トレンドハンターFXが6月10日から再販されていますが、
類似商材との違いについて購入相談があったので、シェアしておきます。

トレンドハンターFXについては、この商材自体に価値はなく、
バックエンドであるeラーニング・スクールで、
関野さんの裁量について学べる内容となっているため、
比較対象としては、eラーニング・スクールということになります。

また、トレンドハンターFXには、ロジックが用意されていますが、
個人的には、このロジックでは勝てるわけがないと思っており、
関野さんも、このロジックで勝っているわけではないので、
このロジックについては、比較対象に含みません。

eラーニング・スクールと恋スキャメルマガパッケージの比較

恋スキャFXについても、フロント商材に価値はなく、
やはりバックエンド商材である関野典良パッケージ
Wトップトレーダーパッケージで、関野さんの裁量が学べるため、
比較対象は、上記2つのメルマガパッケージについてとなります。

どちらも、複数時間足で、ライン、ダウ(高値安値の切り上げ、切り下げ)
を見てトレードする手法で、内容的には100%同じです。

価格としては、前者が恋スキャFX29800円
+関野典良パッケージ19800円で、合計49600円で、
さらにWトップトレーダーパッケージ19800円まで買うと69400円。

後者は、トレハンFX29800円+eラーニング・スクール69800円で合計99600円。

金額としては、後者の方が高いですが、
その分コンテンツボリュームが充実しており、
基本から、わかりやすく解説されています。

例えば、メルマガパッケージでは、解説の中で、上昇トレンド、
下降トレンドという言葉がいきなり出てきますが、
eラーニング・スクールでは、波の描き方を教えて上で、
上昇トレンド、下降トレンドの判断の仕方の解説があります。

ただし、eラーニング・スクールは、
週に1本の頻度で、動画がアップされていくため、
短期集中で一気に習得することはできず、この点がイマイチです。

よって、短期集中で、要点のみを学びたければ、前者。
基本から、時間をかけて、ゆっくり、しっかり学びたければ後者、
という判断でいいと思います。

初心者の方は、間違いなく後者の方がおすすめです。

eラーニング・スクールとマエストロFXの比較

ライン、ダウ、資金管理、複数時間足などなど、基本はほとんど同じですが、
トレハンFXがスイングトレード商材であるのに対し、
マエストロFXはデイトレード商材(DVD本編は、スイングトレード、
スキャルピングにも応用可)である、という違いがあります。

この違いがあるため、内容も若干異なります。

具体的には、スイングトレードに重要なのは、資金管理であるため、
トレハンFXでは、ここの解説が豊富です。

マエストロFXでも、同じやり方の資金管理の解説はありますが、
トレハンFXのような、実践例はありません。

一方で、デイトレードに重要なのは、相場の勢いであるため、
マエストロFXでは、ボリンジャーバンドを使った勢いの判断の解説が豊富です。
トレハンFXでは、この解説はありません。

あと、エントリー手法の違いとして、
スイングトレードの場合、ピラミッティングという、
押し目からの増し玉でエントリーする手法がとられます。

スイングトレードでは、チャートを見るのは1日に数回程度で、
ある程度は放置するため、このやり方になります。

トレハンFXでは、この手法の解説がありますが、
マエストロFXでは、この解説はありません。

一方、デイトレードでは、チャートポイントでは一旦利食い、
押し目から、再び新規でエントリーする手法がとられます。

ピラミッティングと比較すると、
押しの分のマイナスをくらわないため、利益率は高くなります。

機敏にエントリーと決済を繰り返す必要があるため、
短期的にチャートを見続けるデイトレード的手法です。

マエストロFXは、このやり方です。

以上から、スイングトレードをやりたければ、
関野さん関連の商材を買うのも、ありかもしれません。

デイトレードであれば、コンテンツボリュームも多く、
サポートも充実しているマエストロFXの方が、断然おすすめです。

裁量商材は複数買う必要なし

上記、内容の違いでも書いている通り、
基本的に、まっとうな裁量商材であれば、
スイング、デイトレで、若干の違いはあるものの、
ライン、ダウ、資金管理、複数時間足などなど、内容の8割は同じです。

おすすめ3位においている勝ち組FX道場も、
複数時間足で、ダウ、ラインを見ての押し目買い、戻り売りで、
やはり同じなのです。

情報商材のレターを見ると、新しい商材が気になるものわかりますが、
次から次に商材を購入しても、情報過多になり、
何から手を付けていいかわからない状態になるだけです。

内容の8割は同じなので、軸となる商材を買ったら、後は何度も反復し、
それが終わったら、次に買うのは新しい商材ではなく、FT2です。

以前から言っていますが、FXは座学が2割、アウトプットが8割です。

いろいろな商材に手を出すというのは、
この2割の中を、うろうろさまよっている状態です。

それよりも、もっと他にやることがたくさんあります。

トレンドハンターFX カテゴリー一覧へ

恋スキャFX カテゴリー一覧へ

マエストロFX カテゴリー一覧へ