今日は、昼過ぎに起床し、
それから今まで、ほぼノンストップでスカイプサポートしていました。

普段働かれている方は、この連休が勉強のチャンスですね。

頑張られている方が多かったので、自分も頑張りました。

で、勝てない方に共通している部分は何か?を考えると、
みんな手法ばかりに目がいき、上位足の環境認識をおろそかにされていたり、
全くやっていない方もおられました。

まぁ、恋スキャFXが、そこまで触れられていないので、
仕方ないといえば仕方ないのですが。

でも、上位足の環境認識がないと、絶対に安定して勝てないです。

例えば、直近のユーロドル。

チャートはユーロドルの4時間足です↓

5分足で高速スキャルを狙うとして、その上位足の4時間足を見ると、
赤丸部ですが、上位足でそもそもトレンドが出にくい状態なので、
トレンドの途中から入っていく高速スキャルでは、かなり不利で、
大きくもとれないし、エントリー後に逆行もされやすいです。

こういう相場は、ある程度強固なラインにひきつけて、
逆張りぎみにエントリーする相場です。

一方で、黄色丸部は、トレンド相場で、こういうところで上記思考で、
サポートラインが作られるのを待っていては、おいて行かれます。

なので、高速スキャルで、トレンドの途中から入る必要があるわけです。

よく、恋スキャFXのセミナーのチャットで、
自分はレンジ対応ロジックを使っています、とか、
高速スキャルが得意です、と書き込まれる方がいますが、
これは間違いで、上位足の環境に応じて使い分けるのが正解です。

まぁ、レンジ対応ロジックを上位足がレンジ相場の時だけ使う、
高速スキャルを上位足がトレンド相場の時だけ使う、ならいいですが、
そうなると、直近のユーロドルなんて、もう10日ほど
高速スキャルを使う場面はないですからね。現実的ではありません。

そう考えると、やはり使い分けが重要になってきます。

じゃあ、上位足がトレンドかレンジか、をどう判断すればいいのか?
ですが、一番重要なのが、高値安値の切り上げ、切り下げです。

さっきのユーロドル4時間足を時系列順に説明すると、
まず①で高値を切り上げます。
これで、下降トレンドが崩れます。

次に②で安値を切り上げたため、ここで上昇トレンド転換。

ここから、上昇トレンド継続で、
この区間は、高速スキャルを使える区間です。

もちろん小休止している時もあるので、
レンジ対応ロジックで買ってもOKです。

次に③にて高値を切り上げることができなかったため、
この時点で、高速スキャルを使うのは様子見となり、

④にて安値を更新した時点で、上昇トレンドが崩れたため、
高速スキャルは使用中止し、1.31553を背にした逆張りで
エントリーを狙う相場になります。

難しければ、最初はインディケータに頼ってもいいと思います。

でも、それだと判断が若干遅れます。

移動平均線の角度で判断するとすると、
②では、移動平均線は水平なので、
上昇トレンド転換とは把握できていません。

また、④でも、まだ移動平均線は右肩上がりなので、
ここでも、まだ上昇トレンドであると認識してしまいます。

こちらでも詳しく書いていますが、
いつかはインディケータメインのトレードは、卒業すべきです。

恋スキャFX レビュー記事へ

恋スキャFX カテゴリー一覧へ

PS.
オンラインセミナーで好評だったSTAに入会してみます。
レビューは年明けになると思います。

PPS.
ゴルスパ1分バイナリーの検証依頼が数件きていますが、
これに興味をもっている時点で、
販売者、アフィリエイターのいいカモだと思います。。。

PPPS.
2012年の記事更新はこれが最後になると思います。
帰省される方は、お気をつけて。
それではよいお年を~