したい、最速で資金を増やせる“関野式トレードルール”とは
収録時間:29分

3月13日は、日足、4時間足に逆張りのトレードで、
3月20日は、窓埋めのみを根拠としたトレードでしたが、

今回のトレードは、日足、4時間足のトレンドの方向へ、
短期足でレンジ逆張りでエントリーする、という、
レンジ対応ロジックにトレンドフォローを融合させた、
関野さんの手法を使ったトレード動画です。

今回は、短期足のトレンドが継続したため、損切りとなっていますが、
エントリーの根拠の解説は、とても勉強になると思います。

■2013年4月10日配信
相場の壁を見抜き、有効なサポート・レジスタンスを引いて良いエントリーポイントを探す
収録時間:36分

強固なラインの見極め方の解説です。

結局は、「経験値をためよう」という結論ですが、
確かに、その通りだなぁと思います。

複数時間足の使い方の解説もけっこうあり、勉強になります。

■2013年4月17日配信
関野氏はなぜ専業トレーダーになろうと思えたのか
収録時間:27分

関野さんが、なぜ専業になろうと思ったのか?を述べられています。

関野さんについて知りたい方は、興味のある内容だと思いますが、
トレードについて勉強したければ、スキップでいいと思います。

■2013年4月24日配信
最後の出演まであと少し!関野氏とFX-Jinによるリアル相場解説
収録時間:41分

関野さん、FX-Jin氏による対談です。

背景を見て、上位足の方向へ、短期足でレンジ逆張りでエントリーし、
長期保有する、関野さんのトレードスタイルと、
単一時間足のみをみて、レンジ逆張りでエントリーし、
ボリバンセンターで早期に利食うFX-Jin氏のスタイルについて対談されています。

また、オシレーター系テクニカルを使った、
純粋なレンジ対応ロジックを使った場合のトレード例の解説もありますが、
インジケーターで勝てない理由でも書いている通り、
インジでは勝てないと思っているので、
個人的には、あまり参考になりませんでした。

■2013年5月1日配信
FX-Jinと関野氏のトレード対談
収録時間:34分

引き続き、関野さん、FX-Jin氏による対談です。

あまり参考にならなさそうだったので、全部見ていません^^;

■特典動画1「関野流・鉄板チャートパターンを大公開!」
収録時間:17分

長期がレジスタンスがサポートに切り替わって再上昇というポイントで、
短期でも長期の押しの下降トレンドが終了し、
上昇トレンド転換したポイントでの買い、
という、ありふれた内容です。

■特典動画2「ホワイトボードで徹底解説!関野氏の高勝率トレードルール」
収録時間:14分

メルマガ動画で解説してあった、
日足、4時間足のトレンドの方向へ、
短期足でレンジ逆張りでエントリーする、という、
レンジ対応ロジックにトレンドフォローを融合させた手法を、
ホワイトボードで解説してあります。

復習という意味では、いい動画だと思います。

■特典動画3「関野氏がトレードをする上で大切にしているマインドとは?」
収録時間:8分

資金管理が大切である、という、いつもの内容です。

類似商材との比較

【vol.4】関野典良パッケージ・・・19800円
【vol.6】Wトップトレーダーパッケージ・・・19800円
過去の恋スキャメルマガパッケージ上記2商材との比較については、
長期足のトレンドの方向へ、短期足でレンジ逆張りでエントリーする、
という手法であり、手法としては、変わりはありません。

コンテンツボリュームとしては、
関野典良パッケージの実質コンテンツは150分(トレード数7回)、
Wトップトレーダーパッケージの実質コンテンツは209分(トレード数9回)
とレビューしていました。

今回のパッケージでは、トレード回数は3回と、かなり少なかったですが、
過去チャートを使って、どこでエントリーできるか?
また、過去の関野さんの過去のトレード履歴を使っての解説があり、
この点で、不足分は補えていると思います。

コンテンツボリュームとしては、
無駄な内容を除いた実質コンテンツとしては、
2013年2月6日配信分の24分、
2013年2月13日配信分の37分、
2013年2月20日配信分の25分、
2013年2月27日配信分の36分、
2013年3月6日配信分の38分、
2013年3月13日配信分の19分、
2013年3月20日配信分の29分、
2013年4月3日配信分の29分、
2013年4月10日配信分の36分、
で、合計270分であり、多少増えているかな?という印象です。

以前のパッケージは、
「関野さんのトレードを、FX-Jin氏が解説」
みたいな、意味が分からないコンテンツも多かったですが、
今回は、そういう無駄な内容が減っていて、
必要最低限の動画に集約されており、
勉強時間の短縮にも繋がるという点では、
今回の商材の方が、いいかもしれません。

あと、トレンドハンターFXとの比較ですが、
まず、トレハンロジックと比較した場合、
明らかに、メルマガパッケージの手法の方が勝てます。

トレハンロジックは、単純にMAのクロスでエントリーするだけなので、
トレンド相場では勝てますが、レンジ相場では負けまくります。
FXは、ロジックで勝てるほど簡単ではありません。

トレハンFXのバックエンド商材の
eラーニング・スクールとの比較は、
eラーニング・スクールが、まだ、ダウの見方、ラインの引き方、資金管理法など、
基本的な内容なので、比較ができません。

今後、複数時間足を使ったトレード手法の解説になると思いますが、
ここまでくれば、メルマガパッケージと同等の解説がされると思います。

現時点でのeラーニング・スクールのコンテンツと比較した場合、
明らかに、メルマガパッケージの方が、濃いです。

やはり、大多数が苦手としているのが、複数時間足を使ったトレードなので、
eラーニング・スクールでも、早く、この内容へ進んでほしいです。

コンテンツボリュームに対して高額だが、質は高い

メルマガパッケージは、以前からレビューしている通り、
コンテンツボリュームに対して、値段がかなり高額です。

今回も、270分で2万円なので、やはり高額です。

ただ、コンテンツの質は高いです。

なので、お金に余裕がある方は、検討されてもいいと思います。

恋スキャFX レビュー記事へ

恋スキャFX カテゴリー一覧へ

6 Responses to “【関野式】恋スキャフリートレード~関野典良パッケージvol.2~”

  1. としき says:

    お世話になります。

    素早い対応ありがとうございます。
    的確な検証ありがとうございます。

    「コンテンツボリュームに対して高額だが、質は高い」。管理人さんの詳細な検証を読んで内容が分かったので、お金に余裕がないため購入しません。

    私の手元には管理人さんのブログ(特典動画含む)、マエストロFX、海沼さんのブログと優良教材が揃っているため十分です。
    これらの教材から基礎的なことと複数時間軸を使った考え方を学び、豊富に提供されている実践例から理解を深めてきました。

    現状はFT2でのアウトプットに比重を置きつつも常に教材に立ち返り、やらなければいけないこととやってはいけないことを肝に銘じています。

    継続して勝つための最強手法は一つしかありません。圧倒的な作業量で身に付けます。

  2. 管理人 says:

    としきさん

    5千円くらいであれば、おすすめ商材として紹介するんですけどね。

    まぁ、金額だけではないと思いますが、5時間弱の動画で2万円というのは、他商材と比較すると、やはりかなり高額だと思います。

  3. A says:

    管理人 様

    早速詳細なレビューをしていただき、ありがとうございました。
    新パッケージのみならず、過去のパッケージとの比較や、トレハン本体・スクールとの比較までしていただき、大変参考になりました。

    新パッケージで紹介されるトレード回数が大幅に減っているのが悩みどころですね。1パターンにつき最低2つくらいは見せていただきたいものです。

    購入するかどうか、まだ、迷っています。

    いずれにしましても、いつもながら、かゆいところに手が届くレビューをしていただき、ありがとうございました。

  4. 鳥塚 says:

    関係ないですが
    関野さん
    痩せてイケメンになってますね(;゜0゜)

  5. 管理人 says:

    Aさん

    そうですね。とくに恋スキャFXにトレンドフォローを融合させたトレードは、1回しかなかったので、ここをもっと提供してほしかったです。対談とかはいらないので^^;

  6. 管理人 says:

    鳥塚さん

    ですよね!普通にかっこよくなってますね笑

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ