前回の記事で、
背景も含めて上昇動意が強いと判断すれば、浅押し①から買い、
上昇動意がイマイチなら、深押し③からレンジ逆張りぎみに買う、と書きました。

で、これは言い返せば、
浅い方の押し目から再上昇すれば上昇動意が強く、
深い方の押し目から再上昇すれば、上昇動意がイマイチ、
ということも言えます。

そして、これが決済タイミングにも使えるというわけです。

上昇動意が強ければ、その動意にのって、
ある程度ホールドして利大を狙えます。

よって、リスクリワード的に利益が出やすいので、
自分のトレードは、7~8割がこのパターン、
つまり動意が強い時に、浅押しからの押し目買い、
浅戻りからの戻り売りです。

一方、上昇動意がイマイチで、③から再上昇していった場合。

この場合、③から買う根拠としては、
上昇動意に乗った買いというよりも、
③ラインからの反応をとるだけ、みたいな感じで買います。

上昇動意に乗った買いというよりも、
レンジ逆張りみたいなニュアンスです。

レンジは、「上限からは売られ、下限からは買われる」
という優位性しかありません。

よって、レンジの真ん中まできたら、
ポジションを持っている意味は、なくなります。

よって、レンジの真ん中では、決済することが多いです。

上昇動意は弱いと判断しているため、
③からのV字上昇を狙って、ホールドすることはありません。

ただし、トレード執行時間足は、この状態でも、
その上位足で、上昇動意が強い場合は、
V字上昇を狙って、ホールドすることもあります。

関野さんの、恋スキャFXをスイングトレードに
応用して使うやり方は、これですね。

高速スキャルで勝てない人は、
動意が強い時に特化して、使っていないことが原因です。

では、どういう時に動意が強いと判断するか?ですが、
見るポイントを上げるとすると、下記になります。

・移動平均線の傾斜角が大きい
・強固なラインを突破してきた
・ボリンジャーバンドの拡大

めちゃ王道ですね。
ほとんどの方が、既に知っていることであり、既に実践しているはずです。

でも、ほとんどの人が勝てていない。

では、何が足りないのか?というと、
上記を複数時間足で絡めて判断することです。

前回の記事で書いていたように、
長期足で、そもそも反転しやすいポイントで、
短期足で、強固なレジスタンスラインを突破してきた、
みたいなのが重要です。

1つの時間足だけみて、上記項目で動意が強いと判断しても、
根拠は、かなり弱いので、安定して勝てません。

なので、情報商材によくありがちな、
・鉄板勝ちパターン
・10大勝ちパターン
というのは、これを言っている時点で、
「1つの時間足しか見ていないですよ」って言っているようなもので、
「10大勝ちパターン」に従ってトレードしても、
エントリーの根拠が弱く、安定して勝てないはずです。

複数時間足を見ようと思えば、
チャート形状の組み合わせなんて無限大なので、
勝ち方をパターン化することは、できません。

恋スキャFX レビュー記事へ

恋スキャFX カテゴリー一覧へ