FT2を使うにあたっての注意点

いまスカイプサポートをしている人には、
FT2の購入を、かなり推していて、
実践者も、けっこう増えてきました。

リアルタイムチャートでアウトプットしている人も多いですが、
リアルチャートなんて、一番小さい足の5分足だと、
1日でローソク足288本しか形成されません。

これだと、十分なアウトプット量をこなすまでに、
何年かかるんだ?って感じなので、
裁量を一通り勉強したら、リアルに移るのではなく、
FT2を買って、過去チャートを回しまくってください。

で、サポートしていて、イマイチな使い方をしている人がいるので、
このあたりをシェアしておきます。

テキトーにどんどん進めない

この失敗パターンが一番多い気がします。

一応、日足、4時間足、1時間足、15分足を見て進めているけど、
エントリーの根拠をしっかり考えずに、
「勝ったー 負けたー 勝ったー 負けたー 負けたー」
みたいな感じで、テキトーに進めてしまうことです。

これだとギャンブルトレードと同じなので、
やっている意味は、ほとんどありません。

FT2を2年分回しました!って人がいて、
どれくらいの時間がかかったか聞いてみると、
1週間くらいで、やっちゃっているわけですよ。

エントリーの根拠をしっかりと考えながらやると、
どんなに早くても、1年分回すのに1ヶ月くらいはかかると思います。

また、これをやってしまうことの弊害として、
「日足の波形を覚えてしまう」ということがあります。

波形を覚えてしまっては、「確か、この後反転上昇していたよな?」
みたいな感じで先入観となってしまい、
正しくアウトプットすることができなくなります。

FT2の過去データは、十数年分程度しかありません。

これって、日足の波形で見ると、けっこう少ないですよ。

まぁ、覚えちゃったら、他の通貨ペアでやればいいかもですが、
やっぱりユーロドルが、一番きれいなので、
これでアウトプットした方がいいと思います。

よって、テキトーに、どんどん進めるのではなく、
リアルトレードのように、根拠をしっかりと考えながら、
ローソク足1本1本、慎重に進めた方がいいです。

キャプチャをとってメモる

FT2をやる目的は、教材の内容をアウトプットし、
本当に、商材の内容をマスターできてるか?の確認です。

具体的には、正しいトレードを再現できるようにし、
失敗トレードを繰り返さないようになることです。

FT2の売買履歴を見るとわかると思いますが、
例えば1週間前の売買履歴を見て、
その時、どのような根拠でエントリー/決済をしたのか?を覚えていますか?

今は覚えていたとしても、来月には忘れているかもしれません。

これをなくすために、成功トレードと失敗トレードは、
全てキャプチャをとって、メモっておいた方がいいです。

こんな感じで↓クリックで拡大

学校のテスト勉強をする時って、問題集を解いて、
その後、それを何度も何度も反復練習していましたよね?

トレードも同じで、とったキャプチャを何度も何度も反復練習することです。

勝ちトレード=正しい、ではない

ありがちな失敗パターンとして、
勝ちトレード=正しい、負けトレード=間違い、
と認識してしまうことです。

勝ったとしても、根拠がイマイチなら、ラッキーウィンです。

ただ運よく勝っただけなので、再現性はないため、
それで次回も勝てるか?は運しだいです。

よって、これを繰り返しても、
いつまでたっても安定して勝てるようにはなりません。

では、どれが正しいトレードで、どれが間違いトレードなのか?

問題集のように、明確な回答がないところが、トレードの難しいとことです。

ここは自分で判断できるようにならないといけないので、
まず、正しい基礎知識をマスターし、
その後、講師のトレード実践例を何度も見て、
ある程度は、自分で正しいトレード、失敗トレード、
の判断ができるようになってから、FT2をやるべきです。

あとは、トレードを添削してくれる人脈があれば、
その人に見てもらうのが、一番確実で、てっとりばやいです。

自分のスカイプサポートでも、ある程度は添削していますが、
基本的にサポートは教材の内容対してのサポートなので、
一日に何十回もは添削できません。

週に数回程度なら大丈夫ですので、
サポート期間中の人は、依頼されてください。

FT2で安定して勝っても、リアルで勝てるとは限らない

「FT2で、数ヶ月安定して勝つ」ということは、
リアルトレードに進むにあたっての必要最低限の課題をクリアしただけであり、
FT2で安定して勝てたからといって、リアルで勝てるとは限りません。

よって、最初は小ロットからトレードした方がいいです。

では、なぜFT2で勝てて、リアルで勝てないのか?

個人的に、大きく2つの原因があると思っています。

①メンタル崩壊

FXで勝率100%は、ありえません。
どんなに高くても7~8割ではないでしょうか?

となると、確率的に2連敗、3連敗は、ありえます。

2連敗、3連敗すると、メンタル崩壊し、暴走トレードを行い、
負のスパイラルに陥って、資金をなくす人がいます。

解決法ですが、一番簡単なのが、2連敗、3連敗しても、
メンタル崩壊しない金額で、トレードすることです。

あと、「FT2で安定して勝った期間が短い」
ということも、ありがちです。

FXのメンタル系商材って、けっこうありますが、
メンタルは、教材で学ぶこのではなく、
トレードの経験値によって、鍛えられるものだと思っています。

どれだけ多くの勝ちトレードを経験しているか?です。

FT2を膨大な時間をかけてやりこみ、
根拠のある勝ちトレードを、何百回、何千回とを経験していれば、
リアルで、たかが3連敗したところで、どうってことありません。

リアルで数連敗してメンタル崩壊してしまう人は、
確かにFT2で、ある程度の期間安定して勝てるけど、
その経験値が少ない場合に、ありがちです。

②待てない

FT2だと、1回のエントリーチャンスを逃したとしても、
リアルの何十倍の速さでローソク足が進むので、
また、すぐにエントリーチャンスが来ます。

しかし、リアルの場合、FT2のように、早送りができません。

よって、エントリーチャンスを逃してしまうと、
もしかしたら、数時間はエントリーできないかもしれない、
つまり、エントリーチャンスを逃したくない、という心理が働くため、
FT2でやっていた時よりも早めにエントリーしがちになります。

よって、FT2でやっていたトレードの再現ができないため、
FT2で安定して勝てても、それを再現することができなくなります。

リアルは、FT2と違い、
自分の都合で、チャートを進めることは、できません。

チャートに、自分のトレードを合わせる必要があるため、
FT2にはない、「待つ」という動作が必要になってきます。

4 Responses to “FT2を使うにあたっての注意点”

  1. 鳥塚 says:

    素晴らしいです
     素晴らし過ぎです!

    「何故 僕の事知ってるの? 霊能力者ですか?」

    と叫びたくなります

  2. 管理人 says:

    鳥塚さん

    自分も最初は同じでしたし、あとサポートしていても、みんなやることはだいたい同じなんですよ^^;

  3. 理恵 says:

    初めまして。
    マエストロFXを購入済みの者ですが、偶然こちらのサイトを見つけまして拝見しております。

    FT2にも興味があり、購入しようと考えております。
    一つアドバイスをいただけないでしょうか。

    マエストロFXにはいくつかのパターン(押し目買い・戻り売り、ブレイク、レンジ内等)があると思いますが、

    動画で勉強した後、FT2で練習する時はその全てのパターンでエントリーを狙った方が良いでしょうか。
    それとも、まずはどれかに特化するという方法が良いでしょうか。

    特化するのであれば、

    ①基礎講座99の「ウォーリーを探せ」のように、執行時間軸で戻しが入っての
    ②執行時間軸でエクスパンション発生確認後、小さい時間軸で戻しが入っての

    直前高値ブレイクが、習得の取っ掛りとしては良い(エントリー条件が明確)と考えますが、どのように思われますか?

    もちろん、チャートの背景を見るという前提でのお話ですが・・・。

  4. 管理人 says:

    理恵さん

    どれが正しいか?は正解はないとは思いますが、自分の場合、作業効率の面で、1つのパターンに特化せず、レンジ逆張りなり、トレンド相場での高値買い、安値買いなり、その相場に応じた手法で検証していました。

    その相場に合わせた手法の選択ができないのであれば、作業効率は落ちてでも、おっしゃられている方法で、どれかのパターンに特化して検証されてもいいと思います。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ