高速スキャルを使うポイントを佐野さんに聞いてみたので、シェアします。

質問↓

わかりやすいように下降トレンドで説明させていただきます。

佐野様がよく仰られている
「大きくトレンドが出た後、一度戻ってからの再下降」
をエントリーポイントとして狙う場合、
例えば5分足で、これを狙う場合は、
既に1時間足30分足などの上位時間軸で、
ボリンジャーバンド-2σ、-3σを下抜けている場合がありますが、
この場合は、エントリーを見送った方がいいでしょうか?


回答↓

一旦、リバウンドになることが多いです。
トレードチャンスを逸しても戻りを待つほうが良いことが多いです。

なお、30分足、1時間足で-2σ、3σを下に突っ切る以前に、
5分足では売りのエントリーチャンスがあったものと思います。

出遅れで追っかけるよりも、(判断遅延となってしまった場合は)
戻りを待ったほうが無難なことが多いです。

追加質問↓

では逆に、1時間足、30分足では、
まだボリンジャーバンドまでに余裕があるが、
5分足では、既にボリンジャーバンドにタッチしている時は、
エントリーOKでしょうか?

「ボリンジャーバンド-2σ、-3σにタッチした時に戻る」パターンは、
下位時間軸よりも上位時間軸に優位性があると思い、こう考えました。

追加回答↓

上位の時間軸は下位の時間軸よりも動意の集積において優位にありますが、

タグ(接点)に関しましては、上位の時間軸はそのタグの範囲といいますか
タグの懐が深いこともありまして、

対しまして、下位の時間軸のタグは限定され、
下位の時間軸において、±3σなどとタグとなっている時に
深追いすることはお奨めできません。

今朝のメールでも書かせていただきましたように、
出遅れで追っかけるよりも、(判断遅延となってしまった場合は)
戻りを待ったほうが無難なことが多いです。

「タグ(接点)に関しましては、上位の時間軸はそのタグの範囲といいますか
タグの懐が深いこともありまして、
対しまして、下位の時間軸のタグは限定され、」

この表現は、ちょっと難しいですが、
例えば4時間足でボリンジャーバンド-2σにタッチした場合、
許容範囲というか、若干行き過ぎというか、誤差というか、
これが数十pipsはあると思います。

これに対し5分足でボリンジャーバンド-2σにタッチした場合、
行き過ぎたとしても、数pipsであり、
みんなが意識する点が、ピンポイントで合ってくるため、
戻りやすい、ということです。

なので、高速スキャルを使う場合は、
執行時間軸以外の時間軸が、ボリンジャーバンド±2σ、3σに
タッチしていないか?を確認し、
もしタッチしている時間足があれば、
エントリーは見送った方がいい、ということです。

高速スキャルに、この制約はありませんが、
これを意識することで、勝率が上がると思います。

佐野さんからのサポートは、Maestro FXの特典で受けられます↓
Maestro FX レビュー記事へ

高速スキャルは、恋スキャFXです↓
恋スキャFX レビュー記事へ