「トレード全般」の記事一覧

インジケーターで勝てない理由

FXは、売りより買いが多ければ、レートは上がるし、買いより売りが多ければ、レートは下がるため、大多数が使う手法ほど最強となります。インジケーターを使った少数派の手法は、みんなが買いを入れるところで自分も買いをいれることができないため、不利な手法と言えます。

ポジポジ病の克服法

ポジポジ病では、まず安定して勝てません。克服法としては、「ポジポジ病では勝てない」ということを頭に叩き込み、それを絶対やらない、という確固たる決意を持つことだと思います。

複数時間足を使うと、わけがわからなくなる

複数時間足を使ったトレードというと、よく質問があるのが、「日足は下で、4時間足は上で、1時間足は下みたいな時に、売っていいのか、買っていいのか、わけがわからなくなる」という質問です。この場合のトレード戦略について、解説します。

単一時間足のライントレードは、ある程度機械的に実践可能

個人的には、単一時間足のライントレードについては、ある程度機械的に実践できると思っていて、これだけを習得するために商材を買うのは、ちょっともったいないかなぁと思います。ということで、ドル円の4時間足で、単一時間足のライントレードを機械的にやる方法を解説します。

FXは おいしいポイントのみ つまみ食いしないと勝てない その後

前回の記事で、今はトレードすべきでない相場である、ということを書いていましたが、では、どこからトレードできる相場になったのか?を書いておきます。

FXは おいしいポイントのみ つまみ食いしないと勝てない

やはりFXは、どれだけトレードを厳選できるか?待ちに待って、勝率の高いポイントのみトレードできるか?が大事です。いつでも、どこでもトレードして勝てるほど、FXはおいしくありません。

描く波の大きさについて

サポートメンバーから、「描く波の大きさ」について、質問があったので、こっちでもシェアしておきます。まず、結論から言うと、関野さんの波の描く際に考えている事と、自分が考えていることは、若干異なっています。で、どっちが正解、とかは、ないです。なので、ここでは、自分が、「そう考えている根拠」を書いておくので、自分に合う方法をとっていただければと思います。

波の描き方

難しいのは、各時間足を統合して判断すること

難しいのは、各時間足を統合して判断すること

ブレイクでエントリーしない理由

ブレイクでエントリーしない理由

モニタは大きいものを買おう

モニタは大きいものを買おう

勝つためには「圧倒的な作業量」が必須

勝つためには「圧倒的な作業量」が必須

ドル円の今後の予想は?

動意の強さによって、エントリータイミングは異なる

動意の強さによって、エントリータイミングは異なる

トレードはいつやるか?今でしょっ!

トレードはいつやるか?今でしょっ!

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ