高速スキャルを使うコツ

恋スキャFXのサポートをやっていて、
ちょっとその思考はやばいかな、
って質問があったので、シェアしておきます。

直近のユーロドル1時間足です↓クリックで拡大

質問の内容は、例えば上みたいなチャートで、
下降トレンドで高速スキャルで売りを使う場合、

①のようなポイントで、上値が重いかな?
と思われるところで、逆張りぎみに入った方がいいのか?

安値切り上げラインを引き、
それを下抜けた②で入った方がいいのか?

直近のもみあいを下抜けた、③で入った方がいいのか?
という質問です。

で、回答ですが、自分はこれを上昇トレンドで買いを狙う時と、
下降トレンドで売りを狙う時で、使い分けています。

というのは、上昇トレンドは、波形を描きながら形成していくのに対し、
下降トレンドは、いっきに落ちるからです。

これを考えると、下降トレンドの場合、
ある程度、再下降が確認できた後の段階の、
②、③から入っても、ぜんぜん遅くないので、
自分は、このあたりから売っています。

一方で、上昇トレンドの場合は、波形を描きながら上昇する為、
売りと同じ思考で、もみあいを上抜けた⑥で買うと、かなり苦しいです。

なので、買いの場合は、押し目を拾う感じで、
④、⑤あたりから、買う必要があります。

ただ、このようなエントリータイミングは、
トレードを行う上では、そんなに重要ではありません。

大事なのは、上位足の環境で、
再上昇や再下降が見込めるのか?を判断することです。

最初に、「この思考がやばい」といったのは、
このような質問をされる方は、
1つの時間足だけ見てトレードしている人にありがちなんです。

いつも言っているように、これだと完全に
「木を見て森を見ず」状態のトレードです。

直近のユーロドル4時間足です↓クリックで拡大

今回の場合、1つ大きな4時間足を見てみると、
④、⑤、⑥付近の上昇については、
直近のレジスタンスラインAを上抜いた時点で、
上昇動意が強いことがわかるため、
このようなポイントでは、もみあい上抜けで買っても、
切り下げラインを上抜けで買っても、
もうどこででもいいので、とりあえず買っていれば勝てます。

一方で、①、②、③の付近の下降については
前回上昇する過程で、レジスタンスライン、サポートライン
として機能していたBラインで止まっていることを考えると、
売るべきではない、と判断できます。(今回は下げていますが)

直近のユーロドル日足です↓クリックで拡大

日足では、まだまだ上昇トレンドなので、
B、Cラインから反転上昇しても、おかしくないです。

1つの時間足だけ見て、以降で再上昇/再下降するのか?
なんて、わかりません。

大事なのは、その上位足です。

で、このような複数時間足を使ったトレードが、
高速スキャルで、できるようになるのか?というと、
ここまでの内容はありません。

そもそも、FX-JINが1つの時間足しか見ないので(笑)

海沼さんのメルマガパッケージまで購入すると、
ここまでの解説があります。

あと、自分からの購入特典のスカイプサポートでも、
ここまでの内容をフォローしています。

恋スキャFX レビュー記事へ

恋スキャFX カテゴリー一覧へ

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ