恋スキャFX オンラインセミナー

昨日は、19時30分~21時30分までの2時間、
恋スキャFXの無料オンラインセミナーがありました。

向こうの映像をホームページ上に映し出し、
その下にはチャットが用意されていて、
ここに書き込まれた質問に対して、
FX-JINが答えていく、という内容でした。

チャート


質問は、やはり実際のトレードに関するものが多く、
どう裁量を追加してトレードしていくか?といった内容で、
レンジ対応ロジックに、ライントレードを追加した解説がメインでした。

例えば、チャートはドル円の30分足です。
クリックで拡大します↓
チャート

白の矢印は、レンジ対応ロジックの買いエントリーポイントです。

ここでRSIを見てみると、50付近にあるのがわかります。

RSIは40付近では売られ傾向、60付近では買われ傾向を示す指標ですが、
白の矢印のポイントは、レートがボリンジャーバンドの
下にタッチしているのに、RSIは50付近にあります。

通常、ボリンジャーバンドの下にタッチすれば、RSIは売り傾向を示しますが、
このポイントのRSIは50付近であり、売り傾向を示していません。

よって、上昇トレンドの一時的な下降であったと判断でき、
ここで買っていれば、高確率で再度上昇していくと思われるポイントです。

実際は、エントリー後、下ひげをつけて一旦下降していますが、
ここで、その下を注目すると、赤線のところに、
直近のレジスタンスラインが効いているのがわかります。

よって、ここを下抜けたら損切りしよう、と戦略を立てるわけです。

このような、勝率の高い鉄板のエントリーポイントが、
ホワイトボードにて解説されていました。

そして常勝トレーダーと、初心者や負けトレーダーの違いは、
1日のエントリー回数にあり、
常勝トレーダーは、1日のトレード回数は数回なのに対し、
負けトレーダーは、1日に何十回もトレードしてしまう。

常勝トレーダーは、上記のような鉄板のエントリーポイントに絞り、
高レバレッジ、多数のロットでエントリーしている。

ベターなポイントで10回取引するより、
ベストなポイント1回に10回分の数量をかけて取引するのが重要、
といったことが言われていました。

実践者の方のチャットを見てると、
やはりレンジ対応ロジックを使っている人が多く、
トレンド感知ロジックの話は一度も出てきませんでした。

また高速スキャルロジックについては、実践者も多いようでしたが、
「このロジックで勝ちまくりです」と書き込む人もいれば、
「ぜんぜん勝てません」と書き込む人もいて、
やはり勝率は個人の裁量判断による部分が多いようでした。

恋スキャFXビクトリーDX レビュー記事へ

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ