バイナリッチ レビュー

バイナリーオプション用のツールで、
証券会社は、GMOクリック証券を使います。

よくありがちな、メタトレーダーにインストールして使うものではなく、
バイナリッチは、それ単体でシステム起動します。



通貨ペアは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルで、
1~30分後のレートが、円高方向なのか円安方向なのかを
針を使って、確率的に表示します。

例えば、針が左側(青いゾーン)に振れれば円高と予想し、
左側に振れれば振れるほど、高確率で円高になる、
と予想していることになります。

勝ち負け以前に、使える?

1~30分後のレートが、円高方向なのか円安方向なのかを
確率的に予想するものです。

これを、実際に使おうと思って考えてみてください。

はたして、これでトレードができるでしょうか?

自分はできないと思います。

だって、1~30分後の予想をするわけです。

例えば、売りと予想した場合、
そりゃ、30分もあれば、売り方向に進むことはあるでしょう。
買い方向に進むこともあると思います。

1~30分後というのが、範囲が広すぎます。

バイナリーオプションは、満期時のレートを予測しなければなりません。

もしこれが、10分後のレートを予測するもの
とかだったら、まだ使えると思います。

しかし、1~30分後となると、検証することすら、できません。

バイナリーオプション自体、やるべきではない

これは前回トリガーバイナリーをレビューした時にも書きましたが、
FXがあるのに、なぜ、あえてバイナリーをやるのか?が理解できません。

バイナリーオプションは、FXに比べると難しすぎます。

FXなら、単に上か下かを予想するだけでいいです。

でもバイナリーオプションは、それに時間の概念も加わります。

何分後に上か下かを当てなければならない。

FXより、格段に難しくなると思います。

例えば、2012年11月2日のトレード。

チャートはポンドドルの30分足です↓クリックで拡大

ネックライン割れを狙ったものですが、これを5分足に拡大してみます↓

5分足で見てみると、売りエントリー後も20分前後もみあっています。

もし、これをバイナリーオプションでエントリーしていれば、
方向は当たってたのに、負けています。

FXなら簡単です。

ネックラインより少し上にストップを置いて、あとは放置です。

どれだけもみあおうが、方向は下だと予想しているので、
ネックラインを上抜けない限り、決済はしません。

時間の概念は、考える必要がないのです。

FXというものがありながら、バイナリーオプションをやっている時点で、
負け組みだと思います。

商材名:バイナリッチ
URL:http://kurasawa-souken.com/sl/binarich/it/

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ