テクニカル分析だけで安定して勝てるのか?

昨日の書いたプライベートマスターシグナルの検証結果で、
このシグナル配信者のトレード手法としては、
テクニカル分析+ファンダメンタルズ分析である、
ということを書いていましたが、

この内容を受けて、
「本当に、テクニカル分析だけで安定して勝てるのか?」
という相談を受けました。

この内容の相談は、以前にも受けていて、
8月5日の海沼さんのメルマガで、

ミクロ(テクニカル分析)とマクロ(ファンダメンタルズ、相場全体の環境認識)の両方の知識が必要で、テクニカル分析だけでは勝てない

という内容が配信されていたと思いますが、
この内容を受けて、同じような質問をもらっていました。

結論から言うと、テクニカル分析だけで十分勝てます。

もちろん、経済情勢も把握しておいた方が、有利になるかもしれませんが、
「それがないと安定して勝てない」ということは、一切ありません。

自分がトレードを始めたのは、今から1年半前です。
それは、過去記事を見ていただければ、わかると思います。
かなり初心者的な記事を投稿していますので。

それから、1年半が経過しており、
今はテクニカル分析だけでトレードしていますが、
十分安定して勝てています。

経済の勉強なんて、量が多すぎて、
1年半で習得できるような内容ではありません。

これが、もし、テクニカル分析も勉強して、
世界経済も勉強しないと勝てないのなら、
「うわ~~」ってなって、やる気が出ないのもわかりますが、
そうではなく、テクニカル分析だけで勝てます。

で、テクニカル分析を習得する、というのは、
確かに、「圧倒的な作業量」は必要ですが、
「これは無理だろう」っていうボリュームではありません。

自分は、1000時間くらいで、ある程度形になりました。

これが、もし世界経済を勉強となると、
1000時間では到底及ばず、何年もかけて勉強する必要があると思いますが、
そうではなく、自分は1000時間でいけました。

1000時間っていうと、1日10時間勉強すれば、3ヶ月。
無理っていうボリュームではないと思います。

ただ注意点として、「短期間で一気にやる」
というのは、かなり重要だと思っています。

忘却曲線というものがありますが、
人間は暗記したものを1日後には7割近く忘れます。

よって、1日3時間程度の勉強の場合、
覚えては忘れ、覚えては忘れで、ほとんど先に進まないため、
計算上では、333日で習得できる計算になりますが、
実際には、その何倍もの時間がかかると思います。

ちなみに、内容としては、
1000時間の9割は、複数時間足を使ったトレードの習得です。

単一時間足の考え方については、もう覚えるだけなので、
個人的にはアウトプットするまでのことでもないと思います。

その次のステップの複数時間足を使ったトレードについては、
日足×4時間足×1時間足×15分足でパターンなんて無限大なので、
毎回が新しいパターンであり、これを攻略するには、
膨大な時間をかけての勉強&アウトプットが必要です。

教える側も、機械的には教えることができないので、
膨大な量の実践例を提供しており、この実践例の何度も見て、
さらにはFT2で、自分でもアウトプットしながら習得していくものだと思います。

で、いくらブログて勝っている、といっても、全然信頼性がないので、
購入特典のスカイプサポートを受けている方を対象に、
画面共有ソフトを使い、7月分の約定履歴をお見せします。

なので、見たい方は、スカイプでご連絡ください。

デモがない証券会社を使っていますので、
お金をかけてトレードした結果です。

ただ、今回約定履歴をお見せするのは、
テクニカル分析だけで勝てるかが明確でないので、
勉強するモチベーションが出ない、
という人を対象にしています。

約定履歴というのは、かなりの個人情報で、
これを第三者に公開するというのは、かなりリスクがありますので、
上記以外の方は、ご遠慮いただきたいと思います。

テクニカル分析だけで勝てるか?が不明確なので、
勉強するモチベーションが出ずに、足踏みしている、
というのは、かなりもったいないです。

そんな悩む暇があったら、FT2を回すべきです。

6 Responses to “テクニカル分析だけで安定して勝てるのか?”

  1. ふるふる says:

    管理人さん

    こんばんは。

    いつも有益な記事ありがとうございます。

    複数時間軸のパターンについて質問があります。

    複数時間軸でパターンを見る際に
    組み合わせは無限にあるとのことですが、
    管理人さんはだいたいいくつ位の
    複数時間軸のパターンを見たあたりでコツをつかまれましたか?

    例えば、上位時間軸で上昇トレンド状態での押し目買い、高値ブレイクのみを狙うところばかりを検証していけば、
    後は下位時間足の組み合わせを見るのみとなります。

    その時にどれくらい数のパターンをアウトプット、暗記したら分かってきたのかを教えて頂けたら嬉しいです。

    お手数ですが、よろしくお願いします。

  2. 管理人 says:

    ふるふるさん

    >管理人さんはだいたいいくつ位の複数時間軸のパターンを見たあたりでコツをつかまれましたか?
    FT2だと、1時間あれば5~10トレードくらいはアウトプットできると思います。×10時間で1日50~100回くらい。3か月だと4500~9000回くらいになると思います。ただ、目安は、回数ではないと思います。それぞれ学習能力には差がありますので、自分よりも時間がかかる人もいれば、早く終わる人もいると思います。1つの目安として、最低でも1ヶ月安定して勝てれば、ある程度はものにできているのではないかと思います。

    >例えば、上位時間軸で上昇トレンド状態での押し目買い、高値ブレイクのみを狙うところばかりを検証していけば、後は下位時間足の組み合わせを見るのみとなります。
    長期×短期であれば、例えば長期のレンジ下限で、短期上昇トレンド転換での買い、みたいな感じで、ある程度は機械的にできますが、それだと根拠として、ちょっと弱いと思います。もし、それでやるのであれば、日足×4時間足で、スイングぎみにやられると、いいと思います。デイトレだと、さらに1時間足、15分足まで見る必要があるので、そうなると、「組み合わせを見るのみ」にはならないと思います。あと、「暗記」というのは、けっこう危険だと思います。トレード履歴を暗記しても、おそらく一生勝てないと思います。というのは、パターンなんて無限大なので、同じ形状は二度と出ないからです。暗記するのではなく、考え方を学ぶのが重要だと思います。

  3. ふるふる says:

    ご回答とご指摘、ありがとうございました。

    ブログ、応援してます。

  4. 管理人 says:

    ふるふるさん

    ありがとうございます^^

  5. ふるふる says:

    管理人さん

    こんばんは。

    記事の内容とあっていない記事かもしれませんが、
    どちらの記事で質問すれば適当かわからなかったので、
    こちらの記事で質問させていただきます。

    管理人さんは上位時間足中間時間足などでトレンド状態でのサポートラインレジスタンスラインを背にしたトレードをやられることもあると思いますが、トレンド状態でサポートラインレジスタンスラインを背にせずに、例えば、バンドのMA21のみを背にしたトレードについてはどのようにお考えなのでしょうか?

    スルーするのか、トレードすることもあるのかを
    教えていただけると嬉しいです。

    お忙しいかと思いますので、お時間のあるときにご回答お願いします。

  6. 管理人 says:

    ふるふるさん

    MA21のみを背にするのは、根拠が弱いです。同様に、ずん胴のボリバン-2σのみを根拠にした逆張りも根拠が弱いです。理由は、「インジで勝てない理由」でも書いていますが、移動平均線は、21期間を使っている人もいれば、10期間を使っている人もいれば、5期間を使っている人もいるため、大多数が同じポイントを共通認識しにくいからです。一方でパラメータがないレジサポは、大多数が同じポイントで買いエントリーできます。移動平均線はやボリバンは、あくまで補助的なツールとして使うべきで、メインはレジサポで判断すべきだと思います。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ