恋スキャ 高速スキャルロジックにMAの裁量を追加する方法を紹介します。

実践中の方は参考にされてください。

移動平均線は、けっこう抵抗線として機能します。

わかりやすいように下降トレンドで説明すると、
下降トレンドは、ボリンジャーバンド-2σと、
移動平均線の間を上下しながら、下降していきます。

一時的な上昇は、移動平均線で反発下降しやすいわけです。

よって、移動平均線で反発下降したのを確認後、
ちょっと遅れて売りエントリーするのがベストです。

ポイントは、移動平均線に接触して、すぐに売るのではなく、
反発下降を確認後に、ちょっと遅れて売ることです。

実際のチャートで説明します。
チャートはユーロドルの5分足です。
↓クリックで拡大します
チャート

赤線が移動平均線です。

①で移動平均線で反発下降したところで売りです。

②で同じく、ちょっと移動平均線を上抜けてはいますが、
反発下降したところで売りです。

③で移動平均線で反発下降したところを売りですが、
これはロジックの決済ポイントに届く前に逆行するため、損切りとなります。

④で移動平均線で反発下降したところで売りです。

⑤で移動平均線で反発下降したところで売りです。

それ以降も、白丸で囲んだところは上値抵抗線、
その後は下降の下値抵抗線として機能しているのがわかります。

似たようなことをサポートサイトでもやっています
http://support02.com/category/koisukya/

恋スキャFXビクトリーDX レビュー記事へ