過去のチャートを、リアルタイムチャートのように進めながら、
トレードの練習、検証を行うためのツールです。

メタトレーダーのストラテジーテスターでも、似たことはできますが、
この場合、1つの時間足でしか進めることができません。

それが、Forex Tester2を使うと、
複数時間足を同時進行で進めることができます。

動作風景↓

アウトプットはとても大事

何についてでも、そうだと思いますが、
何かを習得しようと思えば、
まずは、勉強、つまりインプットし、
同じ量をアウトプットすることで、
やっと、インプットした内容を使いこなすことができます。

例えば、数学の勉強をするにしても、
先生の授業を受けて、教科書を勉強し(インプット)、
その後、膨大な量の練習問題を解くことで(アウトプット)、
やっと、テストで問題が解けます。

授業を受けて、教科書を勉強しただけで、
いきなりテストをされても、問題は解けないと思います。

インプットしたから問題を解けるようになる、というわけではなく、
インプットして、それを使って、問題を解く練習をして、
やっと、本番で問題を解くことができます。

トレードにおいても、全く同じことです。

サポートで、トレード添削をやっていても、
教科書に載っている内容で解説できることがほとんどです。

ただ、使えていないだけです。

だって、使う練習をしていないから。

それなのに、勝てないと、この教材はだめなんだ、
と思って、また新しい商材を購入し、
ノウハウコレクター化する人が多いです。

裁量商材なんて、まっとうなやつなら、内容は8割同じです。

レジスタンスライン、サポートライン、トレンドライン、チャネルライン、
移動平均線、ボリンジャーバンド、ダウ理論、

必要なのは、この程度です。

勝っているトレーダーは、特殊な手法を使っているわけではありません。
みんな王道の裁量トレードです。

なので、1つ核となる商材があれば、他に商材は不要で、
新しい商材を買うお金があれば、Forex Tester2を買うべきです。

勝てないから次の商材を、次の商材を、ってやってると、
販売者、アフィリエイターのカモになるだけです。

アウトプット不足の人が多い

実際、Forex Tester2を持っている人が、どれくらいいるでしょうか?

かなり少ないと思います。

インプットは、商材で。
アウトプットは、リアルタイムチャートで。
ってやっている人がほとんどです。

リアルタイムチャートなんて、一番小さい足の5分足だと、
1日でローソク足288本しか形成されません。

波形にすると30~40波程度でしょう。

となると、根拠が明確なトレードは、1日数回程度です。
多くても5回とかだと思います。

ただ、これは丸1日チャートを見続けられる場合であり、
実際は、1日でチャートを見れる時間は、数時間の人が多いと思います。

となると、1日のうちで、根拠が明確なトレードは、
1回あるか、ないか、くらいになると思います。

これじゃ少なすぎます。

ということは、
Forex Tester2を持っていない=アウトプット不足
といっても過言ではないと思います。

Forex Tester2があれば、1日分は1時間で回せます。

単純に、時間効率は24倍になります。

でも、まずはインプットを完璧にしてから

トレードで一番やっかいなのが、
何が正解で、何が不正解か?がわからない点です。

例えば、数学の場合、正解と不正解の違いは明確です。

よって、間違ったら修正する、という作業が容易です。
回答、解説も、ちゃんと載っていますしね。

でも、トレードの場合、正解、不正解はわかりません。

勝ったとしても、根拠のないラッキーウィンでは意味がないし、
負けたとしても、根拠が明確であれば、成功トレードかもしれません。

トレードには正解がないため、
アウトプットしても、間違いを修正する作業が困難です。

よって、「インプット」を、ほぼ完璧にこなし、
自分で、ある程度は、正解、不正解が判断できるようになってから、
アウトプットに進む必要があります。

トレード手法が確立していない段階からアウトプットに進んでしまうと、
アウトプットの時間は、ほぼ無駄に終わります。

ただ、「正解」を教えてくれる、間違いを訂正してくれる人脈があれば、
インプットは完璧じゃない段階から、アウトプットしながら、
間違いながら覚えていった方が、習得は早いです。

ちなみに、自分のスカイプサポートでは、
基本的には商材についてのサポートになりますが、
ある程度なら、トレード添削も大丈夫です。

常識の範囲内でお願いします。

Forex Tester2を使っての勉強方法

ある程度、正解、不正解がわかるようになれば、
後は数をこなすだけです。

アウトプットしたら、画面キャプチャを取って書き込み、
反復練習に使ってもいいと思います。

こんな感じで↓クリックで拡大

通貨ペアは、一番テクニカル通りに動くユーロドルでいいと思います。

数年分回して、ある程度勝率の高いトレードができるようになれば、
リアルに移っていいと思います。

リアルに移っても、気づいた点は、キャプチャを取って、
メモしておく癖はつけた方がいいです。

自分は、今でもやってます。