FX彪ストロングトレード 検証

どんな商材?

スイングトレードに特化した、裁量教材です。

動画&PDFのコンテンツになります。

さらに、トレードロジックも用意されているため、
ある程度、機械的にトレードができます。

動画はサイト上にあるため、視聴にはネット環境が必要です。
PDFも、ここにおいてあります。

FX彪ストロングトレード

内容

動画&PDFは、下記内容の構成となっています。

①自己紹介・・・17分
②なぜFXを勧めるのか・・・28分
③稼ぐ為の知識・・・32分
④トレードのスタイル・・・26分
⑤投資鉄則9カ条・・・29分
⑥トレードストラテジー・・・28分
⑦マネーマネジメント・・・30分
⑧ファンダメンタルズ・・・54分
⑨トレード手法・・・35分
⑩様々なテクニカル指標・・・31分
⑪トレードのおさらい・・・27分

動画は全部で5.6時間で、けっこうボリュームがあります。
また、PDFもあるので復習もしやすいです。

FX彪ストロングトレード

タイトルだけ見てもわかると思いますが、王道の裁量教材です。
なので、対象は初心者の方のみになると思います。

一応後半は、独自の手法が解説されていますが、
そう大した物でもないので、
中級者以上の方が、これ目当てに購入すると、
かなり ものたりなく感じると思います。

トレード手法について

この教材のメインとなるところですが、
まず、トレードロジックとしては、かなりシンプルです。

使うインジケーターは、移動平均線とパラボリックSARです。

ロジックとしては、トレンドには強く、レンジには弱いという、
トレンドフォロー型にありがちなパターンになりそうです。

ただ、複数の移動平均線がパーフェクトオーダー時にしか
エントリーしないため、レンジでの負けは少ないと思います。

ただ、この制約により、トレンドの頭はとれない
&エントリー数は、かなり少なくなります。

負けるパターンとしては、中途半端にトレンドが出て、
エントリー条件が揃ってエントリーしたものの、
そこからなかなかトレンドが出ない、というパターンになると思います。

このあたりは、鉄板マスタートレンドにかなり似ています。

あと、エントリーチャンスについては、
1通貨ペア(ポンドドル)で2012年1月~8月間で27回でした。
およそ月に3回前後のエントリーと、エントリー数は少なめです。

2012年1月~8月検証結果

FX彪ストロングトレード
ポンド円の2012年1~8月までの全トレード履歴を追ってみます。

本来、チャートに移動平均線とパラボリックSARを表示させて
エントリー/決済を判断しますが、ここでロジックの暴露はできないため、
上記テクニカルは消した状態でキャプチャしています。

エントリー/決済タイミングは、「条件が確定後、次の足の始値」
としていますので、後追いでも確実に検証できています。

チャートはポンド円の4時間足です。↓クリックで拡大

①119.381206にて売り、118.781279にて決済し、+59.9pips
②118.203571にて売り、117.714741にて決済し、+48.8pips
③121.15877にて買い、121.47725にて決済し、+31.8pips
④121.092111にて買い、121.988299にて決済し、+89.6pips


⑤122.765754にて買い、122.314198にて決済し、-45.1pips
⑥122.978251にて買い、125.900084にて決済し、+292.1pips
⑦126.643824にて買い、127.60006にて決済し、+95.6pips
⑧128.118022にて買い、129.153945にて決済し、+103.5
⑨129.167226にて買い、128.84848にて決済し、-31.8pips


⑩129.772473にて買い、130.418866にて決済し、+64.4pips
⑪131.686791にて買い、132.324897にて決済し、+63.8pips
⑫130.833221にて売り、130.534885にて決済し、+29.8pips
⑬129.399554にて売り、130.079095にて決済し、-67.9pips
⑭128.081906にて売り、128.487973にて決済し、-40.6pips


⑮131.343112にて買い、130.625718にて決済し、-71.7pips
⑯129.041472にて売り、129.440024にて決済し、-39.8pips
⑰128.373896にて売り、125.663739にて決済し、+271pips
⑱124.507937にて売り、124.916454にて決済し、-40.8pips


⑲124.310881にて売り、120.256261にて決済し、+405.4pips
⑳124.039903にて買い、123.307262にて決済し、-73.2pips
21、124.892979にて買い、124.882943にて決済し、-1pips


22、123.23725にて売り、123.721689にて決済し、-48.4pips
23、123.322027にて売り、123.558191にて決済し、-23.6pips
24、122.770977にて売り、123.261472にて決済し、-49pips
25、121.680989にて売り、121.602268にて決済し、+7.8pips


26、123.046043にて買い、122.09386にて決済し、-95.2pips
27、123.509928にて買い、124.529252にて決済し、+101.9pips
28、125.218975にて買い、124.858854にて決済し、-36pips

累計+1004.6pips

全27トレード 14勝13負 勝率51.8%

トレンドで勝ち、レンジで負ける手法なので、
日足で、検証区間のトレンド、レンジ状況を見てみます。

↓チャートはポンドドルの日足です

前半は上昇トレンド、中盤は下降トレンド、終盤はレンジとなっており、
上昇、下降トレンドでは、けっこう勝ってますが、
後半のレンジでは負けが多くなっています。

検証区間を、それ以前のチャートと比較すると、
ほどよく、トレンドとレンジが織り交ざっていたので、
今後、このパフォーマンスを出せる可能性はあります。

評価

まったく普通の王道裁量教材で、可もなく不可もなくという感じです。

後半の手法の部分は、ネット上に落ちているレベルなので、
これに数万円出すのは、もったいないです。

あくまでも、前半の初心者向けのコンテンツを、
有効活用できる方のみが対象です。
評価

教材名:FX彪ストロングトレード
URL:http://strong-trade.xsrv.jp/top/

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ