恋スキャFX ライントレードパッケージ レビュー

恋スキャFXを購入後、追加でオファーされる、
FX-JINのリアルタイムメルマガのライントレードを解説した
メールと動画を集め、パッケージ化された商材です。

価格は19800円です。

リアルタイムメルマガとは、
こちらも恋スキャFX購入者にオファーされる、
月額4980円のメールマガジンです。

リアルタイム(といっても配信されるのは2日後なので、正確にはあとづけ)
でFX-JINのトレードを解説したメールが毎日届き、
毎週水曜日は、動画でのコンテンツが配布されます。

下記、メルマガパッケージを一通りレビューしています。
【vol.1】プロトレーダーズパッケージ・・・19800円
【vol.2】ライントレードパッケージ・・・19800円
【vol.3】フリートレードパッケージ・・・19800円
恋スキャFX エボリューション・・・19800円←現在販売停止中
【vol.4】関野典良パッケージ・・・19800円
【vol.5】海沼光城パッケージ・・・19800円←現在販売停止中
Wトップトレーダーパッケージ・・・19800円
【関野式】恋スキャフリートレード~関野典良パッケージvol.2~・・・19800円

今回は、【vol.2】ライントレードパッケージのレビューです。

余談ですが、この追加セールスの売り込みがきついので、
FX-JINを嫌っている人は、けっこう多いです。

でも、個人的には、全く勝てないサインツールで、
「こんなに勝てます!」とか言っている販売者より、
全然いいと思うんですけどね^^;

あ、でも乱獲FXは全然だめでしたね。。。

ライントレードパッケージの内容

・動画コンテンツ・・・全5時間
・リアルタイムメルマガ・・・全88通

動画は、ライントレードの考え方についての解説です。
これは、けっこう勉強になります。

リアルタイムメルマガについては、
FX-JINのトレード履歴とエントリーの根拠が解説されていますが、
自分は、これはほとんど見ていません。

というのは、これの大きなの問題点が、
1つの時間足しか見ていないという点です。

実際、自分の周りの専業トレーダーは、
みんな複数時間軸を見てトレードしています。

いわゆるマルチタイムフレーム分析というやつです。
個人的にも、これはトレードを行う上では必須だと思っています。

4時間足だけ見てトレード、とかならまだわかるのですが、
5分足のみ、30分足のみを見てのトレードも、かなりあります。

これでは、完全に「木を見て森を見ず」状態です。
個人的には、これでよく勝てるなぁと思います。

なので、考え方が解説された動画は参考になりますが、
実際のトレードについては、ほとんど見ていません。

なので、複数時間軸を使うやり方については、この商材では学べません。

学べるのは、ライントレードの考え方のみです。

ということで、動画コンテンツのみ、下記レビューしていきます。

ライントレードパッケージで学べること

①FXの魅力について
②相場から利益を得ることに罪悪感を感じなくて良いことの解説(笑)
③ライントレードの重要性
④トレンドに逆らわない事の大切さ
⑤どのラインを超えたら、売り買いの勢力が逆転するのか?の解説
⑥エントリーするチャートと、エントリーしてはいけないチャート
 (きれいなチャートと汚いチャート)
⑦エントリーポイントを絞ってはならない。ゾーンでトレードする
 ※これは使わない方がいいです。下記詳細を記載しています
⑧利益確定と損切りをラインで判断する方法
⑨ファンダメンタルズ(指標発表時)のトレードの考え方
⑩ロットを上げてエントリーする相場と、ロットを下げて
 エントリーする相場(勝率の高い相場、低い相場)
⑪レンジとトレンドの見分け方

中でもおすすめなのが、③と④で、
実際のチャートの要所要所のポイントで、
ここは、売り買いのどちらの勢力が勝っているのか?
さらに、そのチャートはきれいなチャートでエントリーすべきか?
の解説は、けっこう勉強になると思います。

逆におすすめできないのは⑦で、
具体的には、下記のようなトレード手法を教えています。

チャートはユーロドルの1時間足です↓クリックで拡大

「エントリーポイントは絞ってはならない」という解説で、
下降トレンドなので売りを狙う場合、
現在のレートが図中のポイントだとすると、
まず①にて売り、それでも上げてきたら②で売り、
それでも上げてきたら③で売り、
黄色ラインも上抜けたら損切りしましょう、と解説されています。

これは、初心者の方はやらない方がいいと思います。
これを下手にやると、損切りを多発します。

個人的には、エントリーポイントは絞ってはならないのではなく、
むしろ激選すべきだと思っています。

自分なら、今回の場合は極力レジスタンスライン(黄色線)
に引きつけてから、売りエントリーします。

⑦の手法は、明らかにポジポジ病ですよね。

類似教材との比較

コンテンツとしては、3クリックFXとほとんど同じ内容でが、
3クリックFXは、PDF冊子商材なのに対し、
ライントレードパッケージは動画商材なので、
こっちの方がわかりやすいです。

ただし、ライントレードパッケージは、
恋スキャFX会員しか買えないので、
恋スキャFXの3万円+ライントレードパッケージ2万円で、
計5万円も出して買うか?ですよね。

その辺のサインに従うだけで勝てるツールを買うよりは、
はるかにいいと思いますが。

あとは、既に恋スキャFXの会員の方であれば、
購入もアリかもしれません。

ちなみに、自分からの恋スキャFXのスカイプサポートでは、
今回の動画のようなアドバイスを行っています。

ただし、自分の場合は、複数時間足を見ることや、
エントリーポイントを激選することなど、
FX-JINのトレードスタイルとは若干異なります。

あと、一応ご連絡ですが、
現在マエストロFXのスカイプサポートの方がつまっており、
通話については、1週間前後時間を頂いております。

チャットについては、自分が寝ている時間帯(深夜3時~昼くらい)
以外であれば、ある程度は機敏に対応できます。

恋スキャFXのレビューはこちら↓
恋スキャFX レビュー記事へ

2 Responses to “恋スキャFX ライントレードパッケージ レビュー”

  1. タカアキ says:

    たしかにライントレードパッケージはいいですね^^てかこれ恋スキャFXにつけるべきじゃないですか?別売りじゃなくて・・・だって恋スキャのたんなるボリバンからの逆張りじゃ~まず勝てないですよWw

  2. 管理人 says:

    タカアキ 様

    それはあるかもですね^^;
    マエストロの購入者と話してると、FX-JINってこの追加セールスでめちゃ嫌われてますからね^^;それより恋スキャを4万にして、ライントレードパッケージ込みの方が、まだ購入者は納得いくのかもしれないですね。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ