ゴールデンスパイダーFX レビュー

どんな教材?

このツールは、メタトレーダーにインストールした使うインジケーターで、
・上昇トレンドライン
・下降トレンドライン
・レジスタンスライン
・サポートライン
を自動で引いてくれるツールです。

さらに、複数点で指示された強固なラインは、
太字で引いてくれるので、そのラインの効き具合を簡単に把握できます。
また、相場の転換ポイントは、矢印で表示されます。

このラインを使って、トレンドの転換を狙って逆張りでエントリーしたり、
ラインをブレイクしたら、ブレイクした方向にエントリーするといった、
ライントレードの補助として使うようです。

エントリー後も、引かれたラインを活用し、
できるだけ進行方向に、ラインがないようなポイントを狙ったり、
もし、進行方向にラインがあった場合は、
そのラインで転換する可能性がある為、慎重になりましょう。
というようにして使うようです。

ゴールデンスパイダーFXでは、
このようにラインを引いてくれます↓
チャート
↑クリックで拡大します

この場合1.30839あたりに、強固なレジスタンスラインが表示されていますが、

もし、このレジスタンスラインを上にブレイクした場合は(青線)
しばらくはラインがない状況が続くため、
上昇トレンドが続きそうだから、買いエントリーしてみよう。

あるいは、もしこのレジスタンスラインで反発して下降した場合は(赤線)
複数の上昇トレンドラインや、サポートラインがあるため、
また、すぐに反転して上昇しそうだから、売りエントリーは控えよう、

みたいな判断をして、トレードしていくようです。

評価

そもそも、ライン引く、という作業は、それほど難しいことではありません。
複数点で支持されたポイントを結ぶだけなので、勉強すれば誰にでもできます。

むしろ、大事なのは、そのあと。
引いたラインを使って、どうトレードしていくか?にあります。
裁量というやつです。

例えば、ゴールデンスパイダーFXを遣うと、ラインがたくさん引かれます。
それらのラインの中で、どのラインが強固に効いているのか?とか。
これは上位時間軸のラインもみたり、移動平均線やボリンジャーバンドの
重合ラインなんかも考慮して判断する必要があります。

あとは、レジスタンスラインがサポートラインに変わったら有効とかも重要。

しかし、この教材は、この裁量判断が、ほとんど解説されていません。
1000文字程度のテキスト1ページと、11分の動画、たったこれだけ。

損切りの判断の仕方や、資金管理については全く触れていません。

移動平均線や、ボリンジャーバンドなどは、
トレンドラインと同じくらい重要なのに、全くの無視です。

こんなので、勝てるわけがありません。

恋スキャ 高速スキャルロジックにMAの裁量を追加する方法
このようなトレードの戦略を見ると、
トレンドラインだけに頼ったトレードが、
いかに安易か?がわかると思います。

教材名:ついにFXの金のクモの糸が販売開始!ゴールデンスパイダーFX
URL:http://www.w-crew.com/mfx/

PS.
この教材、恋スキャFXと似てる部分が多いです。
ド派手で豪華な販売ページや、購入者サイトのデザインも似てる。
口座開設マニュアルにいたっては、ほとんど同じ。

裏でつるんでるんでしょうかね?

あ、口座を開設する時は、教材のマニュアルのURLから開設すると
1万円くらい損しますよ^^;
詳細はこちらで⇒>>FX口座比較サイトから開設すると損!

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ