TSPオンラインセミナーのまとめ

1月24日にTSPのオンラインセミナーが行われていたようですが、
けっこう参考になる部分があったので、まとめておきます。


勝率の高いブレイクアウトエントリー

問題

ブレイクアウトで買う場合、
①、②、③では、どのチャート形状が、勝率が高い?

答え ②

理由
①の場合、一旦大きく下落しているため、売りも入ってきている。
売った人達は、チェックの場所でも、まだ売りを保有している可能性があるため、
上方向へブレイクしにくい。

一方、②の場合は、ほとんど下げていない。
これは、買いの決済が入っただけで、新規の売りは入ってきておらず、
押しの部分でも買いが入って、みんな「上げれ、上がれー」と思っている。
なので、上方向へブレイクしやすい。


ただし、注意点として、もみあいの期間が長い場合は、ブレイクで買うのはNG。
(青矢印でのブレイクでの買いはOK、赤矢印でのブレイクの買いはNG)

理由は、もみあいの期間が長い場合は、かかっている圧力が見えにくいから。
その場合は、静観して、方向感が出た後に、押し目買いを狙う。

エントリータイミングについて

A点での買いエントリーは、まだ下降トレンドラインを抜けてないので、早い。

理想的なエントリータイミングは、下降トレンドラインを上抜け後、
上昇トレンド転換して、上昇トレンドライン下限に引きつけてから。
そこに水平ラインも重合していれば、ベスト。

その他質問

Q:FXでお金を稼ぎすぎたら、証券会社が使えなくなる?
A:FXの場合は、個人が儲かっても、証券会社が損することはないので、
 儲かりすぎたからといって、使えなくなることはない。

 ただ、バイナリーの場合は、証券会社と個人のやりとりなので、
 個人が儲かりすぎたら、証券会社が損するので、
 出金を拒否されることが、あるらしい。

Q:わざと注文をすべらせる業者はある?
A:残念ながら、ある。また、違法ではない。
 よって、取引業者選びは慎重に。

Q:バイナリーオプションはJinさんにとってどのような位置づけ?
A:バイナリーオプションは、業者が操作を入れるのが簡単。
 つまり顧客を負けさせることができるので、やらない。
 ただ、15分足、1時間足など、時間足が大きくなると、
 操作がしにくいので、勝てるやり方があるかも?

記事にしたのは、ほんの一部ですが、
無料で、けっこう有益な情報を公開してくれています。

TSPは先月に2期の募集が終わり、現在は募集していません。

内容的には、背景認識が多少弱いものの、
TSPで安定して勝てるようになった、みたいな声もあります。

値段がもう少し安ければいいんですけどね。。。

PS.
恋スキャFX特典トレード動画サンプルアップしました。
サンプルとはいっても、けっこう大事なことまで公開してます↓

ネット上に声を上げることに抵抗があったのですが、
特典動画撮ってたら慣れてきたので、今後は生声でいきますw

5 Responses to “TSPオンラインセミナーのまとめ”

  1. Bey says:

    一期購入者ですが、
    三期会員の募集メールを送り初めたようです。
    一期募集時2012/06/01に受け取った勧誘メールと
    全く同じ件名&文面(-_-;)。
    一部数字と宛名(以前は私の名前だったのが「あなた」に変わっていた。メールシステム簡略化の為?)だけ変更したのみ。

    Jinさんが一人になって考え事をしていたのが
    五か月→三週間に変更してあったり・・・。

    かなり笑えました。使いまわしですね。

    今となっては、TSPは大変高価で(約半分がアフィリエイターに
    行く仕組み)、自分はお勧めしません。

    今だったらライントレードマスタースクールの方が良いです。
    パターンを覚えるより、ラインの意味など本質が学べるからです。
    余計な海外ロケや寸劇を省けばもっと安価にできたのでしょうが・・・。
    ライントレード教材の方を先に出してもらいたかったです。

  2. keikei says:

    このFXjinって 長木って人ですね。 冴えないSMSをやって人を集めて アフェリで稼いでましたよ。な~~んだ この人トレード全然できませんよ。だからいつも内容のない話ばかりしているんですよね。騙されました。

  3. 管理人 says:

    keikeiさん

    たしか山口さんだったと思います。一概にアフィリをやってるからトレードで勝てない、とはいえないと思います。トレードは待つのが仕事なので、空いた時間に何をやってもいいと思います。

    ただ、約定履歴等の公開がないので、公開している販売者と比較すると、信頼性は低い、ということは言えると思います。

  4. けい says:

    管理人さん、こんにちは。

    先日4月23日にオンラインセミナーを開催したようです。
    現在はTSP三期生で、その第2回オンラインセミナーだったとのことです。

    最近のTSPオンラインセミナーのまとめや評価があるかなと思い、見てみましたが、昨年1月24日のオンラインセミナーのまとめ以降はありませんでしたね。

    TSP一期生、二期生には、メールで案内は来ないものの、会員サイトはずっと見られるので、会員サイトをたまに注視していれば、TSP三期生のオンラインセミナーにも参加出来るようです。

    管理人さんは、TSPをお持ちですか?
    TSP一期生か二期生かでいらっしゃるのでしょうか?

    TSPの手法に、長期足のラインを加味すれば、佐野さんのマエストロFXの手法に劣らないでしょうか?

    ただ、TSPの手法は、利確がスキャル的で、トレンド相場で利幅を伸ばしていくタイプではないので、リスクリワードレシオが低いのが残念ですね。

    Jinさんはレンジ相場のスキャルが好みで、関野さんのように何波形も利幅を伸ばしていくトレードは自分には出来ないと、自分で話していますから、やむなしでしょうか。

    Jinさんは、関野さんより勝率が低いと、自分で話していますが、リスクリワードレシオの低いJinさんのスキャルが、勝率が関野さんより劣ると、Jinさんが自分で話しているような月利100%は無理っぽい気がするのですが、この点に関してもいかが思われますか?

  5. 管理人 says:

    けいさん

    自分はTSPには入っていないです。

    >TSPの手法に、長期足のラインを加味すれば、佐野さんのマエストロFXの手法に劣らないでしょうか?
    ⇒TSPの手法を知らないので、何ともいえないのですが、佐野さんはボリバンもけっこう使っているので、手法としては違いはあると思います。ただ、それが劣っているとは言えないと思います。優劣は、成績でつけるべきだと思いますが、裁量の場合はそれば難しいので、難しいでしょうね。

    > Jinさんは、関野さんより勝率が低いと、自分で話していますが、リスクリワードレシオの低いJinさんのスキャルが、勝率が関野さんより劣ると、Jinさんが自分で話しているような月利100%は無理っぽい気がするのですが、この点に関してもいかが思われますか?
    ⇒勝率が低く、リスクリワードも低いのであれば、月利100%いくか?は別として、関野さんより月利が低いのは明らかだと思います。やはり相場は、トレンドが出ている時のみやって、方向感のない相場は休む方がいいと思います。トレンドが出ていれば、勝率も高く、さらに利大も目指せるので。自分の場合は、レンジ逆張りはやりますが、必ず上位足でトレンドが出ている時にしかやりません。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ