鶴式FXスキャルピング・プラス レビュー

1分足を執行時間足としたスキャルピング商材です。

トレード手法としては、複数時間足で、
移動平均線、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、MACD
を使っての、裁量トレードです。

佐野さんの推薦文を見る限りでは、
講師の方は、ある程度実績のあられる方のようです。

商材の構成としては、下記になっています。
・本編動画(1時間34分)
・タイムリー実践トレード動画(週に1本の頻度でアップ)
・スキャルピング専用インディケーター
・90日間のメールサポート

下記、それぞれレビューしていきます。

本編動画

動画は、全て会員サイトで見れるようになっており、ダウンロードも可能です。

■第1章 スキャルピングの基本を学ぼう
前半は、スキャルピングの基礎というよりも、FXの基礎という感じで、
上昇トレンド、下降トレンド、レジスタンスライン、
サポートライン等のテクニカル分析の基礎や、
スプレッド、通貨ぺア、についての内容です。

特に独自性はなく、ネット上にでも落ちているような内容です。

後半は、5分足と1分足を使った具体的なスキャルピング手法について、
さわり程度に解説されています。

合計4本の動画で、収録時間はトータル13分前後です。

■第2章 テクニカル指標/使用するインジケーターの解説
移動平均線、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、MACD
の使い方の解説です。

ストキャスティクスの部分は、多少、独自性の高いコンテンツですが、
それ以外のものについては、王道の使い方で、
内容についても、基本のみの解説なので、
ネット上にも落ちているようなレベルです。

合計5本の動画で、収録時間はトータル13分前後です。

■第3章 スキャルピングのルールを決めよう
取引数量の決め方、損切りと利益確定の考え方の解説です。

取引数量の決め方の部分は、
「取引数量を変えると、利益も損失も大きくなり、安定しないので、
 慣れるまでは取引数量を固定して取引を行う」という解説ですが、
個人的に、取引数量を固定するというのは、あまり好きではありません。

というのは、根拠のある損切りを行おうと思えば、
損切りまでのpips数は、毎回異なるわけで、
その場合、損失を一定にしたければ、損切りまでのpips数に応じて、
取引数量を毎回調整する必要があるわけです。

ただ、この商材の場合、執行時間足を1分足にしているため、
根拠のある損切りをした場合のpips数も、各トレードで大差ないため、
このやり方でも、通用するのかもしれません。

デイトレ~スイングであれば、損失pips数は、各トレード毎に大きく異なるため、
損切りまでのpips数に応じて、取引数量を毎回調整するという資金管理は必須です。

ちなみに、やり方は下記で解説しています↓
資金管理の方法

合計2本の動画で、収録時間はトータル10分前後です。

■第4章 スキャルピング基礎テクニック(実践編)
これまでの解説を元にした、トレード実践例です。

主に、移動平均線からの反転上昇/反転下降、
ストキャスティクスの売られすぎ買われすぎを根拠とした、
順張りの押し目買い、戻り売り手法です。

ただ、一点気になったのが、15分足、5分足、1分足
のみを使ってのトレードという点です。

本編動画内でも、
「使用する時間足のチャートは5分足を基準に考えます。
 当然ながら15分足、1時間足のチャートの方向性は、
 しっかりと確認し、頭に入れておきます。」
という解説がありますが、実践動画では、1時間足は、一切出てきません。

おそらく、15分足に表示させた、期間長めのMAで、
長期の方向だけ見ているのだと思いますが、
いくら方向がわかったとしても、
ボリバン2σ、3σや、各種ラインまでは把握できないので、
この点で、ちょっと根拠が弱い気がします。

いくら方向は上だといっても、レジスタンスライン到達で、
ボリバン+2σ到達後に、バンドも閉じてきているのであれば、
買うべきではありません。

一方で、まだレジスタンスラインやボリバン+2σまでスペースがあり、
バンドも開いているのであれば、買いです。

方向は、同じ上であっても、状況は180度異なります。

タイムリー実践トレード動画

週に1本の頻度で追加される動画ですが、
現時点では1本だけアップされています。

収録時間は9分です。

第4章では、15分足、5分足、1分足の解説しかないのでイマイチ、
と評価していましたが、
今回は4時間足、1時間足の解説があり、この点は良かったと思います。

ただ、解説があったのは、トレンドの方向と、
ストキャスを使った買われすぎ/売られすぎの解説のみで、
個人的に最重要だと思っているレジスタンス、サポートラインの解説や、
ボリバンを使ったボラティリティの解説はなく、
若干、ものたりなさを感じました。

移動平均線とストキャスティクスの関係性についての解説があり、
ここは独自性の高い内容だと思います。

このようなトレード手法についての解説も多かったため、
実践動画というよりも、まだ基礎講座に近い内容だと思います。

トレード動画は別料金とする商材もある中で、
2万7千円で、毎週追加される動画を見れるというのは、
けっこう良心的な商材ではないかと思います。

毎週、今回のような動画がアップされれば、
数ヶ月後には、かなり内容の濃い商材になっていると思います。

スキャルピング専用インディケーター

講師と同じチャートに、簡単にできるツールです。

特に、独自に開発したインジがあるというわけではなく、
ネット上に落ちているマルチタイム移動平均線、ボリバン、
ストキャスティクス、MACDがセットされているだけです。

手法がわかれば、簡単に作れるので、存在価値はないと思いますが、
商材の内容の一部として販売ページに掲載されているので、
一応レビューしておきます。

まとめ

トレード手法をまとめると、移動平均線で方向を確認するとともに、
MAからの再下降、再上昇を狙い、エントリータイミングにも使います。

また、ストキャスティクスの売られすぎ買われすぎも根拠の1つで、
主に、上記2つを、複数時間足を使ってのトレードです。

ストキャスティクスを使うトレードについては、
インジケーターで勝てない理由
で書いている理由から、個人的にはイマイチだと思っています。

自分は、やっぱりオシレーター系インジは使わず、
波形による上昇/下降トレンド、レジスタンス/サポート等の各種ライン、
ボラティリティの拡大/縮小等を複数時間足で分析するトレードが好きで、
これが最強であると思っています。

ただ、これは、かなり個人的な主観が入っており、
検証もしないで、「インジは使っている人が少ないから使えない」
と言うつもりは、ありません。

ただ、裁量商材の場合、ロジックのように手法が明確化されていないので、
個人差が出てしまい、再現性の高い検証ができないのが悩みどころです。

さらに、この商材の場合、もし現時点でのコンテンツが全てであれば、
1時間半の動画で2万7千円というのは、ボリュームが少なすぎるので、
間違いなくイマイチ商材と評価するところですが、
そうではなく、毎週1本動画が追加されるのであれば話は別で、
その内容によっては、今後マエストロFXのような商材になる可能性もあります。

よって、トレード手法は、検証してみないとわからず、
商材の内容としても、実践トレード動画が追加された後でないとわからずで、
手法的にも、商材の構成的にも、現時点で、この商材を評価をする、
というのは難しいです。

よって数ヶ月先に、タイムリー実践トレード動画がある程度追加された段階で、
再レビューしようと思います。

ということで、買いなのか?の結論を出せていないので、
あまり参考にならなかったかもしれませんが、
とりあえず、どんな商材なのか?については、
問題ない範囲で公開しているので、参考にされてみてください。

ちなみに、当ブログからの購入特典は、ありません。

販売ページへ⇒鶴式FX スキャルピングプラス